ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第二回ビジネス烈伝/マニラ日本人会診療所 菊地宏久医師

第二回ビジネス烈伝/マニラ日本人会診療所 菊地宏久医師
広告
広告

第2回 「患者さんと共に」

ビジネスパーソン:マニラ日本人会診療所 メディカルアドバイザー 菊地宏久医師

座右の銘は「メビウスの帯」

 

 

 菊地宏久医師

  福島県出身。青年海外協力隊の数学教員として1980年、フィリピンに派遣される。フィリピン人医師との出会いが機となり、帰国後は高知医科大学、東京大学大学院で医学を学ぶ。海外邦人医療基金の派遣で2004年~2007の間ジャカルタにて医療活動に従事。インドネシアでのテロや大地震の体験を通し災害医療の重要さを実感する。東日本大震災の避難所にも赴く。20104月よりマニラ日本人会診療所勤務。専門は救急・循環器科・感染症・航空医学。

 

 

編集部:マニラ日本人会に勤務されるようになった経緯を教えてください。

 

菊地医師今から約30年前、青年海外協力隊員の数学教員としてマニラ市のフィリピン工科大学(TUP)に派遣されました。活動中に素晴らしいフィリピン人医師に出会ったことがきっかけで、医師を志しました。

 

学生時代は数学を専攻し、大学院修了後にはコンピュータ関連会社に就職しました。しかし利益追求という企業風土にあまり馴染めずにいました。そんなとき、通勤電車で青年海外協力隊募集の広告を見て、世界の中で活動してみたいと思い応募しました。幸い合格通知を頂くことができ、派遣先がフィリピンのマニラに決まりました。このマニラに来るチャンスをいただいたことが、のちに医師を志すきっかけとなり、また医師としてマニラ日本人診療所に勤務することに繋がっていったのです。

 

協力隊でマニラに派遣期間中のある休暇中、同じ大学に派遣されていた2人の協力隊員らと、フィリピンの医療ボランティア活動に参加しました。フィリピン人の医師や医療スタッフとともに僻地の少数民族が暮らす場所で診療や疾病予防活動を行うというプロジェクトでした。現マニラ・ドクターズホスピタル医師らと共に軍用トラックで何回も川を渡って行ったのを覚えています。トラックには機関銃を持った兵士が同乗し安全を守ってくれていました。宿泊施設はなく夜は地面にムシロを敷いて寝るという生活のなか、村人や医師たちと朝から晩まで約10日間を一緒に過ごしました。皮膚がぼろぼろになった老人の足に触れながら優しい言葉をかける医師、「胸が痛いよ痛いよ」と訴える幼い女の子にひざまずきながら笑顔で聴診する医師、彼らが一生懸命活動に取り組む姿が今でも目に焼き付いています。

 

その医療ボランティア活動から戻ってきて数カ月後のこと、思わぬ出来事に遭遇しました。急流下りで有名なラグナ州パグサンハンに友人らと共に行ったときのことです。白人観光客の男性が川で溺れて心肺停止になってしまったのです。突然の出来事に何もできずに立ちつくしている我々の前で、素早く心肺蘇生処置を行い男性を救命した人がいました。それが先の医療ボランティアグループで僻地に一緒に行った医師の一人だったのです。そのとき、私も彼のように緊急時にも毅然として対応できる医師になりたいと強く思いました。

 

協力隊の任期終了後は日本で勉強をし始め、高知医科大学に入学しました。よき先輩医師や親友に恵まれ医学、医療について深く学ぶことができました。しかし入学してすぐに父が癌で亡くなり、私が小さい時から病弱だった母がまもなく他界しました。精神的にも経済的にもつらい時期がありましたが、いつも支えてくれたのが妻でした。今の自分があるのは妻のおかげだと感謝しています。医師になったのは35歳の時です。

 

医師になったあとも途上国や世界での医療活動に携わりたいという夢をいつも持っていました。大学卒業後は循環器科、救急科を中心に研修したのち東京大学大学院の医学部に進学しました。ここでは世界中から来ていた多くの研究者たちと出会い、最新の医療だけでなく途上国の医療についても学ぶことができ多くの刺激を受けました。

その後、大学やJICAの仕事でネパールやパキスタン、タイといった国々で途上国の医療に携わっていく中で海外邦人医療基金の存在を知り、2004年~2007までインドネシアのジャカルタに派遣されました。派遣期間中はインドネシアでの大地震や津波、テロなどに遭い、より災害医療(※)についての重要性を痛感し勉強しました。

 

インドネシアから帰国後は災害医療の経験を日本で生かすことができればと思い、一般臨床だけでなく災害医療への取り組みも積極的に行っている東海地方の病院を勤務地として選びました。それから3年が経ったときに海外邦人医療基金から再びお話があり、フィリピンでの種々の医療問題について改めて知りました。フィリピンは、私が医師を目指すきっかけとなった「素晴らしい医師」に出会った場所です。協力隊でお世話になったこの地で少しでも恩返しができればと思い、医療活動をすることを決め、マニラ日本人会診療所に派遣されることになりました。これがマニラの地を再度踏むことになった経緯です。

 災害時には限られた医療資源(医療スタッフ、医療機器、医薬品等)の中でいかに多くの傷病者の命を救うかが求められます。そのため、傷病者の緊急度や重症度を考慮し、治療や搬送のトリアージを行い加療にあたります。災害現場で傷病者への対応が困難な場合はヘリコプターや飛行機を使用して患者を搬送し圏外の医療施設で治療することもあります。

 

編集部フィリピンの医療や病院についてどう思われますか?

 

菊地医師フィリピンでの医療活動に従事してからまだ1年半しか経っていないため、私がフィリピンの医療事情について語ることは憚られるのですが……。最も感じることは貧富の差による医療格差です。これはジャカルタでも同様です。貧富の差によって命に平等な機会が与えられていないのです。しかしそのような環境の中にも素晴らしい医師たちがいます。先日ある感染症専門病院へ行ってきました。こちらの病院にはCTMRIといった設備はありませんが、働いている医師たちは聴診器と理学所見で患者さんの症状を的確に診断、処置をしています。病院設備や医療環境だけで医師を評価してはいけないことを改めて実感しました。

 

編集部フィリピンの薬局で販売している薬について菊地先生のご見解をお聞かせください。

 

菊地医師ここフィリピンでも多くの薬は処方箋がないと売買をしてはいけないことをみなさんもご存知だと思います。患者さんは病態に応じた適切な薬を適切な期間使用することが大切です。患者さんの自己判断で薬局から不適切な薬を購入し病態が返って悪化している例も多く見られます。早く治したいという気持ちは察することが出来るのですが、患者さんと薬を売る側の双方が気を付けなければなりません。副作用や薬剤耐性のことを考えると的確な処方薬を使用していただくことを是非おすすめします。

 

編集部途上国で問題となっている「薬剤耐性菌(治療困難な感染症)」という怖い感染症の原因について教えてください。

 

菊地医師薬剤耐性菌というのは、「今まで効いていた多くの抗生物質が効かなくなってしまった細菌」のことです。突然変異的に生まれることもありますが、多くは抗生物質の不適切な使用から生じます。淋菌や結核菌、MRSAなどが有名です。この意味からも不適切な薬剤を自己判断で飲んだり、処方された薬を中断したりすることには危険を伴いますので極めて注意が必要です。社会的責任という公衆衛生的な立場に立って考えることも大切です。 

bizNo2SecondPic.PNG

編集部これから行っていきたいことについて教えてください。

 

菊地医師者さんや医療に携わるフィリピンの方々ともっと深く関わっていきたいと思っています。またクリニック内だけでなく院外においても疾病予防活動や緊急時の処置・対応の勉強会を行っていきたいと思っています。さらにフィリピン人の患者さんで貧困が原因で病院に行けないような患者さんのためにも活動をしたいと考えています。

また未曾有の被害を出した東日本大震災で被災された方々の精神的・肉体的なストレスは本当に辛いものだと思います。私は福島県出身ですので被災者の方々の痛みや悲しみを日々感じています。これから冬を迎え感染症を発症しやすくなります。雪に埋もれたがれき作業などでの外傷にも注意せねばなりません。PTSDなどへの配慮も必要になります。一人ひとり体調に気をつけて命を大切に生きていただきたいと思っています。今後も帰国時にできるかぎり被災地に足を運びたいと思っています。

 

編集部菊地先生が最近読まれた本で面白かったものを教えてください。

 

菊地医師星野富弘さんの詩画集を読んで感動しました。体育の教師であった彼は指導中に事故で脊髄損傷になってしまいました。手足が不自由ながらも筆を口にくわえて懸命になって詩や絵を描いています。星野さんの詩画集を読んでいると、「生きる力ってすばらしい、人間には計り知れない強さがあるんだ」ということを感じます。また、日本から定期的に送ってもらう医学書を読むのがとても楽しみです。最新の医療知識も得ていかなければならないと思っています。

 

編集部座右の銘を教えてください。

 

菊地医師「メビウスの帯」という概念が非常に面白いと思っています。数学のトポロジーという分野のひとつのモデルです。表裏の区別がつけられない、内側と外側の区別がつけられない曲面なのです。正しいと思っていることが実は誤りであるかもしれない、間違いだと思っていることが実は真かもしれません。次元を上げて考えることで問題の本質が見えてくる、解決につながる、固定概念にとらわれない自由な考え方の重要さを示唆してくれます。「メビウスの帯」が教えてくれているように、ひとつの見方にとらわれず相手の立場に立って考えることを心がけています。 

 

 

広告
広告
広告

ビジネス烈伝

マンダムフィリピンの川北さんに、フィリピンの日用消費財市場の特徴や現地に拠点を設けて行うマーケティングの利点を伺いました。
ほかの商材に比べて規制が多いものの、顧客のロイヤリティが高いタバコ。
タバコ事業立て直しのカギをJTIの後藤さんに尋ねました。
日本ではもちろん世界中で人気のアニメ「ワンピース」や「ドラゴンボール」。
東映のアニメを20年間作ってきた祖谷さんに尋ねました。
東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
昨年2月にフィリピン便の運航を開始した全日空(ANA)。就航から1年を経て、順調な「飛行」を続ける同社マニラ支店の操縦桿を握る、泉秀明支店長にここまでの道のりを聞きました。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンの珍味といえばバロットと呼ばれる孵化直前のアヒルの卵を茹でたものが有名です!フィリピンの方々は大好きな食べ物です。
フィリピンといえばカラマンシーが有名ですが、それに関するチャレンジをご存知でしょうか? 名前はズバリcalamansi challenge. そのままですね。
日本に帰る機会があったので国際免許を取得してみました! と言う事で今回はフィリピンで車を運転してみました!
必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とするビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。フィリピンでは鶏肉が多く消費されるので、鶏レバーも日常的に一般家庭の食卓に並びます。
右への移動を減らしてその場で回転スイングにチェンジ!昨年のスイングと比較すると、その違いはより明確になる。体を揺さぶる動きが消え、スムーズで効率的に進化した。
今回は「ワンピースレストラン紹介!」です! 日本が世界に誇る物は沢山ありますが、やはりアニメですよね! 何度かフィリピンのコスプレイベントを紹介し、フィリピンでも日本のアニメが人気なのが分かりましたが、なんと!世界的人気アニメ、ワンピースのレストランがフィリピンに出来た様です!
以前も動画であげたのですが、僕たちHPN3は今フィリピンのテレビ番組「It's Show Time」の中のコーナーでfunny oneというお笑いトーナメントに出場しています。一回戦は無事通過したのですが、準決勝で負けてしまいもう終わりかと思ったのですが、なんと!敗者復活戦があるとの事!
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
フィリピンはチキン大国、と言っても良い程チキンの消費量の多い国です。一般家庭の食卓でよく使われるのはもちろん、コンビニや飲食店でも様々なチキンメニューを見かけます。特に、人気のメニューはフライドチキン。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel