ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 在フィリピン日本国大使館からの安全対策情報 「ブラック・ナザレ祭」に関し,外務省から注意喚起(スポット情報)が発出されました

在フィリピン日本国大使館からの安全対策情報 「ブラック・ナザレ祭」に関し,外務省から注意喚起(スポット情報)が発出されました
2017年01月05日更新
広告
広告

今般,9日(月)にマニラ首都圏(マニラ市キアポ地区)において開催が予定されている「ブラック・ナザレ祭」に関し,外務省から注意喚起(スポット情報)が発出されました。
最近,在フィリピン米国大使館前において爆弾テロ未遂事件が発生しているほか,テロに用いられる極めて強力な爆弾が発見されたこともあり,マニラ首都圏においてもテロへの警戒レベルが高くなっています。
混雑が予想されるイベントや不特定多数の人が集まる場所はテロの格好の標的となり得ます。「ブラック・ナザレ祭」は,マニラ市キアポ地区をはじめ,イントラムロス,リサール公園といった多くの人が集まる場所を山車が練り歩くお祭りです。今年も相当数の人出が見込まれており,上述のマニラ首都圏における治安情勢にも鑑み,特にお祭り当日にリサール公園,イントラムロス,キアポ地区等に行かれることについては慎重に検討し,仮にやむを得ない事情によりこれら地域に行かれる場合には,普段にも増して危機管理意識を強くお持ちください。


フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本国大使館

【ポイント】
●9日,マニラ首都圏(マニラ市街中心部)において,フィリピンのカトリックの最大行事の一つである「ブラック・ナザレ祭」が開催されます。
●フィリピン・マニラ首都圏に渡航・滞在される方は,混雑が見込まれる地域においてテロ等不測の事態に巻き込まれることのないよう,下記事項に十分留意願います。

(件名)
フィリピン:マニラ首都圏における「ブラック・ナザレ祭(1月9日)」開催に伴う注意喚起

1 1月9日,マニラ首都圏(マニラ市街中心部)において,フィリピンのカトリックの最大行事の一つである「ブラック・ナザレ祭」(※)が開催されます。当日は交通網の混乱や,参加者・観客等の収集が見込まれますので,テロ等の不測の事態に巻き込まれないよう以下の対応に努めてください。
(1)最新の関連情報を入手する。
(2)種々のデマや噂に惑わされることのないよう注意する。
(3)当日は交通機関の混乱や不測の事態発生等を想定するとともに,マニラ市街中心部の他,テロの標的となりやすい場所(特にショッピングモール等人が多く集まる施設,公園,公共交通機関,観光施設,レストラン,ホテル,政府関連施設や外国権益施設)にはできるだけ近づかない。
(4)外出の際には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に努める。
(5)海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)
(※)マニラにあるキアポ教会から,奇跡を起こすと信じられている黒いキリスト像が持ち出され,市内を回るという毎年恒例の祭り。

2 以下の情報もご参照ください。
(1)フィリピン「海外安全情報」:
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_013.html#ad-image-0
(2)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(3)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)


[在フィリピン日本国大使館]
電話: (63-2) 551-5710
FAX : (63-2) 551-5780
【メールアドレス】[email protected]
【HP】http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm
【領事窓口申請受付時間(査証申請を除く)】月~金曜 08:40-12:00 及び13:30-16:30

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Pochi
「自己紹介」   甘いもの大好き!
な編集部員です。
美味しい情報を求めて頑張ります♪

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2017年01月04日

世界のオピニオンリーダーとして知られるニュースネットワークのCNNは、2016年を総括する記事として「2016年のアジア圏内における勝者と敗者」を発表しました。その中で、2016年5月にフィリピン大統領選の勝利を収めたドゥテルテ大統領は、「今年の偉大なる勝利者」に選ばれました。

2017年01月04日

2017年の幕開けは、メトロマニラの湾岸エリアで本格的な日本料理を提供しているレストラン、吉祥で美味しい日本食を。
タラバガニやトラフグは、冬の季節メニュー。ホテル・ジェン・マニラ内にあるレストラン、吉祥でも1月より提供を開始しました。この時期、一品料理、定食、ともに、タラバガニやフグを使った料理が中心になります。

2017年01月04日

新年会シーズン、お酒を飲む機会も多いのでは?
自分で運転して出かけたけど、帰りは運転できなくなってしまったら?
そんな時は、ライフライン・レスキューの、ドライバーズ・オン・コール(“Drivers on Call.”)にお電話を!

2017年01月03日

東南アジアを主な活動エリアとしている船舶会社、スタークルーズが、「2017年3月19日から5月28日まで、フィリピンのマニラを拠点とした新たなアジアクルーズを運行する」と発表しました。
客船はスーパースターヴァーゴ。5泊6日のスケジュールで、マニラを出港したのち、フィリピンのルソン島北部ラオアグ、台湾の高雄、香港の3カ所に立ち寄ります。

2017年01月03日

アメリカのテレビチャンネル、ブルームバーグが「2017年、11の新しい食のトレンド」の一つにフィリピン料理を取り上げました。
ブルームバーグの「Pursuit」コーナーでは、ライフスタイルなどに関する情報を発信しています。このコーナーで、来年に流行しそうな食文化のトレンドの一つとして、「フィリピン料理の爆発的人気」が挙げられました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel