ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 元日本代表とマニラハポンズのタグラグビー教室が開催されました!

元日本代表とマニラハポンズのタグラグビー教室が開催されました!
2017年03月06日更新
広告
広告

3月4日(土)マカティのサンロレンゾビレッジのグラウンドで、マニラハポンズによるタグラグビー教室が開催されました。

幼稚園から中学生くらいの子どもを対象とした教室で、ラグビーの元日本代表が講師として参加されました!

 

 

 

 

今回参加された元代表は、元NTTドコモコーチの箕内拓郎さん、現駿河大学ラグビー部監督の松尾勝博さん、昨年度まで東芝ラグビー部のヘッドコーチを務めていた富岡鉄平さんの3人。

 

 

また、昨年度までサニックス・トップリーダーだった中村洋平さんとラグビー用品のインターネット販売「NZ Rugby Online」の小澤響平さんも参加されました。

 

 

 

 

 

(写真)元ラグビー代表を始めとした日本人のゲスト。左から箕内さん、小澤さん、富岡さん、松尾さん、中村さん

 

 

 

タグラグビーとは、タックルをする代わりに相手の腰についてるタグを奪う競技で、ルールも単純化されているため、初心者や子どもも安心して遊べるようになっています。

 

 

 

 

 

(写真)タグラグビーでは腰につけたタグを奪い取る

 

 

 

実際にタグラグビーの実技に入る前に、子供たちは「タグ鬼ごっこ」などの遊びに取り組み、楽しみながらタグラグビーの基本的なことを学びました。

 

 

 

 

 

(写真)タグ鬼ごっこでは大人相手に子どもたちが奮闘

 

 

 

遊びの後はいよいよタグラグビーに入ります。まずはマニラハポンズと元代表の3人が見本として実際にやって見せてくれます。覚えやすいルールで、子供たちもすぐに実践できました。

 

 

 

 

 

(写真)プロがタグラグビーをデモンストレーション

 

 

 

最後に、タックルの練習や、空高く持ち上げられてボールをキャッチする練習も行われ、約1時間半続いた教室は終了。

暑い中でも子供たちは最後まで元気に参加し、とても楽しんでいたようでした!

 

 

 

 

DSC_0653

 

 

 

NZ Rugby Onlineの小澤さんは中古のラグビー用品を発展途上のアジアの国々に届けるプロジェクトも手掛けています。

 

今回のラグビー教室もアジアにもっとラグビーを広めたい、アジアのラグビーレベルを上げたいという想いから始まったもので、フィリピンに来る前には既にジャカルタ、マレーシア、ラオスなどの国々でもラグビー教室を開催されたとのこと。

 

各国にハポンズのジュニアチームを作ることが目的で、いずれこのマニラにも国籍を問わず、ラグビーが好きな子供たちが参加できるジュニアチームを作る予定なのだそうです。

 

 

 

マニラハポンズ公式フェイスブック:Manila Hapons Rugby Team

NZ Rugby Online: http://www.rugbygoods.com/

ラグビー用品再利用プロジェクト:http://reuse.totalrugbysupport.com/?page_id=8

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Pochi
「自己紹介」   甘いもの大好き!
な編集部員です。
美味しい情報を求めて頑張ります♪

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2017年03月06日

コーヒーの淹れ方や、ラテアートの基礎をもっと学びたいと思っているコーヒー愛好家のためのアカデミーが開校しました。
パッシグシティのCooko Culinary&Barista Academyでは、コーヒーに関するさまざまな講座が行われています。

2017年03月03日

サッカー選手のネイマールが発案し世界中で行われている、5対5のストリートサッカー「Neymar Jr’s Five」。フィリピンでも2月25日、Sparta Philippinesで試合が行われ、 Manila Tala、StraffordFC、Baggie FC、Naxionalnoの4チームが3月4日の決勝戦へ出場を決めました。

2017年03月03日

2月があっという間に終わり、3月に突入。フィリピンには1年で最も暑いシーズンが近づいています。
そんな今月、3月に開催されるイベントをご紹介します!

2017年03月02日

フィリピンの鉄道計画、南北通勤鉄道事業(NSCR)。日本の独立行政法人国際協力機構、JICAがこの計画の北ルートを支援。建設にあたり、フィリピン運輸省は、2018年に競争入札を行う。マロロス市と、マニラのトンド地区にあるトゥトゥバン駅を結ぶ。  

2017年03月02日

3月は春の海外安全強化月間です。第三国への渡航前には3STEPで十分な安全対策をしてください。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel