ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 新しいフィリピン5ペソ硬貨、1ペソ硬貨とよく似ているのでご注意を!

新しいフィリピン5ペソ硬貨、1ペソ硬貨とよく似ているのでご注意を!
2017年12月30日更新
広告
広告

フィリピンのヒーローであり革命家のアンドレス・ボニファシオ氏は、今年生誕154年目を迎えました。 


毎年、彼の誕生日の11月30日に式典が行われています。 

生誕154周年を記念して、フィリピン中央銀行は新しい5ペソ硬貨のデザインにボニファシオ氏を採用しました。


 


 

(写真)これが新5ペソ硬貨です 


画像出典:BangkoSentral ng Pilipinas Facebook page


 


 


新しい5ペソ硬貨は先の12月1日より、流通を開始しました。 


硬貨の表にはボニファシオ氏の肖像と、”ANDRES BONIFACIO” “REPUBLIKA NG PILIPINAS” “5 PISO”の文字が刻まれています。 


裏には、フィリピン原産のヒスイカズラと、フィリピン中央銀行のロゴが刻まれています。




新硬貨は耐摩耗性、耐食性に優れ、また偽造防止効果も高まりました。

旧硬貨と比較して他に目立った違いとしては、金から銀になったこと、サイズが小さくなったこと、が挙げられます。 


結果、現在の1ペソ硬貨と見た目がよく似てしまいました。


 


上院議員のNancy Binay氏は、「国民に混乱を生じさせた。」とし、一時的に新しい硬貨の流通を停止するようにフィリピン中央銀行へ要請。 


彼女はまた、「フィリピン中央銀行は、デザインを深く考慮すべきだった。」と述べました。


 

(写真)エミリオ・アギナルド氏が刻まれた旧5ペソ硬貨(左)


 




ちなみに旧5ペソ硬貨には、フィリピン初代大統領のエミリオ・アギナルド氏が刻まれており、1991年より流通しています。


 


流通を開始したばかりの新しい5ペソ硬貨ですが、1ペソと見分けがつきにくいので、ご使用の際には十分ご注意ください。


さて、話題(問題?)の新5ペソはこのまま流通を続けるのか、はたまた停止となるのか。


今後の動向に注目です。


 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 daisuke
「自己紹介」   フィリピンに来て1年以上が経ちました。
ドゥテルテ大統領になり、どんどん変化する
フィリピンのホットな現地情報をお届けします!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2017年12月29日

友達と一緒に立ち寄りたい、マカティのお出かけスポットをご紹介します!その名もArkipelago(アーキペラゴ)。Arkipelagoは一味違ったフードパークです。世界中の様々な料理を食べることができるだけでなく、2階にはスニーカーショップやアートギャラリーなどがあり、その意外性に思わず驚かされます! 

2017年12月28日

全日本空輸株式会社マニラ支店より「ANAマニラスタッフによる孤児院でのクリスマスパーティー」の情報が届きましたので、内容をご紹介します。

2017年12月28日

写真をこれから始めたい、もうカメラを持っているけれどもっと撮影の腕を磨きたいと常々思っている方にぴったりなイベント フォトワールド・アジア・2018「Photoworld Asia 2018」が開催されます。カメラの撮り方のコツを教えてくれる撮影教室は、役に立ちそうですね。

2017年12月27日

アヤラミュージアムでは12月26日~30日の5日間、お子様は無料で入場できる企画を実施中!VR(バーチャル・リアリティ)技術を使った展示もあるみたいですよ!

2017年12月27日

本日は、マニラにあるかわいい文房具屋さんをご紹介!お気に入りの文房具店を見つけてみてくださいね。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel