ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第10回 Arbyのフィリッピン日和

第10回 Arbyのフィリッピン日和
広告
広告

 こんにちは!アシスタジアのセクレタリー、Arbyです。 この間、フィリピンの観光省が去年の外国人観光客は過去最高を記録し、 そのうち日本人は37万5千人だって言ってた。アシスタジアへ視察に来てくれた 日本のお客さんを市内観光へ連れて行ってるから、 Arby達も多少はフィリピン観光省に協力してるね! なんてボスと話をした時のことについて書こうと思います。

 観光省の話だと日本からの観光客は全体の 約10%。今年フィリピンが目標としている観光客数が450万人だから、 日本からは45万人来て欲しいみたい。Arbyは日本に対して人口が多いイメージがあったから 「フィリピンのイメージが良くなれば、すぐ45万人くらい来ちゃうよね?」 ってボスに聞いたんだ。そしたらボスは少し真面目な顔をして 「日本人は減り続けているから、そんなに簡単じゃないかもなー」って言うんだ。

ちょっと気になったからインターネットで調べたら、その結果に驚いたよ。 今から17年前の1995年。まだボスがゲーム会社で働いていた頃の日本人口は凄く多かった。 当時のフィリピンよりも5千万人も多い1億2千5百万! ところがここから日本の人口はピークを過ぎ、 2023年にはフィリピンの人口と同じ位になるらしい。

しかも2050年には「比:日=1.7億:1億」と人口比率が逆転どころじゃなくなっちゃうんだって。 これは当然将来の予想なんだけど、 「このままだと間違いなく現実となって日本の国力は下がるだろうな」 と少し寂しそうにボスが言ってたよ。 ちょっと暗くなっちゃったからArbyが、 「世界人口は2050年に90億人を突破するらしいから、パーティーの回数は増えるね!」って言ったらボスが、 「その時の日本は約4割が高齢者で平均年齢は50過ぎ。パーティーなんてデキるのか?」と笑いながら答えたね。

 この問題に大きく関与している出生率の低下原因は解らないけど、 Arby も大好きな日本の元気が無くなるのなら、それはとても悲しい事だと思ったね。 今回は日本のボスと働くArby 自身がフィリピンとの違いを考える良いキッカケになった。 Arby にとって日本はとても大事な国。 当然日本の仕事をしているからというのもあるけど、 また行きたいと思う程に日本が好き。今すぐには良い手段は浮かばないけど、 マニラの観光大使として勝手に頑張るよ。 今回は真面目な話をして頭痛がするので気分転換&下調べとして今からパーティーに行ってくるね!Arbyでした。    

広告
広告
広告

Arbyのフィリッピン日和

日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

Arbyのフィリッピン日和 一つ前のコラムを見る

Arbyのフィリッピン日和
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

その他

新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
前回に引き続き筆者独断のゴルフ場ランキングを紹介させて頂きたいと思います。 今回はメンバーになりたいコース・ランキングです。それぞれのコースに共通するのは初心者から上級者までが楽しめるということで選ばせて頂きました。
オンラインファッションポータルサイトとして、ASEANにて不動の地位を確立しているザローラ。フィリピンアパレル業界に衝撃を与えたデビューから4年が経った今、見据えているビジョンとは一体どんなものでしょうか。今回は、ZALORA PHILIPPINES共同出資者でCEOのPaulo Campos III氏に今後の展望についてお話をうかがいました。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 1 】 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
今回はフィリピンでの車の運転です。 前に初めてフィリピンで車を運転した動画を出したのですが、その時は久しぶりのマニュアル車に戸惑い公道に出ることなく終わってしまったのですが あれから半年、、
住友商事と比大手財閥ロペスグループが共同で開発・運営するバタンガスの工業団地、「ファースト・フィリピン・インダストリアル・パーク」の福田繁夫さんにお話をお聞きしました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です。今回は「大盛り激辛ヌードルチャレンジ」です。今回は更にハードルを上げて、ラーメン5個にチャレンジ!
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。
ミニ四駆をフィリピンで初めて早2カ月!最近では小さなミニ四駆の大会では二位になったりとだんだん自分のマシンが速くなってきたので、今回は!フィリピンで一番大きいであろうマカティのグロリエッタで開催されているブリキヤードカップに出場しました!!
5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel