ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピン・カヴィテ・ゲートウェイ・ターミナル、11月運営開始へ

フィリピン・カヴィテ・ゲートウェイ・ターミナル、11月運営開始へ
2018年11月04日更新
広告
広告

フィリピン運輸省は予てからカヴィテ(Cavite)州のタンザに建設を行っていた国内初のはしけ輸送対応コンテナー港「カヴィテ・ゲートウェイ・ターミナル(以下、CGT)」の運営を11月5日から開始すると発表しました。

このCGTの建設はドゥテルテ政権の大型インフラ政策「ビルド・ビルド・ビルド」計画の一環によるもので、コンテナーの運営を行っている企業のインターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービスが個人的に出資し、昨年10月から工事を行っていました。


 



 


CGTのキャパシティは11万5千TEUで、陸送トラック14万台分に匹敵。運営が始まれば、RoRo船がマニラ国際港からカヴィテに出入りすることができ、運送効率がぐっとあがり、陸路の渋滞緩和にもつながります。


ルソン島の各港やカヴィテ市場にも近く、カビテ輸出加工区(CEPZ)からほんの11キロと主要施設にもアクセスが便利。フィリピン運輸省は近い将来、フェリーの運行も計画しているとのことです。


 



 


竣工式にはドゥテルテ大統領、Salvador Medialdea事務局長、運輸省長官のArthur Tugade氏、財務省長官Sonny Dominguez氏、予算管理省長官Ben Diokno氏、国家経済開発庁長官Ernesto Pernia氏、フィリピン基地転換開発公社社長Vince Dizon氏、地方自治体の職員が出席する予定です。

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年11月03日

フィリピンの免税小売システムで知られる、Duty Free Philippines Corporationが新店舗LUXE Duty Freeをオープンさせ、新しい形の免税店展開を始めた。

2018年11月02日

11月22日、長く待ち望まれたボホールの新ボホール国際空港(パングラオ国際空港)がいよいよ開港。これによってフィリピン運輸省は、この国の「世界へのグリーン(エコ)ゲートウェイ」を開くこととなるのです。

2018年10月31日

領事サービスの向上・改善のため、11月1日(木)から11月30日(金)までの間、アンケートを実施いたします。

2018年10月31日

真っ白な砂浜で有名なボラカイ島が戻ってきました。オープンに際しフィリピン政府は島をキレイに保つためのガイドラインを発表しました。これからボラカイ島へ出かける計画がある方は10月26日に施行されたガイドラインの確認を忘れずに。

2018年10月30日

皆さん、フィリピンにキリン一番搾りがあるのをご存知でしょうか?今回一番搾りが新しくなりましたので、新旧の違いをご紹介していきます。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel