ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第12回 Arbyのフィリッピン日和

第12回 Arbyのフィリッピン日和
広告
広告

第12回 『カンパニーパーティー』


読者の皆様、こんにちは。アシスタジアで セクレタリーをしているArbyです。フィリピンで の生活に馴染みすぎたボスは街中でタガログ語で 話し掛けられる程にまで成長。でもタガログ語は 得意じゃないから英語で答えると「あなたPINOY じゃないの!?」と驚かれるらしい。今回はそんな ボスの変化について書こうと思います。今やフィリピンにすっかり馴染んだボスも、 日本では普通のサラリーマンだった。その頃に 培った経験や知識を土台にアシスタジアを運営し ているからArbyの会社は日本スタイルと言っても 良いと思う。だけど、その日本スタイルは今まで のフィリピンには無い物だったから、Arbyも含め スタッフ全員が「日本人は何でそんなに細かいの?」 と驚いてたっけ。

そんなわけで最初はボスに怒ら れてばかりだったけど継続は力なり。今でも 「更に上を目指せ」と言われるけれど、みんな随分 と責任感が強くなった気がする。これは異文化 交流によって生まれた良い効果だったなと思う。逆に純日本人のボスはフィリピン文化に何度も 驚かされたみたい。日本だとクリスマスは当然 冬で雪が降る程に寒い。だから室内で家族や友達、 またはガールフレンドと過ごすのが一般的らしい んだけど、

フィリピンで過ごした初めてのクリス マスでは薄着の若者が大勢で、しかも路上で 椅子取りゲームをしてる姿を見たとか。「日本で は、あまりパーティーという文化が浸透していな い、とはいえ新鮮だった」ってボスが言ってたよ。 そこでArby達はパーティーの楽しさを知って貰う 為に、カンパニーパーティーを催したんだ。最初 はパーティーの雰囲気に馴染めず手持ち無沙汰な 感じだったけど、スタッフと歌ったり遊んでいた らアッという間に溶け込んでいたよ。その時 Arby は思ったね。

これでボスはフィリピンなら どこのパーティーに出ても大丈夫だ! ってね。 それからは色々な人と知り合えるパーティーへ積 極的に参加するようになった。新しい出会いから 新しいビジネスが生まれる事もあるから絶対に 良い事だよね。今となってはボス自ら率先して パーティーを企画してる。司会はスタッフに任せ る事が多いんだけど、その時に笑顔で色々な人と 話をしているボスを見るとArbyは嬉しくなるよ。  今回の話は違う文化が一つになる事で生まれた 相乗効果のサンプル話だと思います。まだまだ他 にも沢山エピソードがあるので、これからも宜し くお願いしますね。Arby でした。

広告
広告
広告

Arbyのフィリッピン日和

日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

Arbyのフィリッピン日和 一つ前のコラムを見る

Arbyのフィリッピン日和
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

その他

今回も僕たちは子供達と遊んできました!ですが今回は流行ってる遊びではなく、古くからある遊びです。なんとフィリピンには日本と同じ子供の遊びがたくさんあります。例えば「じゃんけん」。掛け声は違いますがフィリピンにもあります。そして「かくれんぼ」。これは「Taguan(タグアン)」という名前であります。
フィリピンの文化に根付いた実用的で、高品質の家電を提供し続けたパナソニック。その大きな船の舵取りを担う林さんは節目の今年、パナソニックビューティーの販売にも力を入れ生活家電から次のステップへ。フィリピンの経済成長の波にのり、新たなパナソニックの歴史を刻んでいきます。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
こんにちは、ハポンスリーの井上です。 フィリピン料理をもっと日本人に知ってほしい!! という事で、今回ご紹介するフィリピン料理は、、、paresです! Paresは甘辛いタレに柔らかく煮た牛肉が入っている料理です。
比国に進出して50年以上、比国をASEAN地域における中核市場として位置づける「ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション」社長の柴田彦三郎さんにお話を伺いました
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。
今回は「マニラの英語学校ベーシックイングリッシュキャンプに行きました。」です!フィリピンで英語学校、留学と聞くとセブ島なとを想像するかもしれませんがマニラにもあるんです!
モールオブアジアに待望のユニクロ1号店がオープンしました。今回は、ユニクロのグローバル・ワンを浸透させるため奔走された久保田勝美最高執行責任者(COO)にお話を聞きました
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel