ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第17回 Arbyのフィリッピン日和

第17回 Arbyのフィリッピン日和
広告
広告

第17回 『 いろはにフィリピン』


 読者の皆様、こんにちは。アシスタジアでセク レタリーをしているArbyです。皆さん知ってのと おりArbyの会社は日系のCG制作会社。ボスがき た3年前に比べて色々な日系企業がフィリピンに 来ていて、街中で日本のブランドを見かける事が 増えた気がする。先日のラーメン屋以外にも、 牛角、新宿さぼてん、和民、無印良品、UNIQLO と 日本では有名な企業をフィリピンで見かけるよう になってきた。今回はそんな日本ブランドについ てボスと話した時の事を書こうと思います。

一昔前までの日系のお店なんてKTV とMakati の Little Tokyo ぐらいのイメージしかなかった。ブラ ンドというより日本人がやってるお店って感じだ ね。後は車とか電化製品ぐらい。工場以外で日本 の有名な企業が、フィリピンに来ることなんてあ まりなかったよ。でも最近は日系企業の進出で、そ んなイメージもだいぶ変わってきた気がする。 先日、ネットでニュースを見てたらGlorietta に なんとFamilyMartがOPEN するって言うじゃない。 「日本のオニギリが食べたいなー」って言ったら、 それを聞いてたボスと一緒に行く事になったん だ。FamilyMartに入ったら突然ボスが立ち止まる。 「ファミマの曲が流れない」とか言い出した。

「ファミファミファミーマ、ファミファミマー♪ って曲知らない?」って口ずさむ。あーそんな曲 が流れてたような…。でもオニギリを食べたい Arbyにはそんなことは関係ない。早速オニギリを 買って店内で食べてたら、ボスはまだファミマの 曲ってのを歌ってる。なんでも入店した時に流れ るらしい。という話をしていたら日本に居た時の Arbyの家のチャイムも同じ曲だったのを思い出し た。ボスはファミマの曲だって言い張るんだけど、 ネットで調べたらPanasonic 製のチャイムの曲な んだそうだ。これにはボスも驚いてたね。

話が脱線したけど、肝心のオニギリはArbyの大 好きなツナマヨ!嬉しくて2つも食べちゃった。 他にも寿司や弁当、日本のお菓子や酒も売ってたよ。 気軽に日本食が買えるのは本当に便利。こうやって 日本ブランドが増えて便利になるのは嬉しいね。 いつか日本のコンビニぐらい便利なって欲しいよ。 でもボスはちょっと寂しそうに「フィリピンらし い面白さがなくなってきたなぁ」って言ってた。  ボスが口ずさんでいたファミマの曲。何度も聞 かされたから頭の中で鳴りっぱなしだよ。だから こんな歌詞で歌うことにした。「アビアビアビーの フィリピンびよりー♪」。それではArby でした。

広告
広告
広告

Arbyのフィリッピン日和

日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

Arbyのフィリッピン日和 一つ前のコラムを見る

Arbyのフィリッピン日和
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

その他

フィリピンの危機的状況にいる子どもたちの支援をしているNPO法人ICANマニラ事務所でスタディツアー、研修事業、国際理解教育、資金調達を担当しています。スタディツアー、研修においては、日本からフィリピンの現状について学びたい人を募集し、ICANが実際に活動している事業地に案内します。
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
今回は「ビジータイグレシアをしてきました!」です! ビジータイグレシアって何の事やらですよね、僕も全く知りませんでした。フィリピンではホーリーウィークの事をセマナサンタと言い、セマナサンタに行われる教会巡りの事をビジータイグレシアと言います。
今回は「釣った魚を食べてみよう!」です。いつもは、釣った魚はリリースするか現地の人に上げたりしていますが、今回は食べてみる事にしました!釣りをした場所は以前何回か紹介した、スターシティーの近くのマニラ湾です。
『フィリピンで犯罪があった場合の手続って?』
今回はフィリピンの刑事手続についてお話しさせていただきます。
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
フィリピンにあって日本に無いフルーツはたくさんありますが、中でも今回は「酸っぱいフルーツ」を食べてみました。 フィリピンで酸っぱいフルーツといったら「カラマンシー」が浮かぶと思いますがカラマンシー以外にもあるんです!
バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel