HOME > ブログ > フィリピンの鉄道計画、マロロス‐トゥトゥバン間の建設は2019年スタート

イベント情報など、このブログに掲載をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

フィリピンの鉄道計画、マロロス‐トゥトゥバン間の建設は2019年スタート

スポンサードリンク:

2017年03月02日更新

フィリピンの鉄道計画、南北通勤鉄道事業(NSCR)。日本の独立行政法人国際協力機構、JICAがこの計画の北ルートを支援。建設にあたり、フィリピン運輸省は、2018年に競争入札を行う。マロロス市と、マニラのトンド地区にあるトゥトゥバン駅を結ぶ。  

 

 

 

(画像) JICAより

 

通勤時間が2時間からたった35分へ短縮! 

 

10の高架駅を計画していて、早くて安全、快適な通勤が可能となる。ブラカン州からメトロマニラへ通勤している人には朗報だ。

 

ビジネス・ワールドによると;「事業化調査はすでに終了していて、2018年の第一四半期までに、競売入札を行うだろう」そう語るのは、NSCR開発担当者、メンドーサ氏。

 

 

 

 

動画: JICAの詳細なプランを分かりやすく説明したビデオ

 

上記のビデオは、JICA(ジャイカ-Japan International Cooperation Agency)が投稿したもの。北部の路線(マロロス-トゥトゥバン間)は37.9キロメートルで高架駅数は10だ。現在、この区間は、2時間の通勤時間を要しているが、鉄道が開通すれば35分へと大幅に減少される。

 

一方、メトロマニラから、アルバイ州、レガスピ市へ伸びる南部のルートだが、運輸省はすでに事業化調査を開始。現存する路線や、新たな支線案など、合わせて653キロメートルに及ぶ。

 

これには、現存するトゥトゥバン-カランバ線、及び、トゥトゥバン‐レガスピ間の長い事業、更にカランバからバタンガス州へ伸びる支線、レガスピからソルソゴン州、マトノグへと延びる延長線も含まれる。

 

建設工事は、2019年上半期に開始される予定。NSCRの完成、運行は2020年または2021年を見込んでいる。運賃は、自動料金徴収システムを導入する。

 

 

 

 


ページ上に戻る

「ニックネーム」 Sena
「自己紹介」   フィリピン大好き!なインターン生です。
マニラの隠れスポットを探し回っています。
趣味はサーフィンです。

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel