HOME > 求人情報 > 就職者の声 > 就職→転職も経験。「女性に優しい国、フィリピン」

就職者の声

就職→転職も経験。「女性に優しい国、フィリピン」

名前:R . K (33歳)

業種:運送業

職種:総合職

1. フィリピン就職への道のり

海外で仕事をしたいという夢が諦めきれず、このフィリピンに来たのが2008年の4月。3ヶ月間、マニラのマガリアーネスにある語学学校に行きながら、就職活動を始めました。やはりインターネットで探すのが一番と思い、「日本語、日本人」で検索して、片っ端から履歴書を送りました。英語の履歴書の作成は語学学校の先生が手伝ってくれました。


日本人女性というのが珍しいのか、職種を選んでなかったせいなのか、思っていたより面接の連絡はきました。しかし、2次3次面接の連絡がくるのが非常に遅い、不合格だと連絡がこない、地理が分らないので会社に行くのが大変など、日本のようにはうまくいかない点は多々ありました。1ヶ月半くらいの間で7,8社の面接後、人材派遣会社を通して日系企業への就職が決まりました。あくまでも一般的な話ですが、日系企業の方が他国の外資系よりお給料は良いそうです。




2. フィリピンでの転職活動

がしかし、3ヶ月後いろいろと複雑な事情でその会社を辞めることとなり、就職活動再開となりました。今回は働きながらなので、時間があまり取れない、年末が近いということもあり前回のようには見つからず、日本のサイトでも検索を始めました。すると、このフィリピンプライマーがあり、履歴書を送るとすぐに面接の連絡があり、現在の会社に採用が決まりました。今回は約1ヶ月間で、3社の面接を受けました。




3. フィリピンへの就職・転職を考えている人へのメッセージ

私から、フィリピンで働きたい方にアドバイスしたいことは、3点。
まず、英語。日常会話程度はできないと、就職の際はもちろん、生活する上でも困ります。
そして、2,3ヶ月生活をしてみること。語学学校に行くのは非常にお勧めです。月謝は安く、質も良いです。また、マンツーマンの授業が受けられます。どこの学校でも生徒はほとんど韓国人で、日本語を話す機会がないため語学力が伸びるのは間違いないです。時間があるときにいろいろなところに出掛けると土地勘が養えます。その間就職活動もできます。3点目は、お金です。やはり貯えは必要かと思います。どのように生活するかにもよりますが、ある程度は蓄えておきましょう。


フィリピン人は非常に親切で、特に友人にはこの上ないhospitalityを示してくれます。同僚もいろいろな点で助けてくれますし、特に女性には非常にやさしいですよ。
私も海外で働きたい!という方、ご連絡下さい。

就職者の声TOP

ページ上に戻る



フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Google+