ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 2018年 フィリピン観光省おすすめスポット

2018年 フィリピン観光省おすすめスポット
2018年01月05日更新
広告
広告

海外からの観光客を増やすために、フィリピン観光省はさまざまな取り組みを行っています。2017年にフィリピンを訪れた観光客の数は、11.54%増加。


訪問者の国籍別にみると、ベスト1は韓国で130万人以上が訪れていました。中国、アメリカがそれに続いています。


本日は、2018年 フィリピン観光省が選ぶ、おすすめスポットをご紹介します!


 


バナウエの棚田


コルディリェーラ行政地域、イフガオ州

コルディリェーラの棚田群はユネスコの世界文化遺産にも登録されているんですよ


 


2000年の歴史のある棚田は、コルディリェーラ地方全体に広がっています。


壮大な景色ですね。


 


チョコレートヒルズ


ボホール州

ボホール島の中央に位置するチョコレートヒルズ


 


ボホールの観光スポット、チョコレートヒルズのできた由来についてはいくつかの言い伝えがあります。一番有名なのは、人間の女性に恋をしてしまった巨人の話。女性の婚約者に嫉妬して彼女をさらったけど、彼女が死んでしまい悲しみにくれる涙が地面に落ちて、チョコレートヒルズができたと言われているみたい。


なんだかかわいいですね。


 


ボラカイ


アクラ

4キロも続くパウダーサンドのホワイトビーチ


アメリカの旅行雑誌「コンデナスト・トラベラー」が選ぶ、「世界の最高の島々」に何度もランクインしています。


雪のようなホワイトサンドのビーチが主要な観光地。周辺には数多くのレストランやバーが立ち並んでいます。


ホワイトビーチの反対側、ブラボグビーチもぜひ訪れてほしいところ。こちらは、カイトサーフィンをしながら穏やかに過ごせるビーチなんですよ。


 


セブ 

ラグジュアリーなビーチリゾート滞在を体験


 


セブ地方も絶対に見逃せないポイント。「1000の冒険への入り口」と観光省が名づける通り、セブは気候もビーチも、澄んだ海もどれも魅力的な場所です。


 


ダバオ


 

街の西には火山のアポ山


市域が2400平方キロメートルを超える、フィリピン最大規模の都市。農業が中心産業ですが、漁業もさかんに行われています。カラフルな衣装と花々、農作物で彩られるフィリピンで最も活気のあるフェスティバル、「カダヤワン・サ・ダバオ」が行われる街でもあります。


 マニラ



イントラムロスにあるカトリックの大聖堂、マニラ大聖堂


 


フィリピンへの入り口。観光省が「東洋と西洋、歴史と現代、日常と非日常が混ざる活力に満ちたハブ」と表していますが、本当に活気あふれた都市ですね。最近の人気スポットは、カジノを中心とした複合施設「エンターテイメントシティ」。


 


パラワン


 


美しい島々をめぐるアイランドホッピングも楽しみの一つ


 


「最後のフロンティア」と呼ばれるパラワンは、素敵な自然がしっかり残っている場所です。熱帯雨林、きれいな海、ビーチが島の見所。難破船が数多く沈むことから、ダイビングの人気スポットでもあります。


 


ビガン


南イロコス


 


歴史的な古い建造物を、馬車に乗りながら観光できます


 


世界遺産にも登録されているビガン。16世紀から300年以上にわたるスペインの統治を受け、先祖から受け継いだ家々が立ち並ぶこの小さな町。まるでタイムスリップしたかのようなすてきな場所です。荘厳なセントポール大聖堂や、地元の人々の手による陶芸や手織り布が見所です。


 


フィリピンにはたくさんの見どころがあります。


More fun in the Philippines!


まだ訪れていない方、ぜひ旅に出かけてみてください。

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 かなっぺ
「自己紹介」   ダーリンはフィリピン人。
フィリピンと旅行と犬が大好きです!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年01月04日

9日,マニラ首都圏(マニラ市内中心部)において,フィリピンのカトリックの最大行事の一つである「ブラック・ナザレ祭」が開催されます。

2017年12月30日

2017年もいよいよ年の瀬!この12ヶ月、フィリピンだけでなく海外でも話題になった、重大ニューストップ10をまとめました。

2017年12月30日

フィリピンのヒーローであり革命家のアンドレス・ボニファシオ氏は、今年生誕154年目を迎えました。これを記念して、フィリピン中央銀行では、新しい5ペソ硬貨のデザインに、ボニファシオ氏を採用しました。

2017年12月29日

友達と一緒に立ち寄りたい、マカティのお出かけスポットをご紹介します!その名もArkipelago(アーキペラゴ)。Arkipelagoは一味違ったフードパークです。世界中の様々な料理を食べることができるだけでなく、2階にはスニーカーショップやアートギャラリーなどがあり、その意外性に思わず驚かされます! 

2017年12月28日

全日本空輸株式会社マニラ支店より「ANAマニラスタッフによる孤児院でのクリスマスパーティー」の情報が届きましたので、内容をご紹介します。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel