ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 簡単、美味しい! フィリピンレシピ あなたも作ってみませんか?

簡単、美味しい! フィリピンレシピ あなたも作ってみませんか?
2015年11月28日更新
広告
広告

旅の醍醐味と言えば - 現地の料理を味わうこと。 

でも、その料理、自分で作れたら? もっと楽しいと思いませんか?

 

フィリピンは、7000以上の島々からなる国で、過去には植民地支配も経験。 

ゆえに、多岐にわたるフレーバーが特徴で、訪れる人々の舌をうならせています。

 

そんなフィリピンの伝統料理。 あなたの食卓のメニューにも加えてみましょう。 

(ちなみに… アメリカの大統領もフィリピン料理に目がないそうで、

ホワイトハウスのチーフシェフはフィリピン人だそうです。)

 

 

①チキンアドボ Chicken Adobo 

 

写真)チキンアドボ Chicken Adobo (鳥の煮込み) 

   地元住民、外国人、ともに人気の伝統料理(Flickrより転載)

 

主な材料

醤油、すりおろしにんにく、ベイリーフ、黒コショウ、黒砂糖少々、鶏肉 (豚肉でも可)

 

作り方

1 醤油、すりおろしにんにくに、鶏肉を漬け込みます。

2 フライパンに油を入れて熱した後、漬け込んだ鶏肉全体を約5分、こんがり焼き色をつけます。

3 残りのマリネ液と水を少々加え、沸騰したら火を弱めます。

4 ベイリーフ、黒コショウを加え、30分もしくは鶏肉が柔らかくなるまで煮込みます。

5 酢を加え、さらに10分煮込み、最後に黒砂糖、塩を加えて出来上がり。 

 

フィリピン独自の料理でありながら、スペインの料理に似ていることから、

アドボ(スペイン語でマリネの意味)と呼ばれる料理。(フィリピンは、スペインの植民地でした)

酢をベースとし、甘味と塩味が特徴です。

茹で卵や、フライドポテトを添えるのもグッド。 さらに美味しくいただけます。

 

 

②カレカレ Kare-Kare 

 

写真)カレカレ Kare-Kare ピーナツソースで煮込んだ牛テールシチュー(Flickrより転載)

 

主な材料 

ピーナツバター、ピーナツ(無塩、砕いたもの)、牛肉、牛テール肉、豚足、

茄子やさやいんげんなどの野菜、バナナの花、魚醤、アナトーパウダー(色付け)

 

作り方

1 約2リットルの水に小さじ3杯の塩を加え、お肉を1時間または柔らかくなるまで煮込みます。

2 別の鍋で玉ねぎ、にんにくを2分ほど炒め、黒コショウを加えます。

3 そこへ、魚醤、ピーナツバター、ピーナツ、アナトーパウダーを加えます。

4 肉のゆで汁を加え、さらに20~30分煮詰めます。 なすを加え、5分煮込んだら、

  残りの野菜を加え、さらに2分煮込みます。

5 最後に、煮込んであったお肉を加え、火を止めます。 ふたをして、5~7分。 

  野菜に火が通るのを待って出来上がりです。

 

カレカレは、バゴーン(Bagoong)と一緒に食べるのがオススメです。

バゴーンとは? 魚や小エビを発酵させて作った調味料です。

 

 

③シニガン Sinigang 

 

写真)シニガン Sinigang タマリンドを使った、酸味のあるシチュー。 

   素材の味、生きています。(Flickrより転載)

 

主な材料

豚肉・牛肉・鶏肉などの肉類(エビや魚も可)、トマト、親芋、さやいんげん、大根、

ヨウサイ(空心菜)

味付けは魚醤

 

作り方

1 玉ねぎを炒めます。

2 お肉を加え、軽く色がつくまで炒めます。

3 魚醤を加え、親芋とトマトも入れたら、水を加えて煮込みます。

4 40分ほど煮込み、お肉が柔らかくなったら、市販のシニガンミックス(シニガンの素)を

  加えるか、タマリンドパウダーを加えます。 

  さらに、さやいんげんと、大根を加え5~8分煮込みます

5 ヨウサイを加えたら火を止めます。 ふたをし、予熱でヨウサイに火を通し出来上がりです。

 

みそ、グアバ、グリーンマンゴーを使って酸味を出してもOK。 アレンジ可能な煮込み料理です。

 

 

④ブラロ Bulalo 

 

写真)ブラロ Bulalo シンプルな材料で出来る トロトロビーフシチュー。 

   牛骨からの出汁が効いています。(Flickrより転載)

 

主な材料

牛すね肉、牛骨髄、トウモロコシ、キャベツ、こしょう、玉ねぎ

 

作り方

1 沸騰したお湯に牛すね肉、牛骨髄、玉ねぎ、コショウを入れ、お肉が柔らかくなるまで、

  約1時間半煮込みます。

2 トウモロコシを加え、さらに10分煮込みます。

3 魚醤、キャベツ、ねぎを加え、柔らかくなったら出来上がりです。

 

ブラロは、長く煮込むほど、口どけやわらかなお肉に仕上がります。 

 

 

⑤ピナクベット Pinakbet 

 

写真)ピナクベット Pinakbet 伝統的なベジタリアン料理。 

   苦みがあり、シーフードやお肉を加えても美味しく仕上がる(Flickrより転載)

 

主な材料

なす、オクラ、ゴーヤー、トマト、スカッシュ(南瓜)、玉ねぎ、にんにくなど

 

作り方

1 にんにく、玉ねぎ、しょうが、トマトを炒めます。

2 シーフード(小エビや、ドライアンチョビなど)を加え、さらに炒めます。

3 水を少し加え、沸騰させます。

4 スカッシュを加え、さらにに5~7分煮込みます。

5 残りの野菜を加え、柔らかくなったら出来上がりです。

 

レチョン(lechon ぶたの丸焼き肉)や チチャロン(chicharon 豚の皮を揚げたもの)を

使って、お肉好きの人好みに仕上げることも出来ます。

 

 

プライマー編集部のオススメレシピ、いかがでしたか? 

フィリピン料理で、家族やお友達をおもてなし。 きっと喜んでもらえると思います。

 

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 daisuke
「自己紹介」   フィリピンに来て1年以上が経ちました。
ドゥテルテ大統領になり、どんどん変化する
フィリピンのホットな現地情報をお届けします!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2015年11月27日

フィリピン日本人商工御会議所と日本貿易振興機構による貿易に関するセミナーが開催されました。

2015年11月26日

「年末年始には、日本料理を。」
とお考えなら、デュシタニ・マニラ内にある、
日本料理レストラン「UMU」へどうぞ。

2015年11月26日

恒例となりました、お昼休みに勉強できる「BDOランチタイムセミナー」が11月25日にBDO Corporate Centerで行われました。

2015年11月25日

すっかりクリスマスムードに包まれているフィリピン。
クリスマスシーズンには、BGCでたくさんのイベントが開催されていることをご存知ですか?

2015年11月25日

「Grab Taxi (グラブ・タクシー)」が、
またまた新サービス。なんと今回は、「ヘリコプター」!
快適な空の旅を提供する「Grab Heli (グラブ・ヘリ)」です。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel