ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > 上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第19回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第19回

新ハーフスイングは上達の宝庫だった

1ヵ月続けたらフルショットが見違える

 

1.右太モモを寄せていく

下半身を使う事で手打ちを防ぐ

ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる

 

2.腕とクラブの角度は120度

トップとフィニッシュでは、腕とクラブでできる角度が120度よりも大きくなったり、小さくなるのはNG。手首や腕が曲がるとスイング中のスピード感が緩みやすい。前後の形を決めてくことでインパクトゾーンの動きを安定させられる

 

3.トップで左手首を折らない

トップでは左手首を真っすぐにキープする。左手首が甲側や手のヒラ側に折れると、インパクト前後でヘッドが減速してしまう。アドレスしたときの、手首の角度が相変わらずにスイングできれば、球筋は理想的なドローになる。

 

厚くて長いインパクトで当たり負けなし

ショートスイングは最新クラブにこそ必要

インパクトがゾーンになればどんなクラブもコントロールできる

 

短いシャフトに、ストロングロフト。最新のクラブ はこの傾向が顕著と感じる。シャフトが短いと本来 は球を上げやすいのだが、ロフトが立っているため 、ボールが上がらず、グリーンで止まらない。  一方で、欧米のツアープロたちはより高弾道のボ ールを打つようになってきた。これはヘッドの軽量 化による恩恵だが、プロに比べ、アマチュアはその 進化を享受できていないのが現実である。
 ヘッドの軽いクラブは、フォローで腕をたたむと、 ボールが失速してしまう。昔であれば、パンチショッ トの要領で、低い弾道から強い球を打つことができ た。だが、アマチュアが最新のクラブで同じ打ち方 をしても、ボールは途中で失速する。その飛び様に は旅客機と戦闘機ほどの違いがあるのだ。  ここでもショートスイングが必要になる。インパク トを厚く、ゾーンでとらえることで、球をしっかり押さ え込みつつ、無用な吹き上がりも防げるのだ。

 

インパクトゾーンはこんなに長くなる

アマチュアが最新クラブの恩恵を受けられないのは、インパクトが"点"だから。ショートスイングでインパクトが"点"から"ソーン"になると、ボールにパワーを集約できて、最新のクラブも打ちこなせるようになるのだ

 

このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

 

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel