HOME > ブログ > メトロマニラ地下鉄プロジェクトが復活?

イベント情報など、このブログに掲載をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

メトロマニラ地下鉄プロジェクトが復活?

スポンサードリンク:

2017年02月15日更新

最近復活したメトロマニラ地下鉄プロジェクトに、新たな支援者が加わりました。

日本の東京メトロの需要創出・マーケティング担当マネージャーである上村篤氏は、フィリピンは、もう当然マカティ、パサイ、タグイグの都市をつなぐ3,737億ペソの地下鉄プロジェクトを推進していい時期であると、ソーシャル・ニュース・ウェブサイトに掲載された記事で述べています。

 

(写真)問題は解決したはずだった?LRT5号線の地図 出典:Rappler

 

しかし村上氏は、地下鉄の計画を進める前に、MRT3をまず改善しなければならないと強調しました。彼は列車間の間隔は約2分でなければならないと主張し、MRTは "あまりにも暗すぎる"と言って、特にラッシュアワー時の安全問題を挙げました。

 

東京メトロは、まだこの国のインフラ関連のプロジェクトに参加していませんが、日本国際協力機構(JICA)は以前、同じ地下鉄システムの建設に資金を提供することに熱心であると述べています。JICAは、マニラで人々が1日に負担する交通に起因する社会的な費用は総額24億ペソに上る、と2014年のレポートで述べている企業です。

 

LRT 5号線と呼ばれるマカティ・パサイ・タガイグをつなぐマス・トランジット・システム・ループは、メトロマニラの主要なビジネス地区の3つを結ぶ地下鉄12キロを予定。

 

それはボニファシオ・グローバル・シティの発展に伴い、オーバーヘッド・ステーションのための道のり以上に大規模なコスト問題と疑問があるため、アキノ政権によって棚上げされたものです。 DOTRのノエル・キンタナー国防次官によると、同プロジェクトはその後ドゥテルテ政権によって一定の条件で復活しました。

 

 

参照:Rappler, Philippine Daily Inquirer, The Philippine Star


ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel