ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > アジアインフラ投資銀行、2つのフィリピンインフラプロジェクトに共同出資

アジアインフラ投資銀行、2つのフィリピンインフラプロジェクトに共同出資
2016年12月22日更新
広告
広告

 

財務省によるとアジアインフラ投資銀行は、EDSA Bus Rapid Transit System(エドサのバス高速輸送システム)およびMetro Manila Flood Management(メトロ・マニラ洪水管理)プロジェクトに共同投資する予定です。

 

(写真)渋滞が慢性化しているエドサ。 出典: Rappler

 

財務省は、この2つのプロジェクトは政府の承認、および実現可能性調査に関して準備はすべて整っていると述べています。

 

アジアインフラ投資銀行行長のJin Liqun氏は、「このインフラプロジェクトを一刻も早く実行したいです。この度、本当に国のためになることを成し遂げられることを嬉しく思います」と述べました。

彼は、上院議会と銀行の契約条項の批准に関する見解がようやく一致した後、中国が先導する多国間金融業者によるフィリピンのインフラプロジェクトの資金援助がまとまりつつあることに対する意気込みを表明しました。

 

現在、マニラの洪水を管理するプロジェクトは、世界銀行によって支援されています。資金額は23.46億ペソで、このプロジェクトの共同資金提供者としてアジアインフラ投資銀行を選んだ同国財務部長のロベルト・タンによると、フィリピンの経済開発庁によるプロジェクトファイナンスが現在進行中とのことです。

 

エドサのバス高速輸送システムの資金の一部である37.36億ペソは、アジア開発銀行により支援されます。

 

 

出典:www.dof.gov.ph, www.gmanetwork.com

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2016年12月22日

対象地域に1000以上もの配車ネットワークがあり、バイク・エコノミーカー(セダン・ハッチバック・MPV・SUVなど)・L300系・トラック・バンなど様々な種類の自動車があります。

2016年12月22日

台風26号(国際名:ノックテン)がフィリピン・ビサヤ地方及びルソン島に上陸する可能性があるため注意喚起します。

2016年12月21日

ホリデーシーズンを前に、パラニャーケ市のエンターテイメントシティとパサイ市のNAIA第3ターミナルへ続くDiosdado Macapagal Boulevardロード、そしてスカイウェイを結ぶNAIAエクスプレスウェイの一部が開通しました。

2016年12月21日

マニラ首都圏においてもテロへの警戒レベルが上がっています。十分ご留意願います。

2016年12月21日

日本の厚生労働省(国立感染症研究所)が,「ジカウイルス感染症に関するQ&A」を更新しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel