ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第14回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第14回
広告
広告

ヘッドスピードが5m/s上がった!
真実のインパクト




打った後に体重は右に戻る

ダウンで腹筋を使うためのコツがあると今野は言う。「体重移動がポイントです。トップで右足に乗った体重をインパクトに向かって左足に移行しますが、厳密には体重はインパクト後にもう一度右足に戻ります。この動きをすることで、腹筋が使えて伸び上がらなくなります」
なるほど、たしかに左に突っ込みっぱなしだと体は伸び上がってしまうというのはわかる。「また、インパクトでは左ツマ先に踏み込むこと。胸が開かずにクラブを下ろせるようになりますよ」


腹筋を使うコツ

体重移動は右、左からの右なんです


フォローで右に戻ることでクラブの遠心力とのバランスがとれ、パワーが逃げない

体の右側でパワーをためる


× 右ヒザを前に出さない


右ヒザがボールに近づくと腹筋に力を込められない


○ 


右ヒザは左足に寄せるように使おう。前傾を保ちやすい


ためたパワーを左足で受け止める


左ツマ先に踏み込むと胸が開かず腹筋が使える


左足に体重を乗せる時はツマ先側に踏み込むと胸の開きが抑えられて、体の正面でボールをとらえることができる


右に戻ることで腹筋が使えて伸び上がらない


左に突っ込むと体が伸び上がる


単純に右から左へのヨコ移動だと、力が球に伝えられない



このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。
手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

上達への近道!ALBAゴルフ
「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回はフィリピンのおやつの定番『バロット』に挑戦してきました。皆さんバロットをご存知でしょうか?
フィリピンで生活する上で気をつけなくてはいけない事の一つに狂犬病があります。狂犬病とは狂犬病ウイルスを持ったイヌ、ネコ、コウモリなどに噛まれり引っ掻かれた時に傷口から侵入し、発症すればほぼ100%死ぬ病気らしいです。恐ろしすぎます。
僕たちには仲間がいます! タイ住みます芸人、ベトナム住みます芸人、マレーシア住みます芸人、台湾住みます芸人、インドネシア住みます芸人です。 みんなそれぞれの地域で活動しています!
前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させていただいております。今回は事業の売却の方法についてお話しいたします。
20代前半で環境問題を意識し、27歳で世界一の電気自動車メーカーを作ろうと起業。現在は大気汚染やさまざまな問題を抱えるフィリピンで、電動トライシクルを普及させるべく奮闘している中島さん。
おやつが大好きなフィリピンにはたくさんの甘いスイーツがあります! クリスマスシーズンになると街中でPuto bumbong屋台が出没してきます! Puto bumbongとは紫の餅にココナッツや砂糖をまぶして食べるものです。 今回はこのPuto bumbong作りと販売のお手伝いをしてきました!
授業動画を使って塾に行くよりも格段に安く学習できる方法が日本でも話題になっている。その仕組みをフィリピンの学校の授業にも取り入れているのがQuipper。
年末年始、僕たちHPN3は仕事の為日本に帰らせてもらいました。 知り合いのフィリピンの方に 「日本に帰るけどお土産何が欲しい?」と聞いたところ 第1位は「日清のシーフードヌードル」でした。
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel