ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > CNTが選ぶアジアのベストアイランドにフィリピンの3島が上位5位内にランクイン

CNTが選ぶアジアのベストアイランドにフィリピンの3島が上位5位内にランクイン
2018年10月22日更新
広告
広告

アメリカの大手旅行雑誌、コンデナスト・トラベラー(CNT)はアジアで最も魅力的な島を選ぶベストアイランドランキングを発表。上位5位以内にフィリピンにある3つの島が選ばれ、ランキングを独占するかたちとなり、フィリピンが人気の旅行先として注目され続けていることが証明されました。

CNTフェイスブックからの引用


 


この受賞に関してフィリピン観光省長官のBernadette Romulo-Puyat氏は「読者の投票によって選ばれるこの賞にフィリピンの各島が入賞したことを大変光栄に思います」と述べ、今年の冬の観光シーズンに向けての集客へ期待を寄せています。


選ばれた3島はシアルガオ島(Siargao)、パラワン島(Palawan)、ボラカイ島(Boracay)の3ヶ所。


シアルガオ島はフィリピンで有名なサーフィンの名所。今回初の1位を獲得。2位はランキング上位常連のボラカイ島。3位はユネスコ世界遺産のプエルト-プリンセサ地下河川国立公園があるパラワン島でした。


 



Discoversiargaoフェイスブックからの引用


 



パラワン島


 


CNTの編集者は「サーファー達の秘境の地であったシアルガオ島はここ2,3年の間で一般の方たちにも広まり読者の注目の場所となった結果」とランキングを分析。


現在、環境汚染問題で閉鎖されているボラカイ島は10月15日に一部閉鎖解除を行ったばかり。フィリピン観光省のRomulo-Puyat氏は観光客に責任ある行動をとって欲しいと呼びかけています。


 



ボラカイの白砂とビーチ


 


総計42万9千の読者が参加したこのランキング、フィリピン3島の他にはマレーシア、インドネシアなどの島々がランクインしています。

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年10月21日

今や世界各国に店舗を構える大手外食チェーンの吉野家の新店舗がRobinsons Galleria Ortigasにオープンしました。10月16日に行われた開店セレモニーにはミス・アースの各国の代表も出席し華々しい幕開けとなりました。

2018年10月20日

身体に疲れがたまっている時、大好きな食べ物を食べたりお酒を飲んだりしてストレスを解消する人もいれば、ただ家に帰って寝るだけという人もいるでしょう。でも一番疲れを取ってくれるのはコリを和らげ、心も楽にしてくれるマッサージ。

2018年10月19日

在フィリピン日本国大使館から領事サービスのお知らせが届いています。

2018年10月19日

フィリピンでも人気の日本のメガネブランド、パリミキがフィリピン2号店をオルティガスのThe Podiumにオープンします。パリミキの創業は1930年。長くに渡り営業を続けるメガネブランドの一つで、日本国内だけでなく海外でも人気店となっています。店舗数は日本国内に800店、海外に150店。フィリピンには初となる店舗を2016年にConrad Manila内にオープンしています。

2018年10月18日

フィリピンの熟練職人たち、また、様々な企業が参加するマニラFAME2018が2018年10月19日から21日までパサイ市World Trade Centerで、Department of Trade and Industries (DTI)とCenter of International Trade Expositions and Mission (CITEM)により共催される。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel