ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 在フィリピン日本国大使館からのお知らせ ラマダン,中間選挙に伴う注意喚起

在フィリピン日本国大使館からのお知らせ ラマダン,中間選挙に伴う注意喚起
2019年05月10日更新
広告
広告

●5月6日(月)からイスラム教のラマダンに入り,今週末は最初の週末となります。
●また、週明け13日(月)は,フィリピン全土において中間選挙が実施されます。
●そのため、この週末は、フィリピンにおける政治的対立による事案やイスラム過激主義によるテロの発生等に特に注意する必要があります。
●政治的なデモや集会が開催される場所への立ち入りはできるだけ避けるとともに,標的となりやすい公共の場所,公園,ショッピング・モールなど不特定多数の人が集まる場所では常に周囲に注意を払ってください。

フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本国大使館

1 フィリピンにおいては,5月6日(月)から,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に入っています。
 特に,イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)等は,過去,ラマダン月の期間にテロを呼びかける声明を発出していることから,近年,ラマダン月及びその前後の期間に世界中で多数のテロ事件が発生しています。

2 また,週明けの13日(月)には中間選挙が実施されます。

3 上記事情が重なる今週末(10日~12日)は,フィリピンにおける政治的対立による事案やイスラム過激主義によるテロの発生等に特に注意する必要があります。そのため,政治的なデモや集会が開催される場所への立ち入りはできるだけ避けるとともに,標的となりやすい公共の場所,公園,ショッピング・モールなど不特定多数の人が集まる場所では常に周囲に注意を払ってください。

 また,最新の関連情報の入手に努めるとともに,緊急事態に備え,携帯電話等の連絡手段を確保するようにしてください。

4 海外渡航の際には,万一に備え,家族,友人,職場等に,日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在される方は,現地在外公館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新の安全情報や,緊急時に現地在外公館の連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html )


(問い合わせ窓口)
○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
 電話: (63-2) 551-5710
 FAX : (63-2) 551-5780
 ホームページ: https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 

○在セブ領事事務所
 住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
 電話: (63-32) 231-7321
 FAX : (63-32) 231-6843

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Pochi
「自己紹介」   甘いもの大好き!
な編集部員です。
美味しい情報を求めて頑張ります♪

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2019年05月09日

海外安全対策情報(2019年1月~3月分)を在フィリピン日本国大使館のホームページに掲載しましたので,ご案内します。

2019年05月08日

内なる少年少女の心を、もう一度解き放とう!フィリピンのおもちゃ・ホビー・コレクションアイテム展示会(TOYCON PH)が今年も開催。6月28日から30日までの3日間、パサイ市のSMX Convention Center Manilaにて行われます。

2019年05月07日

領事出張サービスでは,在外選挙手続きのほか,パスポート,各種証明,戸籍・国籍の手続きも可能です。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel