ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > マニラ・ケソン市の英語学校に1日留学!10時間マンツーマン授業ってどうなの?(English Breakthrough体験記)

マニラ・ケソン市の英語学校に1日留学!10時間マンツーマン授業ってどうなの?(English Breakthrough体験記)
2017年07月22日更新
広告
広告

マカティから車で約1時間、ケソン市にある英語学校「English Breakthrough イングリッシュ・ブレークスルー」


こちらでは日本からの留学だけでなく、フィリピンに在留する日本人向けに1日留学プランを提供しています。


英語の弱点を集中的に特訓することができます。


平日は働いていてなかなか英語を学習する時間を確保できないという方にうってつけ!


 


 

(写真)学園都市ケソンにあるEnglish Breakthrough イングリッシュ・ブレークスルー


 


 

(写真)English Breakthroughはプライマーでもお馴染みですね


 


プライマーウェブ「学ぶ」の掲載ページ: http://primer.ph/study/genre/study-abroad/english-breakthrough/


 


 


今回、1日留学プランをプライマースタッフである私daisukeが体験してきました。


こちらのプランでは、発音矯正やビジネス英会話、リスニング強化など、個別ニーズに対応したレッスンを受講可能です。


レッスンは8時~19時までで、ランチ1時間を挟んで10時間みっちり学習できます。


10時間集中して学ぶことで、分散して10時間学ぶよりも飛躍的に英語レベルを向上できるそうです。


料金は3食1泊付きで5,000ペソぽっきり!


(朝食は7時~8時、昼食は12時~13時、夕食は19時~20時。


料金の中に前泊が含まれておりますが、前泊するかは本人の希望で決められます。)


 


私は普段、フィリピン人スタッフと英語で会話しながら仕事をしているものの、簡単な表現でしかコミュニケーションを取れておらず、


「もっと正確に、効率的に会話したい」


「たどたどしい英語を何とかしたい」


と意気込みは十分。


とはいえ、


「久しぶりの英語レッスン。ちゃんとついていけるだろうか。。」


「10時間レッスン、体力が持つのだろうか。。」


と不安もよぎる中、10時間耐久レッスンがスタート!


 


レッスンはフィリピン人の先生が一人で2時間を担当。


1時間に1回、小休憩を挟みながら、授業は進んでいきます。


今回受講したのは発音矯正とスピーキングのレッスンです。


 


 

(写真)フィリピン人教師の皆さん。一人が2時間を担当します。


 


 


発音矯正レッスンでは、発音の基本を学ぶだけでなく、連結音やイントネーションも矯正できます。


先生が微妙な発音の違いを聞き取って的確に指摘してくれます。


教えてもらってもすぐに上手く発音ができないのですが、できるまで何回も繰り返し練習できます。


 


スピーキングのレッスンでは、質問に対する受け答えを完璧な文章で返すように繰り返し練習します。


正しい英文を流暢に話す力が向上します。


 


 

(写真)授業は全てマンツーマン


 


 

(写真)宿泊施設も整っています。宿泊した部屋でレッスンを受講可能。


 


 


午前中のレッスンは8時~12時まで。


集中して受講したので、アッという間に時間が経過しました。


 


12時になったのでランチタイム。


食堂に移動して、生徒のみんなで昼食を取ります。


 



(写真)食事中も英語での会話が基本。さすが徹底されていますね。


 


 



(写真)料理はフィリピン人スタッフの手作り♪


 


 



(写真)メインだけでなく野菜も豊富。健康的で美味しい料理でパワーチャージ!


 


 


13時から後半戦スタート。


午前中と同じように、1時間に1回、小休憩を挟みながら、授業は進みます。


通算のレッスンが6時間経過となる15時頃、さすがに疲れを感じ始めます。


そして8時間経過となる17時頃、疲れのピークがやってきました。


喋り過ぎで喉もカラカラ。


もう無理かもしれないと思いながらも、最後の力を絞り出して、残り2時間のレッスンを何とか完了!


 


 


10時間学習した達成感と、ほどよい疲労感に包まれます。


肝心の英語の方もばっちり鍛えられました。


 


発音矯正のレッスンを受けると目からウロコ!のような発見がたくさんあります(笑)


自分自身の発音が矯正されるだけでなく、連結音やイントネーションを学ぶと、これまで聞き取ろうとしていた英語が、そもそも全く違う音であることに気づき、リスニング力も向上すると感じました。


 


 


私がレッスンを受けたとき、普段はラグーナの工場で勤務している男性で、プライマーを見て1日留学を体験されている方がいました。


その方も、「10時間レッスンは疲れるものの、レッスン内容が充実しており満足できるものだったので、2回目も申し込むよ。」とおっしゃっていました。


 


ちなみに、私は1日留学プランを2回受講しました。


2回目は体が慣れたのか、1回目より楽に感じました。


ですので、もし1回目で体力的に厳しいと感じてしまっても、2回目以降は慣れてくると思いますのでご安心ください。


 


 



(写真)多くの日本人学生、社会人がEnglish Breakthroughで英語を学んでいます


 


 


ぜひ皆さんもEnglish Breakthroughの1日留学プランを体験してみてください。


平日は仕事で忙しい方、英語習得に気合が入っている方、精神的にタフな方にオススメです!


集中的に、そして飛躍的に英語スキルを向上できます。


お申込みはこちら。


 


1日留学プランお申込み先: http://english-breakthrough.com/contactus/


 


 


【English Breakthrough】


住所: Block 5, Lot 14, Gabriela Silang St. New Capital Estate-1, Commonwealth, Quezon City


電話番号: 0947-994-6607/02-881-5455


メールアドレス: [email protected]


公式ウェブ: english-breakthrough.com


公式Facebook: EB: English Breakthrough(フィリピン留学)


 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 daisuke
「自己紹介」   フィリピンに来て1年以上が経ちました。
ドゥテルテ大統領になり、どんどん変化する
フィリピンのホットな現地情報をお届けします!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2017年07月21日

7月19日、アプリを通じた配車を行う輸送ネットワーク車両サービス(TNCs)事業者GrabとUber、そして陸上輸送営業許可規制委員会(LTFRB)の間で、和解案が発表されました。

2017年07月21日

毎年変動のあるフィリピンの祝日。先日、早くも2018年の祝日が大統領府より発表されました。イスラム教の祝日であるEid al-Fitr (イード・アル=フィトル)など、まだ日付が確定していない祝日もありますが昨年より多く合計18日となっています。

2017年07月21日

フィリピンのイスラエル商工会議所(ICCP)が主催した、2国間のネットワーク・イベント、“イスラエルの味:ICCPネットワーク・ナイト”。7月18日、マカティのデュシタニホテルにて行われ、盛況のうちに幕を閉じました。

2017年07月20日

フィリピンのルソン島北部、サガダのBana’s Coffeeが、パリで開催された第3回焙煎コーヒーの国際コンテストでグルメ賞を受賞しました。
毎年開催されるこのコンテストにフィリピンが参加したのは、これが初めてでした。

2017年07月20日

BGCにあるマミー・インターナショナル マニラ校では、志賀真容書道師範による無料体験を実施いたします。日本でご活躍の師範による親切・丁寧な指導を体験いただけます。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel