ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > ICカードの”ビープカード”が、マニラーカヴィテ間の高速道路でも使用可能に!

ICカードの”ビープカード”が、マニラーカヴィテ間の高速道路でも使用可能に!
2016年08月15日更新
広告
広告

ドライバーのみなさん!

 

マニラの電車LRTやMRTで使われているICカード“ビープカード”が、マニラーカヴィテ高速道路(カヴィテックス)の通行料の支払いもに使えるようになりました!

8月8日に試験的に実施し、正式に導入されることとなりました。クラス1(普通車)のドライバーが対象です。

 

(写真)通勤には欠かせないビープカード

 

*ビープカードはICカードで、日本のスイカと同様です。

乗用車やバン、小型トラックなどのクラス1(普通車)はカヴィテックスを通行する際に、通行料支払いにこのビープカードが使えるようになりました。

AFPIの社長兼CEOを務めるペーター・マハー氏によると、

「ビープカードが使える範囲を広げ、電車通勤者だけでなく全てのドライバーにも使えるオールインワンのカードへ一歩近づいた」とのこと。

 

カヴィテックスの通行料は、メトロマニラのパラニャーケを出る際に24ペソ、カーウィットを出る際には64ペソです。

 

今まで通勤電車に使用していた方だけでなく、ドライバーのみなさんもビープカードを使ってスムーズな移動が可能に!

 

 

こちらもどうぞ:BGCバスの全路線でビープカードが使えるように!

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Kosaki
「自己紹介」   バスケットボールが大好き!
フィリピン人と本気で戦ってみたりします。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2016年08月15日

終戦の日の8月15日、毎年実施されているカリラヤ日本人戦没者慰霊祭が、ルソン島ラグナ州にあるカリラヤで行われました。開催場所の日本人戦没者慰霊園、通称“Japanese Memorial Garden”は、厚生労働省がフィリピン政府に寄贈した庭園。昭和48年3月28日に「比島戦没者乃碑」が建立され、厚生労働省がフィリピン電力公社に委託して、慰霊碑の掃除、敷地内の除草、周辺植栽の伐採、巡回などを行っているそうです。

2016年08月15日

フィリピンのクリエイティブなデザイン雑貨などを販売する“MaArteフェア”が、8月26日~29日の3日間、マカティの8ロックウェルにて開催!
美術館に展示されるレベルの、質の高い雑貨たちが多数出品。
ショッピングモールでは手に入らない、一風変わったフィリピンらしい雑貨に出会えます!

2016年08月14日

セブ島で「盆踊り Bon Odori」が8月12日、13日に開催されました。フィリピンで活躍中のハポンスリーさんが出演!そのハポンスリーさんからイベントのレポートが届きましたのでご紹介します。

2016年08月13日

本日8月13日、JTBフィリピンは、SMモール・オブ・アジア(以下MOA)の2階に新店舗となるSM MOA Travel Saloonをオープンのため開店式典を行いました。

2016年08月12日

フィリピンでは、何か購入したりタクシーに乗った時に「お釣りがない」といわれた経験はありませんか? 2016年「釣り銭不足禁止法」として知られる、フィリピン共和国法第10909号が施行されました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel