ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第十一回ビジネス烈伝/KLab Cyscorpions Inc. 野口太郎さん

第十一回ビジネス烈伝/KLab Cyscorpions Inc. 野口太郎さん
広告
広告

逆境乗り越え成長 日本流の人材育成で社員と会社を幸福に

野口太郎さん

【プロフィール】
 
●KLab Cyscorpions Inc. President
 
 野口太郎さん
 
1976年生まれ。サイバード、ヤフーなどを経て2007年、マニラでCyscorpions Inc.(現KLab Cyscorpions Inc.)を設立、Presidentに就任。2011年、KLab株式会社(東証一 部3656)と業務資本提携を行い、2012年KLabの取締役にも就任。フィリピン拠点で開発したオンラインゲームは「真・三国志バスター」「Lord of the Dragons」など。

 

大手IT事業会社KLab(東証一部)の世界戦略で、開発の中心を担うKLab Cyscorpions。前身となるCyscorpionsをマニラに 設立してから5年半余、フィリピンで陣頭指揮をとりながら、波瀾万丈を経て成長を推し進める野口太郎社長にお話をお聞きしました。
 
編集部●まずはご自身のIT業界との関わりについてお聞かせください。
 
野口さん●学生時代、サイバードというベンチャー企業に技術担当のアルバイトから参画しました。まだ社員が6、7人しかいない頃で、黎明期のiモードのコンテンツ製作を担当させてもらいました。その後iモードの普及に伴ってサイバードはJASDAQ市場に上場し、急速に事業を拡大させていきま した。
 
編集部●成長する会社の中でどのような役割を果たされたのでしょうか?
 
野口さん●2001年くらいから会社の海外展開が始まりました。私は小学6年から高校3年まで英国で過ごしたため英語を話せたこともあり、中国、香港、フランス、スペインといった国々の携帯電話事業者への、コンテンツ導入のコンサルティングを担当しました。この時、責任者となったことで海外 事業全般について鍛えられました。
 
編集部●その後、ヤフージャパンをはじめ、転身を重ねられました。
 
野口さん●2003年、サイバードを退社しました。携帯にとどまらずパソコンという大きなフィールドで活躍したいと思ったんです。ヤフーではサービス全体を統括するセクションにいましたが、当時は海外のヤフーで出来上がったサービスをそのまま日本で展開することがほとんどでした。日本独自の積極的 な動きをしづらい面があり、やや息苦しさを感じていました。そんな時、ある投資家から豪州で事業の立ち上げを手伝って欲しい、という話が来たんです。元々海外での活動に大きな魅力を感じていたので、転籍を決意しました。
 
編集部●その後、フィリピンへ進出されます。
 
野口さん●豪州経済が好調を維持し、ほどなくして人件費が高騰、円に対する豪ドルも上昇を続ける逆風となったんです。そのとき、「それじゃあ人件費もはるかに安く英語圏のフィリピンだ」と。しかし顧客もビジネスプランもありませんでした。ただ「こんなサービスをやりたい」という大きな夢だけはあった んです。
 
編集部●2007年にCyscorpions(サイスコーピオンズ)を設立されました。
 
野口さん●日本人4名とローカルスタッフ16名の合計20名でスタートさせました。ところが何一つサービスを完成できないまま、資金だけはどんどん消えていった。その間、妻の貯金に手を付けたりとか(笑)。これはまずいと思い、まずは日本からの開発受託を取ろうと単身、日本に逆出張して営業し ました。
 
編集部●一から仕切り直しですね。
 
野口さん●一人で日本に戻って、片っ端から企業を回りました。そういう時に昔の知り合いには頼りたくない性分なんです。だから営業先は全て新規。漫画喫茶に寝泊まりしながら、ネット難民さながらの状況の中での営業でした。あの時は本当に大変で、ようやく狭いレンタルオフィスを借りた後も、デ ィスカウントストアで調達した寝袋にくるまりながらの生活でした。本来は宿泊が禁止の建物で、夜中に守衛さんに見つからないかいつもハラハラしていたのを覚えています。この時代におつきあいいただいた方には、今でも本当に感謝しています。
 
編集部●いよいよ本格的な成長が始まります。

レアジョブ社内

野口さん●最終的に設立から一年ほどかかって黒字にこぎ着けました。社員も成長を重ね、当時最先端だった携帯コンテンツやアニメデコメの製作などをさせていただきました。
 
編集部●オンラインゲームの開発・運営で有名なKLab(クラブ)と業務資本提携します。
 
野口さん●2011年初秋にKLabが東証マザーズに上場した際、代表の真田哲弥さんに挨拶に行きました。その時に、「これからは海外の時代だから一緒にやらないか」と言っていただいたんです。実質1ヶ月後の12月には業務資本提携を結びましたので、ものすごいスピード感ですよね。

編集部●提携の結果、KLab Cyscorpions(クラブ・サイスコーピオンズ)は、グループの開発中心拠点という重責を担います。
 
野口さん●グループで同じく開発を担当するKLab China(上海)には負けないぞ、という思いです。今後はさらに優秀な人材の確保が欠かせません。フィリピンで同業の米国大手企業は高給で経験者を引き抜きます。が、弊社は日系企業ですので、一から人材 を育てる真逆のアプローチです。給料で負けたとしても、会社の仕組みで社員に魅力を感じてもらい、長期的な視野で優秀な人材を育てたい。そうしたやり方で社員も会社も幸福にしながら、今年中に300名体制とするのが目標です。
 
編集部●人材育成への考え方は?
 
野口さん●ITと言っても、全てのサービスは人が作る物だと思います。いい人を採用し、育てないと会社は発展しません。社員へは、この国だからこそ当たり前のことを当たり前にしなければならないと思います。ちゃんと説明をしてあげないとわかってもらえないことが多いですから。今のところ残念ながら フィリピンには即戦力はいないと思っています。ですから採用は地頭重視で、IQテストを実施し、社員を教育しています。
 
編集部●社員の福利厚生について聞かせてください。
 
野口さん●無料の社員食堂があります。昼食の他、月曜の朝はフルーツを、金曜の朝はシリアルを出すサービスもしています。また、アヤラ駅と会社を自社のジプニーで朝夕2便づつ往復しています。
 
編集部●フィリピンで立ち上げた会社が、技術力を背景に日本の大企業から出資を受けて飛躍的に成長する、いわば「フィリピンドリーム」モデルとも感じますが。
 
野口さん●私としては事業の成功を信じてやるべきことをやってきただけです。まだまだ夢の実現だとは思っていなくて、序章に過ぎません。KLab本体から、内需が急速に拡大しているASEANの中で、最大の英語圏でもあるフィリピンで提携したのは成功だったと思ってもらえるよう、期待を裏切ら ないようにしたいですね。これからも日々努力を重ねることを最も大事にしていきたいと思います。
 
編集部●フィリピンでの今後の事業展開についてお聞かせください。
 
野口さん●スマホはこれからが成長分野です。今後5年くらいで爆発的に利用者が伸びます。今は日本とアメリカが進んでいますが、今後はフィリピン人のためのサービスを立ち上げたいですね。そういうサービスを生み出すためにも、弊社ではスマート・エクスペリエンスと称して、入社3ヶ月を過ぎた社員 に最新のスマホを貸与して使ってもらっています。
 
編集部●休日のすごし方は?
 
野口さん●テニスや水泳で汗を流すなどしています。あと、ウサギ、犬、ニワトリ、ハリセンボン(笑)とかいろんなペットを飼っているので、その世話だけで大変です(笑)。
 
編集部●フィリピンで頑張っている人へのアドバイスがあればお願いします。
 
野口さん●国柄や文化が違うことによる不満があったとしてもくさっていないで現状を受け入れて頑張れば、頑張った分だけ自分に返ってきます。私自身も何回もあきらめようと思ったことはありますが、めげてる暇があったら頑張るしかないですね。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

野口太郎さん

【好きな書籍】
 
「星を継ぐもの」
J・P・ホーガン著
 
小学生の頃から何回も読んでいるSFの名作。人類愛に満ちていて、ハードなストーリーながら最後に希望が残っているところが好きです。主人公の物理学者の仕事への向き合い方にも憧れます。

 

広告
広告
広告

ビジネス烈伝

海外展開している日系最大規模のレンタルオフィス「クロスコープ」。現地法人クロスコープ・フィリピンで責任者を務める庄子素史さんにフィリピンでの事業展開についてお話を伺いました。
マニラ、セブで学生、ビジネスマンらを受け入れる英語学校、さらにはオンライン英会話教室などを運営するEEN HD co.,LTDの李百鎬会長にお話をお聞きしました。
マニラで10年以上に渡り飲食業を営む事業家・瀬戸正和氏に、フィリピンにおける飲食ビジネス参入のポイントを直撃取材!! フィリピンで起業・投資をお考えの方は必見です。
日本国内外での積極的な出店攻勢を続けるコンビニエンスストアの雄、ファミリーマートが4月、フィリピンに上陸。店舗展開の陣頭指揮をとる小泉昌親さんにお話をお聞きしました。
大学卒業直後から起業、やがて立ち上げたメディア企業で日本のアニメ、「ボルテスV」の放映権を得てフィリピンに紹介し大ヒットさせたラリーさんに、お話をお聞きしました。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。

その他

構えてからじっと固まってなかなか動かない”お地蔵さん”みたいな人がいますよね・実は止まっている時間が長いと、あれこれ考えてしまうので力みやすいんです。私は構えたらなるべく時間をかけ最低でも3秒以内です。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
今回の食材 ●イカ缶(SQUID CAN)
缶詰で、パパっと本格! イカのリゾット
『フィリピンでの不動産購入はどうやってやるの?』
今回はフィリピンで不動産を買うときの手続についてお話しさせていただきます。
今回は「ビジータイグレシアをしてきました!」です! ビジータイグレシアって何の事やらですよね、僕も全く知りませんでした。フィリピンではホーリーウィークの事をセマナサンタと言い、セマナサンタに行われる教会巡りの事をビジータイグレシアと言います。
2013年時点で総資産額約270兆円と、世界中で第二位の規模を誇る三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)。同行の、中尾哲也・マニラ支店長にお話をお聞きしました。
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
今回僕は英語の勉強に行ってきました! 行った先は以前にもお世話になったb.E.Campさん! マニラから一時間ほどのサンペドロシティにある英語学校です。 今回も学校紹介をしようかと思ったのですが、学校紹介は以前やったので今回は学校近くのラーメン屋さんを紹介します!
前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させていただいております。今回は事業の売却の方法についてお話しいたします。
今回はトンド地区の日本人オーナーの日本食屋さん「スズキカレンデリア」に行って来ました。トンド地区にも日本食のお店はいくつかあるんですがオーナーも日本人なのは恐らくココだけです。トンド地区といえば以前も紹介させてもらいましたが「東洋一のスラム街」とも言われる危険な場所です。その場所で63歳のおじさんが日本食屋さんをやっていると聞き行って来ました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel