ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピン 投資委員会 6170億ペソを承認 日本からがトップ

フィリピン 投資委員会 6170億ペソを承認 日本からがトップ
2018年05月28日更新
広告
広告

フィリピンの2017年は外国投資に勢いがついた年でした。2016年から39.5%アップした6167億ペソが投資委員会に承認されました。

2016年から2017年の投資等の変化


プレスリリースの中で、貿易産業大臣で投資委員会委員長のRamon Lopez氏は、「ドゥテルテ大統領の掲げる経済政策のビジネスへの信頼を証明し、フィリピンの包括的な成長と共通の繁栄を確実にする」と語り、続く5年間もさらに大きな投資が維持されることを期待していると加えています。


貿易産業省次官で投資委員会管理代表のCeferino Rodolfo氏は、投資額の急上昇は「2017年の投資優先計画のもとで、インフラ整備・電力という重点部門に焦点を絞ったためであり、国内需要の急激な成長にもよるものだ」と表明しています。


現在も電力・エネルギー計画は計画の最優先で、インフラ整備、工業がそれに続きます。


「投資委員会のインセンティブは戦略的国内計画に向けられているが、多くの外国投資計画も投資委員会には登録されている」と付け加えています。

貿易産業省提供


2017年の外国投資案件は日本からのものが最も多く、グリーンシップリサイクル、化学、ガラス工業などへの投資額は88.64億ペソとなりました。第2位のシンガポール(34億ペソ)の2倍以上の投資額です。オーストラリア、イギリス領ヴァージン諸島、オランダが第5位までとなっています。


これらの投資の多くは、リージョン4A(カラバルソン地方)へのもので、この地区にいくつかの経済圏があるためです。貿易産業省の最新のデータでは、日本はすでに78.6億ペソを投資しており、これは2018年第1四半期に経済産業省と経済区庁が承認した外国投資の57.2%を占めています。

2017年第4四半期の外国投資


日本は2017年第4四半期の外国投資でももっとも投資額が多く、52億ペソが承認されています。

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 かなっぺ
「自己紹介」   ダーリンはフィリピン人。
フィリピンと旅行と犬が大好きです!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年05月25日

大阪発のチーズタルト専門店「パブロ」では、集めたスタンプの数に応じて、チーズタルトを無料で提供するプロモーションを実施中!期間は、8月15日までです。 

2018年05月24日

ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)のアラヤレジデンスにある和食レストラン「福田屋」ではこの夏、新メニューが登場しました。どれも新鮮な食材を使った贅沢な品ばかり。今回はそんな福田屋のお勧め新メニューをご紹介します。

2018年05月24日

もうすぐ父の日。美味しい和食が味わえる吉祥(Kitsho)でお父さんに日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。6月中、いつも頑張るお父さんに父の日プロモもあります!

2018年05月23日

急成長を遂げる街、ボニファシオ グローバル シティ(BGC)。BGC内での喫煙は長い間問題になっていましたが、BGC内、および、ボニファシオ ハイストリートの仮の指定喫煙所が最近発表されました。

2018年05月23日

マニラの人気歯医者さん Estetico Manilaでプロモを実施中!この機会にぜひ試してみて。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel