ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > マニラ安全対策連絡協議会が開催 たびレジ等の登録がオススメ

マニラ安全対策連絡協議会が開催 たびレジ等の登録がオススメ

2017年05月10日更新

昨年7月に引き続き、在フィリピン日本国大使館主催のマニラ安全対策連絡協議会が5月10日、大使館にて開催された。


4月にボホール島で発生したテロリスト・グループと治安部隊との武力衝突や、最近マニラのキアポ地区で発生した爆発事件を受け、大使館より最近のテロ情勢について説明が行われた。


テロ勢力の組織として、和平プロセスを進めるMNLF(モロ民族解放戦線)やMILF(モロ・イスラム解放戦線)がある一方、アブ・サヤフや共産勢力をはじめとした組織はテロや強盗、拉致などの脅威があるとした。


主な活動拠点はミンダナオ島とパラワン島西部である。


 


参考:外務省危険情報(フィリピン)


http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_013.html#ad-image-0


 


なお最新の調査情報によると、キアポ地区で発生した爆発事件はテロではない可能性が高いとのことだが、依然、予断を許さない状況である。


 

(写真)マニラ日本人会やフィリピン日本人商工会議所、JICA、JETROなど、マニラの主要な邦人団体から20名ほどが参加した。


 


 


また連絡協議会では、フィリピンにおける犯罪統計で、犯罪件数は年々減少しているものの、殺人犯罪は前年に比べて増加していることや、殺人、強盗、強姦の発生件数は日本の約10倍であることが示された。


 


犯罪件数: 846,147件(2013年) ⇒ 584,809件(2016年)


殺人犯罪: 11,385件(2016年) 前年比2割増


 


邦人被害に関しては974件(2015年)で、タイに次いで世界ワースト2の件数である。


 


 


治安情勢に関する情報収集のため、以下の登録がオススメ。


 


①メールマガジン


メールマガジン登録ページ: https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html


 


②在留届 (長期滞在者向け)


 


③たびレジ (出張者や旅行者向け)


たびレジ登録ページ: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/


 


上記の登録を行えば、大使館からの緊急メールを受信することができる。


緊急メールを受信できれば、事件現場に不用意に近づいて被害にあうリスクを抑えられるので、この機会にメールマガジン等に登録しよう。


 


もし事件現場に遭遇したり、被害に遭われたりした際は、以下の大使館ホットラインへご連絡を。


 


邦人援護ホットライン(24時間対応): 02-551-5786


 


ページ上に戻る

「ニックネーム」 daisuke
「自己紹介」    フィリピンに来て1年以上が経ちました。
ドゥテルテ大統領になり、どんどん変化する
フィリピンのホットな現地情報をお届けします!

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel