ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピンコンテンポラリーアート最大級の展示会Art Fair Philippines 2019の見どころ

フィリピンコンテンポラリーアート最大級の展示会Art Fair Philippines 2019の見どころ
2019年02月19日更新
広告
広告

フィリピン国内をはじめ、国際的なコンテンポラリーアートの粋を展示する最大級のアートフェア、Art Fair Philippinesが今年も大々的に開催されます。

 

今回で第7回を迎えるArt Fair Philippines。今年は、本イベントのために特別に発注されたプロジェクトの強力なラインナップとともに帰ってきます。

2月22日~24日の間、恒例の会場であるマカティのThe Link Carparkにて行われます。

 

先駆者的な作品から創造的な作品、革新的なインスタレーションにいたるまで、数多くがこのフェアで期待されます。フェアで展示される様々な作品に浸り、鑑賞を深めましょう。

 

 

■有名アーティストによるARTFAIRPH/PROJECTSのための作品

世界的に名を馳せたフィリピン人アーティストであるDavid Medalla。彼が初めて批評家から賞賛を浴びた参加型アート「A Stitch in Time」の新バージョンを展示します。キャンバスの巨大な帯に、観客自身が糸を縫って参加できる作品です。

 

 

世界的に名を馳せたフィリピン人アーティストのDavid Medallaさん

 

 

フィリピン文化センター(CCP)におけるかつての伝説のキュレーター、Ray Albanoの1974年に賞を獲得したインスタレーション「Step on the Sand and Make Footprints」も登場。フィリピンにおけるコンセプチュアルアートの試みに今なお影響を与える作品です。

 

Mauro Malang Santosの版画やドローイングもこのセクションで特集されます。この展覧会のために、彼の家族のプライベートコレクションの中から女性を描いた作品群を、Malangの息子と、熟練のアーティストSoler Santosが選んでいます。

 

 

(写真)Mauro Malang Santosの女性を描いた作品群

 

コロンビア人の具象画家・彫刻家のFernando Boteroの作品も展示。人物や対象物を大きなプロポーションで描く「Boterismo」というスタイルで有名なアーティストです。

 

 

 

 

他のアーティストと作品は、Ryan Villamael(Behold a City)、Oca Villamiel(Cheap Medicine)、Ian Fabro (Inferno、Purgatorio、Paradiso)、Christina Quisumbing Ramilo(Forest for the Trees)、Olivia d’Aboville(Everything, Everywhere, Everyone), MM Yu (Subject/Object)、Liv Vinluan(The Disruption of Dance)。

 

 

 

■52のギャラリーが国内、海外から参加

36のフィリピンにおける第一級のギャラリーに加えて、海外からも16のギャラリーが参加。日本、香港、シンガポール、ベトナム、台湾のギャラリーです。

 

 

 

参加するギャラリーは、1335MABINI、Affinity Art、Gallery Orange、J Studio、Kaida Contemporary、Kobayashi Gallery、La Lanta Fine Arts、 Paseo Art Gallery、PINTO ART GALLERY、Salcedo Auctions、Secret Fresh、Underground、Vin Gallery、Vinyl on Vinyl、West Gallery、Ysobel Art Galleryなど。

 

 

■新しいアーティストによる写真展示

昨年、本イベントの写真セクションは、写真をコンテンポラリーアートとして支援する先進的な試みを行いました。今年も引き続き、インスパイアを与える新しいコレクションを展示します。

 

■アーティストを囲んだ様々なトーク

3日間の中では、様々なトピックに関するトークやディスカッションが行われます。「Taxes 101: Taxes for artists and creatives(アーティストや作品に課せられる税金)」「The Value of Pictures(絵画の価値)」などがテーマです。参加アーティストの一部も加わるアート実践のコーナーもあります。

 

■10 Days of Art ―アートに触れる10日間

フェアを補完するのが「10 Days of Art initiative」。マカティのセントラルビジネスディストリクトの周辺で開催されるイベントの総称で、ギャラリーや美術館に加え、バーやレストラン、小売店などで開催されます。チケットをお持ちの方には特別プレゼントがあります。参加店舗とイベントスケジュール、その他最新情報は下記サイトをご覧ください。

https://www.10daysofart.com/

 

さらにNational Bookstoreの協力で、ニューヨークのメトロポリタン美術館の美術史家、Kathy Galitzを招いて、その深い見識を地元のアート愛好家たちに共有してもらうイベントも。彼女の著書、『Masterpiece Paintings at The Metropolitan Museum of Art(メトロポリタン美術館の傑作)』もフェアで手に入ります。メトロポリタン美術館のコレクションのうち、最も重要な作品や象徴的な絵画を紹介するものです。

 

チケットは下記公式ウェブサイトで事前に購入できます。

詳細情報はウェブサイトか、インスタグラム・Facebookのアカウントで発信されています。

https://artfairphilippines.com/

 

本イベントの共催はAyala Land、Bank of the Philippine Islands、Globe Platinum、Julius Baer、協賛はAC Automotive、Ayala Land Premier、Make It Makati、Don Papaの各企業です。オフィシャルホテルはFairmontと Raffles Makati、Holiday Inn and Suitesです。

 

<詳細情報>

イベント名称:Art Fair Philippines 2019

場所:The Link, Ayala Center, Makati City

開催日:2019年2月22日~24日

チケット:

レギュラーチケット350ペソ

※レギュラーチケットは2月22日~24日の間、会場4階の受付で購入可能。

※特別チケット(学生、障害者、高齢者)は会場のみで、有効なIDを提示して購入可能。

※10人以上の団体予約は事前に下記にメールで申し込んでください。(英語のみ)

[email protected]

 

Google Map

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Pochi
「自己紹介」   甘いもの大好き!
な編集部員です。
美味しい情報を求めて頑張ります♪

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2019年02月18日

BGCで唯一の日系サービスオフィスとして事業を展開しているファビットからfabbit Conference-アジア各国のトレンド―(2月20日)とBGC異業種交流会(2月27日)のご案内です。

2019年02月16日

フィリピン保健省は,フィリピン全土で麻疹が流行しており,今年に入り,少なくとも70名の死亡者を確認したと発表しました。

2019年02月16日

2月19日はサルセドのIkomaiではジャズのライブを聞きながら、美味しいお食事やお酒を楽しめるイベントHideout Live Jazz Sessionを開催しています。

2019年02月15日

日本の国際交流基金マニラがJapan Film Weekをこの2月・3月に開催されます。フィリピンのNational Arts Monthを祝して行われるものです。

2019年02月15日

グリーンベルトのスパニッシュレストランTapellaから、カップル向けバレンタイン・ディナーが登場。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel