ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第16回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第16回
広告
広告

飛距離が伸びるダウンの形見つけたぞ

左が下がると右が立つ

右肩を低く動かせれば、クラブは経って下りてくる。逆に左肩が上がると、クラブは下がる。つまりタメがほどけてしまう


1.左肩を低く動かすドリル

体の右サイドで両手をパチンと打つ

右足前で両手を揃えたスタートポジションから右手だけトップへ。ダウンで左手へピタリと戻れば左肩は低く動いている。もとに戻らなければ左肩が上がっている証拠だ。

 

大事なのは切り返し 左肩をアゴから離すとクラブが立って下りてくる

〖左肩とクラブは天秤の関係で動く〗

左肩が上がらなければタメは簡単にできる

手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。切り返しで左肩が上がってしまうと、クラブは下がる。つまり、リリースしてしまうんです」左肩を上げないと言われても、なんとも難しそう……。「切り返しで左肩をアゴから離せばいいんです。そうすれば左肩は低く動きクラブが立って、腕とクラブの角度が保てます。つまり、左肩とクラブは天秤の関係、タメられるかどうかは、左肩次第なんです」

 

2.左肩を低く動かすドリル

超オープンスタンスで背面打ち

真左の置いたボールを背中倒に打ってみよう左にある分、大袈裟な動きが必要で「左肩を低く動かす」を体感できる。左肩が上がるとボールに届かない

 

3.左肩を低く動かすドリル

正面でクラブを立てる水平素振り

水平素振りも体の正面でしっかりとクラブを立て、左ワキの締まりを感じられれば左肩が低く動かせているということに。ヘッドは水平に、手元はV字に動かそう

 

このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
フォローでヘッドに引っ張られるように体を回転させる。ハンマー投げのイメージでヘッドの遠心力にまかせて手首を返し、ヘッドを動かしたい方向へ走らそう
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

上達への近道!ALBAゴルフ
バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。

その他

『フィリピンで犯罪があった場合の手続って?』
今回はフィリピンの刑事手続についてお話しさせていただきます。
2016年ももう終わりですねぇ。2017年はどんな年になるのでしょうか!?という事で今回僕たちは2017年の運勢を見てもらうべくフィリピンの占いに行って来ました!
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。
今回は「バロットを克服しよう!」です。 フィリピンに住み始めてからはや2年、もう色々な事に慣れ始めてフィリピン生活においてなんの不自由も無くなってきました。 フィリピンに来た当初は現地に馴染もうと屋台のトロトロだったり食べていましたが、今はフィリピン料理も時々しか食べなくなってしまいました、、
フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。
フィリピンで知らない人のいないサンミゲルビール。その大株主として日本のキリンビールから赴任されている代野さんに、両社の提携の経緯などについてお話をうかがいました。
今月はCanlubang Golf & Country Club (カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ)。日本人会コンペを始め各種コンペ会場としての利用されることも多いので日本人には馴染み深いコースです。
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。
今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel