ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピン マクタン・セブ国際空港ターミナル2が7月にオープン

フィリピン マクタン・セブ国際空港ターミナル2が7月にオープン
2018年06月04日更新
広告
広告

マクタン・セブ国際空港(MCIA)ターミナル2は、2016年から着工され、もうすぐお披露目される事になります。フィリピンで2番目に大きなターミナルとなり、10年後には、年間8百万人が利用する事になります。既に、工事の96%は完了しており、GMRメガワイド・セブ空港会社(GMCAC)はオープンに当たり関係メディア・学生・観光関係者を招待するとの事です。

屋根は、グルーラムと呼ばれる接着合板、自然の木材を加工した強固な素材で建設されています。グルーラムを素材として使った建築物としては、世界最大規模となります。


MCIAターミナル2は、3階建てで、合計65,000平方メートル。ゴールは環境に優しいターミナル。エネルギー効率も良く、セブの人達のおもてなしのように、世界一フレンドリーな空港ターミナルになりそうです。


最も目を引くのは屋根。まるで波のうねりのようにデザインされセブ伝統のグルーラム・アーチで作られています。屋根のアーチのおかげで、ターミナル2には柱がほとんどありません。それにより、天井までの高さが26メートルあり、空気循環が非常に良くなっています。この結果、ターミナル内の空気がさわやかで、空調がほとんど必要ない環境となっています。


また、ターミナル2の壁は、非常に強固な3層ガラスで作られています。自然光を取り入れ、外熱を遮断する効果があり、ターミナル内を、明るく過ごし易く保ちます。これも、環境に優しいデザインで、ターミナルのカーボン・フット・プリントを減らす事に一役買っています。

床には、真珠貝が埋め込まれる予定。


海岸の砂浜のように日光を反射する様子は、天井の波のようなデザインとマッチ。


MCIAターミナル2は、2018年7月1日にオープン予定。GMCACによれば、新ターミナルのオープン後に、ターミナル1の改装を始めるとの事です。GMCACは、旧ターミナルの管理をMCIAから引き継いだ際に屋根にソーラーパネルを設置する等、月間1.2百万ペソの電気代を削減する事に成功しています。


新しいターミナルの完成が今から楽しみです。

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 かなっぺ
「自己紹介」   ダーリンはフィリピン人。
フィリピンと旅行と犬が大好きです!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年06月01日

日本や韓国の本場の品を探すのであれば、マカティの日韓スーパーマーケット テッペン(Teppen)がおすすめです。食品を始め、雑貨、日用品も78ペソから用意されています。いくつか店内の様子も含めてご紹介します!

2018年06月01日

5月31日「フィリピン進出日系中小企業セミナー」が開催されました。ジェトロ・マニラ事務所の安藤智洋氏、Gatmaytan Yap Patacsil Gutierrez & Protacio(C&G Law)の岡崎友子氏それぞれによる講演が行われました。

2018年05月31日

予てから提案されていたボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)とMRT3のグアダルーペ駅間のモノレールの建設を、承認したと国家経済開発庁(NEDA)が発表しました。

2018年05月30日

在フィリピン大使館から在外選挙申請についてのお知らせが届いています。
6月1日より、「出国時申請」の受付が開始されます。

2018年05月30日

プライマーおすすめのDr. Leeの中国鍼治療クリニックについてご紹介です。鍼治療のエキスパートとして知られており、メトロマニラの南部で最も信頼のおける鍼治療医の一人です。10年以上中国鍼治療を学び、東洋医学の資格を持った医師として10年働いています。2009年にクリニックを開院。美容鍼も施術しています。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel