ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > 上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第7回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第7回
広告
広告

アイアン5番でしっかり!キャリーを出す




風船に当たらないように左肩を回す!

最近のキャビティアイアンレベルに打った方が飛ぶ


○ 理想はボールをクリーンに打つことです


× 上から打ち込むと飛びません


× 右肩が上がるとあおり打ちになる



左肩が上がらないように回るとレベルに打てる

左肩の上に風船をイメージ。風船に左肩が当たらないようにと腰と肩を回転させると、ヘッドの軌道はレベルブローとなる



「左肩を意識すると手打ちにならずに高さとキャリーが出せます」


キャリーを出すレベル

レベルブロー


キレのあるアイアンショットを軸にゴルフを組み立てる有村智恵は、「上から打つ意識は必要ない」と言い切る。レベルブローにボールをとらえるポイントとは?


肩や腰全体を回す意識を持つことで、体の回転が止まらず、レベルブローに打てる


手で当てにいくとあおり打ちになる


アイアンの意識はレベルブロー。理想はターフを取らずに、クリーンにボールをとらえることです。
でも、ボールを最後までしっかり見ようとする意識が強いと、体が止まって手打ちになる。左肩が上がってあおり打ちになりやすいんです。
なので私は、左肩が上がらないように腰と肩を回す意識を持っています。
左肩の上に風船をイメージして、当たらないように振るんです。すると、上からぶつけたり、下からあおったりする動きはなくなります。球を上げたい時ほど手で何かしようとせず、左肩を回転させる。これが高さとキャリーを出す秘訣ですよ。



このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
右への移動を減らしてその場で回転スイングにチェンジ!昨年のスイングと比較すると、その違いはより明確になる。体を揺さぶる動きが消え、スムーズで効率的に進化した。
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
アイアンはダウンブローに打つ。その本質は変わらないが、クラブの進化で打ち方は全く違ってきた。
今の主流はゆるやかに上から打ち込み、ターフを取らないダウンブロー。最新ギアを生かし、どんなライにも対応できる打ち方だ。
強すぎるグリッププレッシャーはヘッドの走りを妨げて、振り遅れの原因になる。永峯咲希は、ショット直前に右手を脱力させることでショットの安定感を高めているという。

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。

その他

今回の食材 ●DILIS (ローカル煮干し)
乾物でお手軽おつまみ DILISの佃煮風
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
右や左へ大きく曲がり、ボギーや素ダボが止まらない。そんな変わり映えのしないゴルフから「そろそろ卒業したい!」と思うならショット力の強化が欠かせない。素ダボ連発のベスト92の実力でも、1か月で80は切れる!13打縮める、夢の最短ルートをご紹介!!
フィリピンにあって日本に無いフルーツはたくさんありますが、中でも今回は「酸っぱいフルーツ」を食べてみました。 フィリピンで酸っぱいフルーツといったら「カラマンシー」が浮かぶと思いますがカラマンシー以外にもあるんです!
マニラで15年に渡り飲食業を営む瀬戸氏に、フィリピンにおける飲食ビジネスの現状と、展開されるフランチャイズ事業について直撃取材!! 第二弾
年末年始、僕たちHPN3は仕事の為日本に帰らせてもらいました。 知り合いのフィリピンの方に 「日本に帰るけどお土産何が欲しい?」と聞いたところ 第1位は「日清のシーフードヌードル」でした。
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?
今回は昨年11月以降巷をにぎわせているマニラ空港での銃弾恐喝事件(Tanim Bala)に関連して、従業員が事件に巻き込まれたときにどうすればいいかについてお話しいたします。
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel