ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 2017年ティース国際河川賞、マニラのパッシグ川が最終選考に!

イベント情報など、このブログに掲載をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

2017年ティース国際河川賞、マニラのパッシグ川が最終選考に!

スポンサードリンク:

2017年08月07日更新

メトロ・マニラを流れるパッシグ川が今年、名声高いティース国際河川賞にて最終選考まで進みました。この賞は、河川の再生、および保護を評価し贈られる国際賞です。


これは、パッシグ川河川改修事業(Pasig River Rehabilitation Commission (PRRC))が、8月1日火曜日に行われたパッシグ川演説の中で発表しました。


 

(写真)メトロ・マニラを流れるパッシグ川  出典:Patrickroque01 at English Wikipedia, CC BY-SA 3.0


 


31河川の応募があり決勝に残ったのは4河川。フィリピンは、唯一開発途上国として決勝に残り先進国と優勝を争います。優勝は、オーストラリアで行われる第20回国際河川シンポジウムにて発表されます。


フィリピン以外で最終選考に残ったのは、アメリカ、アラスカ州のクビチャック、ヌシャガク川、アメリカ、テキサス州のサン・アントニオ川、そしてイギリスのツイード川です。 


ティース国際河川賞の審査員長、ビル・デニソン氏は、国際河川賞サイトの中で次のようにコメントしました。 


「世界の中で、管理努力が素晴らしい川が最終選考に残りました。」


「スコットランドのツイード川の改修、アラスカの人里離れた荒野の中を流れるヌシャガク、クビチャック川の保存、都市を流れるフィリピンのパッシグ川、テキサス州のサン・アントニオ川の改修工事。これらの川にはそれぞれのエピソードがあるでしょう。しかし、それらには共通点があります。それは、“優秀な管理”です。」


優勝は、9月19日、オーストラリア、ブリスベンで行われる、第20回国際河川シンポジウム and 環境流量協議会(International Riversymposium and Environmental Flows Conference)で発表されます。


 


ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel