ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピン「東南アジア競技大会2019」の公式スポンサーが発表されました

フィリピン「東南アジア競技大会2019」の公式スポンサーが発表されました
2019年02月20日更新
広告
広告

フィリピン東南アジア競技大会組織委員会(PhilSGOC)は第30回東南アジア競技大会(SEA Games 2019)の公式スポンサーを2月13日に発表しました。

同大会を支えるパートナー企業はAtos、フィリピン航空(PAL)、GL Events、Grand Sport、 Sonak Corporation、MediaPro Asiaの6社。会見では、6社それぞれの代表者とPHISGOC会長Alan Peter Cayetano氏、フィリピンスポーツ委員会会長William Ramirez氏が出席しパートナーシップ同意書に署名しました。

今後、この6社が今年11月にフィリピンで開催されるSEA Games 2019の運営を担うPHISGOCに協賛金等を拠出することになります。

 

PHISGOC会長Alan Peter Cayetano氏

 

 

フィリピンを代表する航空会社のフィリピン空港は大会の公式航空会社を担い、大会開催中は世界各国からの代表者や派遣員の移動に使用されます。

アシックス、MIKASA、Marathon 、Molten などの有名スポーツブランドを取り扱うSonak Corporationは、各競技で使用する用具やフィリピン代表選手のユニフォームを提供、スタッフやボランティア、技術者のユニフォームはGrand Sportが担当します。

 

 

左からCayetano氏、Ramirez氏、そして6社の代表者

 

 

また、Atosは各試合においてのマネージメントシステムを執り行うほか、GL Eventsは39カ所の試合会場のオーバーレイを取り扱います。国外放送はスペインを拠点とするメディア会社のMediaPro Asiaによって世界中へ配信されます。

第30回東南アジア競技大会(SEA Games 2019)は11月30日から12月11日までの間、スービック、クラーク、タガイタイ、メトロマニラの各都市で開催。56種のスポーツ競技とeスポーツを含む523件のイベントが行われ、大会はSEA Games開始以来、最大規模になる予定です。

 

今回紹介した6社以外にもスポンサーは今後も順次発表される予定なので、乞うご期待!

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Pochi
「自己紹介」   甘いもの大好き!
な編集部員です。
美味しい情報を求めて頑張ります♪

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2019年02月19日

在フィリピン日本国大使館からのお知らせ。海外安全対策情報(2018年10月~12月)が在フィリピン日本国大使館のホームページに掲載されたので,ご案内します。

2019年02月19日

フィリピン国内をはじめ、国際的なコンテンポラリーアートの粋を展示する最大級のアートフェア、Art Fair Philippinesが今年も大々的に開催されます。

2019年02月18日

BGCで唯一の日系サービスオフィスとして事業を展開しているファビットからfabbit Conference-アジア各国のトレンド―(2月20日)とBGC異業種交流会(2月27日)のご案内です。

2019年02月16日

フィリピン保健省は,フィリピン全土で麻疹が流行しており,今年に入り,少なくとも70名の死亡者を確認したと発表しました。

2019年02月16日

2月19日はサルセドのIkomaiではジャズのライブを聞きながら、美味しいお食事やお酒を楽しめるイベントHideout Live Jazz Sessionを開催しています。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel