ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > ラグナ湖ハイウェイ、ビクタンータイタイ間が開通

ラグナ湖ハイウェイ、ビクタンータイタイ間が開通
2018年12月02日更新
広告
広告

予てからフィリピン国公共事業道路省(DPWH)の主導の下工事が行われていたタギッグ市ビクタンとリサール州タイタイ間を結ぶ無料高速道路C-6が「ラグナ湖ハイウェイ(Laguna Lake Highway)」として11月15日に開通しました。

 


同省長官のMark Villar氏によると、この高速道路は全長6.94㎞で、EDSA通りと環状線C-5の代替ルートとして機能するため、マニラ首都圏の交通渋滞の緩和に繋がり、東ルートでのマニラ首都圏への乗り入れが30分以上も短縮されるとのこと。移動時間の短縮に加え、幅約3メートルの自転車専用レーンと、歩行者用道路も整備されています。また開通に関して「ビクタンータイタイ間を30分以内で往復できるこの無料高速道路を開通させることができ大変うれしく思っています。」と期待を寄せたほか「この道路はタギック市を洪水から守るための堤防も兼ねていています。水かさが上がり万が一の時には一時避難場所としての機能も備えています。」と記者会見で述べました。


 



 


ラグナ湖ハイウェイは中央に植え込みを挟み両側2車線の道路で、排水溝も完備。道路にはNapindan Bridge, Barkadahan Bridge, Tapayan Bridgeと名付けられた3つの橋が通っています。

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年12月01日

機能と優雅さを兼ね備えた日本の技術やデザインは今では世界一ともいわれています。日本の最先端の技術や唯一無二の文化を体験してみたいと世界各国から日本を訪れる人々が後を絶ちません。そんな「ジャパン・クオリティー」が凝縮された大型複合住宅施設がタギッグ市内の商業地区にオープンします。日本を訪れなくても日本の便利で優雅な生活がここフィリピンで手に入るかもしれません。

2018年11月30日

あちこちでクリスマスシーズンを感じる時期になりました。年末の雰囲気を盛り上げる今年のDisney on Iceは、「Mickey’s 90th Super Celebration」と銘打って開催されます。ワールドクラスのアイススケーターや、心温まるディズニーストーリーに会いに行きましょう。

2018年11月30日

「今、この瞬間に、地球上のどこかで大量殺人が起こっているのに、のんびり絵画鑑賞をしている私たちがいる・・・。」
劇団「青年団」主宰、劇作家・演出家の平田オリザ氏の代表作の1つ『東京ノート』について、このたび、物語の舞台をマニラに翻案し、俳優陣も新たにマニラでオーディションを行い、『マニラノート』が、11月30日よりマニラで上演されます。

2018年11月28日

醸造酒や蒸留酒は時を経るごとに味が滑らかになる。
クリスマスのお祝いの席に上品なお酒があると今年の仕上げには嬉しいですよね。Estate Wineでは、2018年11月29日に今年最後のウィスキーテイスティングのイベントを開催します。

2018年11月27日

毎年1月から11月まで月一度行われているマンスリーセミナー。今年もその最終月11月に行われる『子供のための銀行セミナー』がやってきた。フィリピンには学校以外で子供が学び体験できるセミナーが日本と比較すると格段に少ない。だから学校プラスアルファーで学べる場所を提供したい。そしてフィリピンの日本人コミュニティーの人たちにBDOと関わっていると『良いこと』があると思ってもらえるような銀行にしたい。この思いから、大人ばかりではなく子供たちにも楽しみながらお金の大切さと銀行の役割について学んでもおうと毎年開催している。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel