ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > マカティの日本食レストランなどに突然の退去命令

マカティの日本食レストランなどに突然の退去命令
2017年08月17日更新
広告
広告

マカティ地方裁判所は、8月14日、政府所有の不動産に対する賃貸料など5億ペソ以上が未払いとして、マカティの不動産開発会社サンバーに対して未払い金の支払いと、同社が所有しているビルに入る全賃貸者に対して3日以内の立ち退きを命じました。

マカティ地方裁判所がサンバーに退去を命じたのは、サンバーが所有するマカティにあるサンバープラザやクリークサイドなどのビルで、日系のテナントも多く入っています。

 

(写真)現状は営業しているレストランも

 

サンバーは、政府の見解と異なると声明を発表し、法的手段を継続する可能性を示唆しています。

一方で、過去にさかのぼると、サンバーが所有するビルの一つ、マイルロングは、1982年2月28日に政府と賃貸借契約を結んでいますが、契約は2002年12月31日に切れているとのこと。今回の問題に関わる弁護士は、2003年から、政府からの注意喚起があったにも関わらず、サンバーはマイルロングを不法占有していたと話しています。また、2009年にフィリピン政府は、サンバー不動産に対して不法占拠に対しても告訴しているとのことです。

 

 

(写真)引っ越し作業を進めるテナント

 

サンバープラザ内の日本食レストランは既に退去済み、サロンは、来週前半に撤去をする予定との事。

クリークサイド内の日本食料理店のスタッフによると、退去命令の書類には、15日~17日以内に退去するよう書かれていますが、その書類を16日に受け取りその日に退去を知ったそうです。しかしながら、突然のことなので、クリークサイドの管理事務所を通して政府側に退去の延長を抗議しているそうです。

 

また、マイルロング内の日本食料理店のオーナーによると、同店は書類通り、本日が最終営業日となりますとのことで、本日中に抗議に対する政府側からの返信(承認のサイン) がなければ、今晩荷物をまとめるとの事。現状として退去準備はまだ始めておらず、政府の回答を待っているようです。

突然の出来事に皆さん戸惑いを隠せない様子でした。

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2017年08月17日

リサール州にある、壮大なマスンギ渓谷保護区。 広々としたカルスト地形を楽しもうと、多くの人がやって来ます。 新しい夜のトレイルコースDiscovery Trail at Nightも加わり、一度は訪れたい場所。

2017年08月17日

BGCのハイストリートにある丸亀製麺がオープンを記念し、8月16日(水)に グランドオープニングイベントを開催しました。

2017年08月16日

主にフィリピンで働く日本人や主婦、リタイアメントの方に向けて毎月開催されている、BDO主催のランチセミナーが開催されました。このセミナーでは、日常をより豊かにするために役立つ、お金にまつわる情報を無料で学ぶことができます。
今回のテーマは、「ライフスタイル別、オンラインバンキング活用法」でした。

2017年08月15日

フィリピンの陸上輸送営業許可規制委員会(LTFRB)は、8月14日(月)に米配車サービス大手のウーバーに1ヶ月の営業停止を命じました。
そして本日の朝6時から実行され、多くの人が出勤前にウーバーのアプリを起動すると“Uber No Longer Available”という見たことのない画面を目にしたのではないでしょうか?

2017年08月15日

メトロマニラから車で30~45分で行ける、モンテンルパ市アラバンのウエストゲート。ここは、美味しい食の体験が出来る場所でもあります。落ち着いた高級住宅街として知られている、マニラ南部のアラバン。あなたもぜひ行ってみませんか?

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel