ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > マニラの交通事情 BGCとオルティガスを12分で結ぶプロジェクトが着工!

マニラの交通事情 BGCとオルティガスを12分で結ぶプロジェクトが着工!
2017年07月24日更新
広告
広告

7月19日、公共事業・高速道路省の職員らは、パッシグ・シティとBGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)の交通渋滞を減らすプロジェクトを発表しました。将来的には、事業規模16億ペソのプロジェクトにより両中心地を結ぶ予定です。オルティガス、マカティ、マンダルヨンの商業地区へのアクセスを簡単にするこの「センターリンク」は、2020年3月の完成を予定しており、オルティガスからBGC通勤にかかる時間がたったの約12分ですむようになります。


 

(写真)公共事業・高速道路省の職員


 


公共事業・高速道路大臣のMark Villar氏のほかに、タギグ市長Maria Laarni Cayetano氏、基地転換開発公社の社長兼CEO Vivencio Dizon氏、メトロポリタンマニラ開発局長Danilo Lim氏、運輸通信大臣のArthur Tugade氏が、タッギグ・シティでの起工式に出席しました。


 

(写真)運輸通信省のフェイスブックページに掲載された写真


 


このセンターリンクプロジェクトには、パッシグ川を渡ってマカティのLawton通りとパッシグのSta. Monica通りをつなぐ4車線道路の建設が含まれています。


 

 


また政府は2017年から22年にかけて行う「インフラの黄金時代」と称する計画の中で、他のインフラプロジェクトの発足も表明しています。BGCとオルティガスのセンターリンクプロジェクトのほかに、パッシグーマリキナ川とマンガハン放水路を渡す橋も新しく12本建設されます。このプロジェクトは公共事業・高速道路省のSadain事務次官とCastilloプロジェクト監督が率いる統括プロジェクト管理事務所の下で、建設会社のPersan Construction Inc.とSino Road and Bridge Company Limited Inc.の協力で実行されます。


 


参照: Concept News CentralDepartment of Transportation – DOTr Philippines

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2017年07月24日

うなぎを食べることが習慣となっている『土用の丑の日』は7月25日(火)と8月6日(日)!うなぎと言えば、マカティのうな吉!

2017年07月24日

BGCにお店を構える日本で創業50年になる「とんかつの武蔵グループ」和食レストランむさし亭が、「プライマーを見た」でヒレかつ1つ無料のプロモを実施中!

2017年07月24日

フィリピンで最大級の食の展示会、ワールド・フード・エキスポ2017が8月2日から5日まで、パサイ市にある、SMX コンベンション・センターと、ワールド・トレード・センターで行われます。
貿易イベント会社PEPTarsus Corp主催の今年は、様々な催し物が予定されています。

2017年07月22日

ケソン市にある英語学校「English Breakthrough イングリッシュ・ブレークスルー」。フィリピンに在留する日本人向けに1日留学プランを提供しています。英語の弱点を集中的に特訓することができます。平日は働いていてなかなか英語を学習する時間を確保できないという方にうってつけ!

2017年07月21日

7月19日、アプリを通じた配車を行う輸送ネットワーク車両サービス(TNCs)事業者GrabとUber、そして陸上輸送営業許可規制委員会(LTFRB)の間で、和解案が発表されました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel