ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 閉鎖中のフィリピンボラカイ島、再開に向けた対策講じる

閉鎖中のフィリピンボラカイ島、再開に向けた対策講じる
2018年08月30日更新
広告
広告

環境汚染問題で現在閉鎖中のボラカイ島。フィリピン観光省(DOT)、観光インフラおよび企業誘致区庁(TIEZA)は再開に向けて対策を進めています。

ボラカイ島のビーチ、2016年の様子


 


10月26日に再開が予定されているボラカイ島ですが、TIEZAの最高執行責任者、Pocholo D. Paragas氏によると、ボラカイ排水計画Boracay Drainage Projectおよび臨時排水管建設Temporary Discharge Pipe)の早期完了目指し、工事期間を短縮させると述べました。両プロジェクトは環境汚染問題への抜本策として、推し進められています。


こちらも合わせてお読みください:フィリピン人気観光地ボラカイ島 4月26日から閉鎖へ


TIEZAの対策について


観光客の増加と環境配慮が不足していた施設によって引き起こされたとされるボラカイ島の環境汚染問題。ボラカイ排水計画(第2期)は11億ペソの予算が組まれ、今年1月にParagas氏がTIEZAに要請。7年計画から3年計画へと短縮されました。排水システムは、2019年の第3四半期までに完了することが期待されています。


一方で、水質浄化法に基づき(違法な排水管接続、汚水の直接排水を禁ずる法律)TIEZAでは、臨時排水管の建設を始めました。廃水を貯蔵タンクへ繋ぎ、海へ排出する前に予め水処理を施すシステムです。8月中の完成を予定し、“汚水溜”と比喩されていたボラログビーチの汚名返上を目指します。


 


環境天然資源省と観光省の呼びかけ 


822日、フィリピン観光省、Bernadette Romulo-Puyat氏は発表の中で、ボラカイ島の新しいイメージ=持続可能な観光の促進地となるよう、呼びかけました。また、“再開後、ビーチでのパーティーは出来なくなります。(施設内は可)”。また、ボラカイ島へ旅行を計画されている方へは営業許可が下りた施設リストがアナウンスされるまでは予約を待つようにと呼びかけました。


 


フィリピン有数のビーチリゾート、ボラカイ島。今後の動向も追って行きます。


 




ボラカイ島、プカシェルビーチ

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 ken
「自己紹介」   好奇心旺盛、あまりタガログ語を話せないハーフ
アニメ鑑賞、読書、スポーツが好きです!
フルスタックエンジニアになりたい!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年08月29日

8月28日午後、フィリピン南部(ミンダナオ地方),スルタン・クダラット州イスラン町(危険レベル3)で開催されていた屋外イベント会場で爆弾テロ事件が発生しました。

2018年08月29日

最新のフェイシャルマシーンを使った施術で、スピーディーに小顔や美白を叶えることができるBGCのM Tokyo (エム・トウキョウ)。オープン1周年を記念して9月・10月の2か月間、全メニュー50%OFFキャンペーンを実施!9月1日(土)からスタートです!

2018年08月28日

大盛況だった昨年のWorld Travel Expoが今年も10月26日(金)から28日(日)の3日間、マニラのSMXコンベンションセンターで開催されます。今年のテーマはWanderers Unite! このイベントでしかGetできない特別オファーも用意されており、旅好きの方には必見のイベントです!

2018年08月24日

プライマー9月号が本日、発行しました!今月号の特集は、”雨の日にちょっとお出かけ 近所の癒しカフェ”。トラベル特集は、都会を離れてリラックスするのにぴったりなアンティポロの見どころについてご紹介します!みなさま、お手に取ってご覧ください!

2018年08月24日

大使館から休館のお知らせと敬老の日に関してお知らせが届いています。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel