ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第13回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第13回
広告
広告

松山英樹は11度!
フットワークを使うと インパクトで右に傾く!

これができれば距離も方向性も出る!




松山英樹のインパクト直前の写真には、フットワークを使っている証拠が表れている。頭の位置は動かないが、お尻が大きく左にスライドして背骨が右に傾いているのだ


固定概念がフットワークを阻害する

「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。アドレスで右に2度傾いていた背骨が、インパクトでは11度傾いています。首の付け根の位置は変わりません、それだけお尻を左に移動させているんです。これはインサイドから強くボールを押すために必須の動きで、ヒップスライドといいます。右に傾いてはいけないと思っていると、フットワークが使えないのです」


壁に腰をぶつけてヒップスライドを体感

左足の外側に壁をくっつけて、首の付け根を動かさないように、腰をぶつけてみよう。ヒップスライドの大きさを体感できる


やや右に傾いて構える

右手は左手よりも指4本分、下を握っているため、やや右に傾くのが自然。松山は2度傾いている


右腰を止めたまま回る

正面から見て右腰の位置を止めたまま、体の重心を右に寄せて捻転する。ほぼ軸は動かない


プロはヒップスライドして

松山は左にヒップスライドして、背骨が右に11度傾く。松山は少ない方で、ローリー・マキロイは15度傾く


「GEARS」で体の動きを測定

体の動きとクラブの動きをモーションキャプチャーで3次元的に解析できる世界最先端の測定器。スイングが丸ハダカになる



このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

ダウンで腹筋を使うためのコツがあると今野は言う。「体重移動がポイントです。トップで右足に乗った体重をインパクトに向かって左足に移行しますが、厳密には体重はインパクト後にもう一度右足に戻ります。この動きをすることで、腹筋が使えて伸び上がらなくなります」
バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。
手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

上達への近道!ALBAゴルフ
強すぎるグリッププレッシャーはヘッドの走りを妨げて、振り遅れの原因になる。永峯咲希は、ショット直前に右手を脱力させることでショットの安定感を高めているという。

その他

南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
クラークの工場で月に81万本のタイヤを生産する能力を有する横浜ゴム株式会社(以下 「ヨコハマタイヤ」という。 ) 。フィリピン国 外にも広く輸出。タイヤは乗員の生命を預かる役目も担っているからこそ、ジャパンクオリティの高品質なタイヤをフィリピンの方にもお届けしたい。そんな想いを持つ、YOKOHAMA TIRE SALES PHILIPPINES INC. の針山さんにお話しを伺いました。
タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。
2016年ももう終わりですねぇ。2017年はどんな年になるのでしょうか!?という事で今回僕たちは2017年の運勢を見てもらうべくフィリピンの占いに行って来ました!
現在、外資の参入を制限するネガティブリストの最新版の公表が待たれているところですが、大きな流れとしては外資規制が緩和されていく方向にあると言えそうです。これまで外資規制があったために60/40法人としてフィリピンに進出した企業も多く、外資規制がなくなった場合にはローカルパートナーから株式を譲り受け、独資100%となりたいと考えている会社も多いのではないかと思います。
『フィリピンで犯罪があった場合の手続って?』
今回はフィリピンの刑事手続についてお話しさせていただきます。
『労働組合ができそうな場合の対処方法』先月号まではいろいろな事例に基づき、従業員を解雇する ことができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフ...続きを読む
改正された会社法で認められた一人会社とはどのような会社ですか?
今回は「釣った魚を食べてみよう!」です。いつもは、釣った魚はリリースするか現地の人に上げたりしていますが、今回は食べてみる事にしました!釣りをした場所は以前何回か紹介した、スターシティーの近くのマニラ湾です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel