ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 三菱自動車、フィリピン自動車産業育成政策への参加を表明!43億ペソ投資し2車種追加生産

三菱自動車、フィリピン自動車産業育成政策への参加を表明!43億ペソ投資し2車種追加生産
2016年02月11日更新
広告
広告

三菱自動車の益子会長は2月10日(水)、マニラ市内で開かれた記者会見にて

フィリピンの自動車産業育成政策「CARS Program

(Comprehensive Automotive Resurgence Strategy Program)」へ参加する意向を表明しました。

 

 

(写真)自動車産業育成政策への参加を表明する益子会長(左から4人目)

 

 

三菱自動車は2017年初めよりミラージュミラージュG4(アトラージュ)の2車種を

新たに生産開始します。

昨年1月より操業を開始した新工場(ラグーナ州サンタローサ市)において、

年間5万台の生産を目指します。

さらに、市場動向を見ながら、新車種の追加と年間10万台の生産も視野に入れています。

 

新たな車種の生産に伴い、プレス工場新設を含む

43億ペソ(約104億円)以上の投資を実行する計画。

生産規模の増強により、投資拡大と雇用拡大が見込まれます。

 

会見には部品メーカーのトップも参加。

デンソーの加藤会長、双日の段谷副社長、矢崎総業の矢崎社長をはじめ、

関連会社20社のトップが集いました。

 

 

(写真)部品メーカー20社を含め、参加会社のトップが一堂に会しました

 

 

三菱自動車の益子会長は、「当社にとってフィリピンは、50年以上にわたり

生産・販売事業を行っている最重要市場の一つです。

新たな発展フェーズを前にしたフィリピン自動車産業に貢献できること、

更にはフィリピン経済の成長にも寄与できることは、当社にとって大きな喜びです」と述べました。

また「将来的にはフィリピンから海外へ車両を輸出したい」との考えも述べ、

フィリピンでの生産拡大に意欲を示しました。

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 daisuke
「自己紹介」   フィリピンに来て1年以上が経ちました。
ドゥテルテ大統領になり、どんどん変化する
フィリピンのホットな現地情報をお届けします!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2016年02月11日

手軽で美味しい♪ みんなが大好きなピザ。「ピザなんて、どれも同じでしょ?」そんなことはありません。ピザワールドのピザはここが違うんです!

2016年02月11日

フィリピン政府は3日(水)、ASEAN諸国への訪問をよりスムーズにする協定(MAAS)に調印。各航空会社のフライト数の増加、料金の引き下げが見込まれています。

2016年02月10日

従来のヒルトン系ホテルと一味違った大型ヨットをモチーフにした美しい外観が特徴。客室からはマニラベイを一望でき、都会の喧騒を忘れさせてくれるでしょう。

2016年02月10日

点心を中心とした伝統的な台湾料理のお店ディンタイフォン。何と言ってもオススメは小籠包。世界中のファンから「小籠包天国」と呼び名がつくほど!

2016年02月09日

2月10日(水)~28日(日)の期間で、芸術イベント「Fringe Manila (フリンジ・マニラ)」が開催予定。国内外のアート作品をマニラ各地で楽しみましょう!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel