ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第15回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第15回
広告
広告

動作分析の専門家が太鼓判

骨盤を止めずに回すからスイングの再現性が高い

田村尚之とローリー・マキロイ。ふたりの対照的なスイングを動作分析の観点から比較。
ネジらず体を回すことの効率性の高さが見えてきたぞ。



ネジらず体を回すから楽にボールを飛ばせる

田村尚之



マキロイと同じくアドレスでの股関節の角度は45度。ややカカト体重の脱力した構えで、力まず体を回せる形を作っている



骨盤ごと回転し、ヒザが伸びるから股関節の角度が小さくなる。体を大きく回しつつ、負荷を最小限にする動き



ベタ足のまま、ヒザから上でクルッと体全体を回している。股関節も積極的に動かすことで、体への負担を軽減。
それでいて、回転によってパワーが生まれるので飛距離も出る



インパクトにかけて、股関節とヒザが同じ角度に戻っていく。角度の変化は大きいが、軸に対するズレがないので、再現性の高い動きができる



腰を止めないから筋力は必要ない


バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。後方から比較するとよくわかりますが、マキロイは股関節の角度があまり変わりませんが、田村さんは股関節 やヒザの角度が大きく変化します。我慢させな いことで体への負担が減る。しかも、シンプルな動きなので再現性が高くなる。筋力のないアマチュア向きの振り方ですね。


股関節を固めず、むしろ大きく動かし体全体で回転。体に負担がかからず、軸もブレてないから再現性が高い


軸を体の中心に保ってクルッと回る



ネジる力で飛ばせるが体にかかる負担も大きい

ローリー・マキロイ

体重移動がほとんどない田村のスイング。クラブを体の中心に保ちつつ、クルッと大きく回転していく。シンプルな動きで、フェース開閉もしないから、常に安定したインパクトでボールを飛ばせる



ややツマ先体重のアドレスで、股関節の角度は45度。この角度がもっともスムーズに動き出せる態勢だ

骨盤の動きを抑え、前傾角を保つマキロイ。背骨を中心に体をネジってパワーを生むが、その分、ワキ腹などに大きな負担がかかる。日々の筋トレとケアが必要不可欠なスイング



肩は大きく回っているが、股関節もヒザの角度も変化は小さい。下半身の動きを抑えて、上体を強くネジってパワーをためている


週3回、筋トレできない人はマキロイの振りはあきらめて!


股関節の角度をキープしつつ、ヒザの角度が大きい。下半身からリードして強烈にネジれ戻している。パワーが出る一方で、体への負荷も大きい



このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
フォローでヘッドに引っ張られるように体を回転させる。ハンマー投げのイメージでヘッドの遠心力にまかせて手首を返し、ヘッドを動かしたい方向へ走らそう

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

上達への近道!ALBAゴルフ
ダウンで腹筋を使うためのコツがあると今野は言う。「体重移動がポイントです。トップで右足に乗った体重をインパクトに向かって左足に移行しますが、厳密には体重はインパクト後にもう一度右足に戻ります。この動きをすることで、腹筋が使えて伸び上がらなくなります」

その他

今回は「バロットを克服しよう!」です。 フィリピンに住み始めてからはや2年、もう色々な事に慣れ始めてフィリピン生活においてなんの不自由も無くなってきました。 フィリピンに来た当初は現地に馴染もうと屋台のトロトロだったり食べていましたが、今はフィリピン料理も時々しか食べなくなってしまいました、、
フィリピン全土に支店を展開し、リース、ファイナンスを中心としたビジネスを展開するオリックスのDirector、 佐藤文彦さんにお話をお聞きしました。
特許侵害事件で賠償金90億円って本当なの? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
マニラで15年に渡り飲食業を営む瀬戸氏に、フィリピンにおける飲食ビジネスの現状と、展開されるフランチャイズ事業について直撃取材!! 第二弾
今回は「フィリピンのお墓参りに行ってきました」です! 日本のお盆は8月ですが、フィリピンは11月1日だそうです。 家族、親せきがお墓に集まり、 食べ物や飲み物を持ち寄り、おしゃべりをしたり、みんなで楽しく過ごすのがフィリピン流のお盆の過ごし方みたいです!
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
みなさん、こんにちは。 フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。 今回はクバオにある、Bengal Brew Wolf and Bearに行って来ました! ここでは高級な犬、猫達と触れ合えます! 猫&犬カフェです!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel