ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第五回ビジネス烈伝/ Toei Animation Phils., Inc 祖谷悟さん

第五回ビジネス烈伝/ Toei Animation Phils., Inc 祖谷悟さん
広告
広告

%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E5%88%97%E4%BC%9D%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97.PNG

第5回 アニメの「ワンピース」がフィリピンで出来ている!?

キーパーソン:Toei Animation Phils., Inc 社長 祖谷悟さん

日本ではもちろん世界中で人気のアニメ「ワンピース」や「ドラゴンボール」。東映のアニメを20年間作ってきた祖谷さんに尋ねました。

祖谷悟さん

●Toei Animation Phils., Inc 

  社長 祖谷悟さん

フィリピンでアウトソーシングと言えば、今ではコールセンターがすぐに思い浮かびますが、四半世紀前にこの地をアウトソーシング先として選び、これまでフィリピンとともに長年歩んできた日系企業があります。それが東映アニメーションフィリピン。今回は、この地に根を下ろして20年、同社事業の推進役を担ってきた祖谷悟社長に話を伺いました。

編集部:フィリピンでの赴任はどのくらいになりますか

 

祖谷さん:1986年に技術と業務供与の形態で東映アニメーションがフィリピン事業をスタートさせましたが、私が赴任したのは92年からなので数えて20年目、社長になって3年目です。

 

編集部:東映フィリピンの主な事業内容を教えてください

 

祖谷さん:日本の東映アニメーション本社で制作するほぼすべての作品に関わっており、アニメーションの線画、着色、背景などの工程のおよそ70%をフィリピンのこのスタジオで製作しています。かつてはセル画でしたが、最近はデジタル化により主にコンピューター上で作業を行っています。

 

編集部:御社が手掛けた作品のうちフィリピンで人気なのは

 

祖谷さん:現在なら「ワンピース」。過去に遡れば「ドラゴンボール」や「スラムダンク」があります。このうちドラゴンボールの人気は別格で、ちょっとほかとは比べられないほどです。ただ、それではフィリピンで人気が出る日本のアニメの傾向は、と聞かれると、今でもよく分からないんです。

 

編集部:必要な人手を常に確保しておくのに苦労はありますか

 

祖谷さん:当地にアニメ制作会社の数が少ないこともありますが、弊社の場合、ジョブホッピングはさほど多くなく、ほとんどの社員が長く勤続してくれています。そのため約160人いる正社員の中には30~40代の、業界内では「年寄り」と呼ばれる世代も多く、無理が効かなくなってきています(笑)。仕事量が増えたり、納期が短い時などは、フリーの人や外部の会社から馬力のある若者を外注として臨時に雇い入れ、人員を補充します。正社員もそうですが、外注の人には1日何枚というノルマを課して、その達成度に応じた賃金を支払います。そして基本は「その日に請け負った仕事を終わらせてから帰る」です。なお採用の基準は、やはり絵がうまいかどうかが大きな部分を占めます。

 

編集部:社内で特に気をつけていることは

 

祖谷さん:データセキュリティーです。アニメのほか、弊社が制作を手掛けるコンピューターゲームなどは権利関係がうるさく、データの外部流出に最も気を使います。そのため社員が使用する社内のコンピューターは一切、ネットにつながらないようにしていますし、USBやROMのスロットをはじめから取り外しています。それでも完璧とは言えないんですがね。


toei2.JPG

編集部:これからの事業展望についてお聞かせください

 

祖谷さん: 最近のアニメ制作は納期が極端に短く、『ワンピース』などは放送日の2~3日前にまだフィリピンで作業をしていることもあります。その上、さらなるクオリティーの向上を求められます。また、制作現場では3D(CG)化も徐々に進んでいますが、3D技術の当地への移行は容易ではなく、全面移行となれば、現状ではフィリピンの会社はやっていけなくなります。ただ私は2Dのアニメがこの先も残っていくと信じています。

 

編集部:フィリピンのオリジナルアニメの可能性は

 

祖谷さん:当地で操業するアニメ制作会社は、東映を含めてほとんどが外国の作品を扱っていますが、フィリピンオリジナルアニメの制作は技術的には問題なく、アニメを楽しむ市場もあります。ただし趣味のレベルでのアニメはあるのですが、商業ベースに乗せるには制作に必要なお金を集めるのが難しいという大きな課題があります。

 

編集部:プライベートな時間はどのように過ごしていますか

 

祖谷さん: 出不精で、家や近場にいることがほとんどです。当初は出回ることもありましたが、外国人だと見るとニヤッとされるのが嫌だったり、家族もいるので、最近はほとんどなくなりましたね。反面、フィリピン人は人当たりが良く、日本ではなかった隣近所との付き合いが生まれました。長期の休みには家族で都会を離れ、バタンガスの民宿に行ったりします。何もないところがおもしろいと感じるんです」

 

編集部:フィリピンで長年事業を手掛ける「先輩」として、進出を目指す日本企業に一言

 

祖谷さん:この国で一攫千金を狙うのは難しく、野心をギラギラさせない方がよいと思います。逆に言えば、そういうことをしには来て欲しくないです。日本にいるのと違う時間の流れを味わってもらいたいです。

 

編集部:当地の日本食に何かご意見を

 

祖谷さん:かつてはフィリピンにおいしい日本食が今ほどなく、日本に一時帰国した時、コンビニエンスストアのおにぎりを食べて泣いたこともあります(笑)。このごろはそういう感動がなくなって少しさびしい気もします。その一方で最近、近所にあるラーメン屋の味が落ちたと感じています。

 

編集部:ところで、英語力には自信がおありでしたか

 

祖谷さん:学生のころ、ほかの科目は良くできたのですが、英語だけまったく駄目でした。大学4年の時、1年の一般教養課程の英語が取れていなくて、教授のところに「泣き」に行ったことがあるくらいです。就職後も海外勤務など思いもよらなかったのですが、フィリピンから日本に研修に来ていた妻との出会いが、英語を学ぶモチベーションになりました。フィリピン人が単語を区切ってゆっくり話してくれることもありますが、外国人といると自然と話せるようになるものです。それでも話せるようになってきたのはフィリピンに来てから2~3年後。今でも自信はなく、最近、投資委員会(BOI)に呼ばれて出席した会議では、フィリピン人参加者が英語のみで話をする中、唯一、英語とタガログ語の入り混じったタグリッシュを話していることに自分で気が付いてちょっと恥ずかしかった思い出があります。英語能力は、子どもにももう抜かれるでしょう

 

編集部:お子さんが将来、アニメ会社への就職を希望したら

 

祖谷さん:やめた方が良いと言いますよ(笑)。ただ自分がやりたいことをやればいいと思っています。フィリピンか日本かの国籍の選択に関しても同じです。国籍がどうであれ、私の子どもであることに変わりはないんですから。

 

編集部:好きな言葉は

 

祖谷さん:1日の苦労はその日1日だけで十分である。
聖書にある言葉で、フィリピンの言葉「バハラナ」(何とかなる)にも通じます

 

編集部:最近読んだ書籍は

 

祖谷さん:「ソフィーの世界」:哲学の入門書としても知られるベストセラーになったノルウェーの哲学教師が書いたファンタジー小説 日本からの訪問者が置いていってくれた本で、これまでにもう何度も読んでいます。柔らかく書かれていて、自分を見つめる良い機会になり、アニメ化したいくらいです。

 

編集部:インタビューさせていただき誠にありがとうございました。

 

toei1.JPG

広告
広告
広告

ビジネス烈伝

東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
昨年2月にフィリピン便の運航を開始した全日空(ANA)。就航から1年を経て、順調な「飛行」を続ける同社マニラ支店の操縦桿を握る、泉秀明支店長にここまでの道のりを聞きました。
モールオブアジアに待望のユニクロ1号店がオープンしました。今回は、ユニクロのグローバル・ワンを浸透させるため奔走された久保田勝美最高執行責任者(COO)にお話を聞きました
具体的な数字で成長を示しているのが自動車産業。今回は、業界トップに立つトヨタモーターフィリピンのマーケティング部門を統括する後藤雄二さんにお話を伺いました
フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
ほかの商材に比べて規制が多いものの、顧客のロイヤリティが高いタバコ。
タバコ事業立て直しのカギをJTIの後藤さんに尋ねました。

その他

JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。
日本ではもちろん世界中で人気のアニメ「ワンピース」や「ドラゴンボール」。
東映のアニメを20年間作ってきた祖谷さんに尋ねました。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
こんにちは! HPN3の堀越です。 今回は僕が住んでいるトンド地区にある日本食レストラン「YAKIBUTA」にHPN3で行ってきました。
手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
今回は「イナサルのメニューを全部たのんでみました!」です。 イナサルとはフィリピンにあるチキンのレストランで低価格でライス食べ放題といった魅力がある大人気のチェーン店です!
知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
今回は「田舎の学校に行ってみよう」です!皆さん!フィリピンの学校には行った事がありますか?日本人学校などは行った事があるかもですが、ローカルの学校は行った事がないんではないでしょうか!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel