ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > MMDAが、メトロマニラの主要道路で「ウィンドウ・アワーズ」制度を廃止

MMDAが、メトロマニラの主要道路で「ウィンドウ・アワーズ」制度を廃止
2019年04月07日更新
広告
広告

マニラ首都圏開発庁(MMDA)は、3月26日に、ナンバー・コーディング制度に伴う「ウィンドウ・アワーズ*」廃止制度を発表した。廃止は、メトロマニラの総ての主要路線、並びに、マブハイレーンにおいて、即時適用される。

 

 

 

 

*ウィンドウ・アワーズとは、午前10時から午後3時までの時間帯を指し、この時間帯にはカラー・コーディング制度の対象車両でも路線を通行できる、という制度。

 

ナンバー・コーディング制度として知られる正式名称Unified Vehicular Volume Reduction Program (UVVRP)では、総ての車両が対象で、ナンバープレート、或いは仮ナンバーステッカーの末尾数字により定められた特定曜日の午前7時から午後8時までの間、首都圏の主要道路を通行する事ができない。

 

「「ウィンドウズ・アワーズ」制度の廃止について、国道、並びに、マブハイ・レーンとして登録された路線に適用する事を合意した。」と、MMDAのジェネラルマネージャーであるジョジョ・ガルシア(Jojo Garcia)氏は、メトロマニラの17の各自治体代表が出席したミーティングで述べた。

 

ガルシア氏の発言に加え、メトロマニラの各市長で形成されるメトロマニラカウンシル(Metro Manila Council: MMC)のメンバーは、各自治体における既存のナンバー・コーディング制度と交通制度を見直すことにも合意した。

 

この廃止制度が適用される路線は、EDSA、コモンウェルス・アベニュー(Commonwealth Avenue)、ロハス・ブルバード(Roxas Boulevard)、マルコス・ハイウェイ(Marcos Highway)となる。

 

MMDAの交通監視員が該当する国道での違反車輛を取り締まり、また、各自治体では、自治体の監視員が違反車両の取り締まりにあたる。

 

出展:マニラ首都圏開発庁(MMDA)、ビジネス・ワールド

 

 

 

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Pochi
「自己紹介」   甘いもの大好き!
な編集部員です。
美味しい情報を求めて頑張ります♪

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2019年04月05日

オンラインショッピングサイトZaloraでJCBクレジットカードを利用すると、30%OFFプロモを実施中!

2019年04月05日

マカティのパソンタモエクステンションにあるレストランが、アジアベスト50に選出されました!

2019年04月02日

国際熱気球フェスティバル(PIHABF)今年は中止になりましたが、代わりに二つの大規模な熱気球フェスティバルが来る4月に開催されます!

2019年04月02日

中間選挙の選挙運動期間中及び投票日前後にデモや集会が開催される場所への立ち入りはできるだけ避け,公共の場所,公園,ショッピング・モールなど不特定多数の人が集まる場所では常に周囲に注意を払ってください。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel