ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピンの環境NGOと行く フェアトレードコーヒー収穫体験ツアー

フィリピンの環境NGOと行く フェアトレードコーヒー収穫体験ツアー
2015年11月20日更新
広告
広告

フィリピンのNGO団体より体験ツアーの情報をいただきました!

以下に紹介いたします。

 

*********************************************

 

フィリピンルソン島北部にある環境NGO「コーディリエラ・グリーンネットワーク(CGN)」と行くフェアトレードコーヒー収穫ツアー

 

 

マニラから北上すること約6時間、バギオから北に入った山岳地方は実はおいしいコーヒーの一大産地。

 

皆さんは、普段飲んでいるコーヒーがどのように収穫・加工・生産されているかご存知ですか?今回のツアーでは、コーヒー農家さんと一緒に収穫後の皮むきや、CGNスタッフと一緒にコーヒー生産の過程を体験していただきます。

 

観光ではなかなか訪れないフィリピンの山岳地方で、先住民の暮らし、そして環境を守るNGOのツアーに参加してみませんか?

 

23日ツアー(収穫、加工、手焙煎、味比べ、バギオ観光付き)

 

[日程] 

2015年12月16日(水)~ 12月18日(金)

2016年1月16日(土)~ 1月18日(月)

 

[参加費用]

8,200ペソ (宿泊費、食費、ジプニー借料、農家さんとの昼食、コーディネート費込み)

 

[集合/解散場所]

TALA シェア&ゲストハウス

(住所 : 25 J.Felipe Street, Gibraltar, Baguio City, 2600 Philippines )

 

[持ち物] 飲料水、酔い止め薬、虫よけスプレー、帽子・長袖推奨

 

☆2泊3日ツアーに参加の方には、CGNが日本でも販売しているフェアトレードコーヒーKapi Tako(200g)をプレゼント

 

 

ツアーの詳細はこちら http://goo.gl/KfnM5W

お申し込み・お問い合わせは [email protected] まで。

コーヒーツアー受け入れ団体 :

フィリピンの環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(Cordillera Green Network=CGN)」

 2001年にルソン島北部のバギオ市に設立されたフィリピンの環境NGO。代表は日本人の反町眞理子。山岳地方の環境保全活動を行いながら、環境に負荷を与えない方法で先住民族の暮らしの改善のために活動しています。植林、有機農業指導、大学生のための奨学金サポート、環境教育とともに、先住民族の自立のためのコーヒーの森林農法(アグロフォレストリー)による栽培指導とフェアトレードのサポートを行っています。

CGNのホームページ : http://cordigreen.jimdo.com/

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Mae-chan
「自己紹介」   プライマーの営業担当!
ラグビー歴15年。
高いところが苦手です!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2015年11月16日

先日ANAが、18日(水)~20日(金)「マニラ発成田行き」の便の出発時刻を
30分早めた、とお伝えしましたが、再度フライトの時間が変更となる見込みです。

2015年11月14日

2016年1月3日(日)、モール・オブ・アジアのグラウンドで、マラソンイベント「Color Manila Run 2016」が開催されます。

2015年11月14日

グラブ・タクシーがフィリピンで、新サービスをテストスタート。タクシーではなく「バイク」が利用客を迎えに来てくれる「Grab Bike (グラブ・バイク)」。

2015年11月14日

今回で第8回を迎える、お昼休みに勉強できるBDOジャパンデスクの「ランチタイムセミナー」シリーズ!11月25日(水) 午後12時(正午)に開催されます。

2015年11月14日

マニラで開催される「APEC首脳・閣僚会議」に伴い、ANAが、11月18日(水)~20日(金)の「マニラ発成田行き」の便の一部の出発時刻を変更すると発表。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel