ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピン 環境天然自然省 ボラカイ島以外のビーチも取り締まり

フィリピン 環境天然自然省 ボラカイ島以外のビーチも取り締まり
2018年03月02日更新
広告
広告

先日、フィリピンの人気観光地でもあるボラカイ島の環境汚染に関して、ドゥテルテ大統領が警告してから、現在詳しい環境調査が行われています。島が閉鎖されるという発言もあり、島は緊急事態にあります。ボラカイのリゾートでは、すでに予約をした人達から、予約は現在でも有効かと問い合わせがあり、その一般的な回答は「有効」とのこと。




ボラカイ島と他の人気ビーチ(パングラオ島、コロン島、エルニド、プエルト・ガレラ)で何が起こっているのか、これまでの状況をまとめてみました。


合わせてこちらもお読みください!:フィリピンの人気観光地 ボラカイ島の環境汚染問題にドゥテルテ大統領が警告


 


これまでの状況

ボラカイ島は、旅行雑誌、コンデナスト・トラベラーにて、「世界で最高の島」と称されたことが何度かあります。しかし、ここ十年、環境問題が悩みになっていました。

先の2月9日、ドゥテルテ大統領は、環境天然資源省(Department of Environment and Natural Resources:DENR)と、その大臣、ロイ・シマツ(Roy CIMATU)氏に対し、ボラカイ島を6か月内に改善するようにと指導しました。


これを機に、一連の対策が始まり、島の回復につながることが期待されています。シマツ氏は、違反者を排除するためにDENRの職員チームを島に送りました。DENRはすでに、共和国法第 9275(Philippine Clean Water Act of 2004)を守らなかった51の施設に対し、閉鎖を命令。さらに、フィリピンの環境法に従っていない842の施設が見つかりました。


最近、内務・地方政府省(Department of Interior and Local Government:DILG)は、改善を速めるために、島の6か月間の災難宣言と、2か月間の営業停止を提案しました。 ただし、災害リスク軽減・管理法(共和国法第10121号)によると、災害宣言が出来るのは、大統領のみとなっています。アクラン州のマライ自治体は、ボラカイでの建築に対し、6か月間の一時停止を命じました。実施は2018年6月からです。無秩序なホテル、リゾートなどの建設が島の問題の一端となっているとしています。


他の島は?

次はアロナビーチ? ボラカイ島と比較されています


2016年10月撮影/PRIMER FILE PHOTO


 


環境問題の警鐘となったボラカイ島。環境天然資源省がビーチ施設の取り締まりに乗り出しています。ボホールのパングラオ島は、ボラカイ島の“後継者”としてみなされていて、DENRの目に留まりました。先週木曜日、2月22日、DENR第7地域では、ボラカイ島と同じ状況にならないようにと、独自の調査チームを作りました。

パラワン、特にコロン島(左)とエルニド(右)の施設が環境法に違反している可能性があると、調査されています


PRIMER FILE PHOTO/画像出典El Nido Boutique and Artcafe


パングラオ島以外では、DENR第4B地域(ミンドロ、マリンドゥケ、ロンブロン、パラワン)、パラワンの、コロン島、エルニドの環境違法者を調べるために、職員が動員されています。 プエルト・ガレラもまた、DENRの取り締まりのターゲットになっており、特別任務部隊が派遣されています。


特別任務部隊は、海岸施設を調査するために作られ、国の環境法に反した人があれば、追跡することになっています。


急速に発展しているリゾート地が多いフィリピンの美しい島々。


早めに解決策を見つけ、美しい自然が守られることを願います。

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 かなっぺ
「自己紹介」   ダーリンはフィリピン人。
フィリピンと旅行と犬が大好きです!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年03月01日

2月28日(水)マカティのフィリピン日本人商工会議所でJBICとフィリピン日本人商工会議所共催のセミナーが行われました。今回の海外投資アンケートの結果、フィリピンは「中期的(今後3年程度)有望事業展開先国・地域」において、8位にランクインしました。

2018年03月01日

2018年が始まってからもう2ヶ月!もう3月だなんて信じられない!なんて人も多いのでは?しかし、まだまだ1年の4分の1が過ぎただけ。夏はもうすぐだし、これからたくさん面白いことが待っているはず。今週末は、これから紹介するイベントに出かけてみてはいかがでしょうか?

2018年02月28日

2月27日(火)、ケソン市のアテネオ・デ・マニラ大学で村上春樹フェスティバルのオープニング・ナイトが行われました! ホールはアテネオ大学の学生や教授の方をはじめとした参加者で埋め尽くされ、みな村上春樹作品についての熱いトークと素晴らしい音楽を楽しみました。

2018年02月27日

BGCにある丸亀製麺のフィリピン第1店舗「Marugame Udon」。これまで行って新鮮なうどんを1杯(時には2杯!)楽しんできた人も多いはず。そんな私たちのお気に入りのうどん店Marugame Udonがグロリエッタ4に2店舗目をオープンしました!

2018年02月26日

BGCの大手開発会社、Fort Bonifacio Development Corporationが最近、新しいアプリを発表しました。 その名もBGC App。 急成長を続けるこの地区に、早く慣れるためのアプリです。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel