ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第四十七回ビジネス烈伝 / Benmark Group Holdings Jeroen van Stratenさん

第四十七回ビジネス烈伝 / Benmark Group Holdings Jeroen van Stratenさん
広告
広告

フィリピン外食産業や様々な分野で急成長を遂げる

Benmark Group Holdings
Jeroen van Stratenさん

オランダ生れ。1997年に、オーストラリアのシドニーに移住しシェフとして働き始めた。その1年後、フィリピンでシェフへ移りシェフを続けながら外食産業のコンサルタント業務に従事。2007年、ペッパーランチなど様々なフランチャイズを展開するBenmark Group Holdingsを設立。リチャード・ブランソンの格言、「Screw it. Let’s do it.」(小さいことは気にせず、とにかくやってみよう)を座右の銘に、いつも新しいことにチャレンジしている。

尊敬する人
義理の父であるManuel Zamora Jrとイギリスの実業家リチャード・ブランソン氏、MegaworldのAndrew Tan氏、SMグループのHenry Sy氏です。共通しているのは、何もないところからビジネスを創り上げ成功している人たちということです。

フィリピンでシェフとして活躍する傍ら、外食産業のコンサルタント業務に従事していたStratenさん。2000年から2007年までは、スターバックスにてサンドウィッチの開発に携わる。2007年、日本全国で展開しているステーキ店「ペッパーランチ」とアジア各国に店舗を持つしゃぶしゃぶレストラン「しゃぶ里(Shaburi)」のフランチャイズを運営する会社、Benmark Group Holdingsを設立。

 

 

編集部

 

Benmark Group Holdingsを設立されたきっかけを教えてください。

 

Jeroen van Stratenさん

 

私はシェフとして外食業界に長く携わってきました。1998年、シドニーを後にしてフィリピンでシェフをしていた頃、たまたまあるフードサービス企業からコンサルタントをしてほしいと頼まれたのです。その企業のコンサルタントは、2000年から2007年までやっていました。主にスターバックス向けのサンドウィッチや、セブンイレブンやミニストップなどのコンビニエンスストア向けのフードメニューの開発をしていました。いろいろな商品の開発を手掛けているうちに、自分でも何か初めてみたいと、思ったのが一番のきっかけです。

 

 

編集部

 

Benmark Group Holdings, Inc.では現在どのようなものを手掛けられていますか?

 

Jeroen van Stratenさん

 

最初のフランチャイズ運営は、2008年5月にパワーブラントモールにオープンしたペッパーランチです。2009年には空調などを取り扱うAir & Odor Managementを開始。その後、手軽に焼き鳥を食べられるYakitori Oneを始めました。しゃぶ里はペッパーランチの関係者の方から紹介されました。あとはオンラインカジノゲームのDefinite Gamingや輸出入を主に行うBMC Weltrade。最近ではカナダの会社で、カビ駆除を行うMold Bustersのフランチャイズを始めました。まだまだいろいろな運営に挑戦していきたいと思ってます。

 

 

編集部

 

なぜ日本のレストラン、ペッパーランチからスタートされたのでしょうか?

 

Jeroen van Stratenさん

 

シンガポールに行ったときに、妻がペッパーランチに大変興味をもったのがきっかけです。当時、フィリピンにはあのようなスタイルのレストランはありませんでした。すると妻が「私たちもやってみましょう」と私に言いました。私もペッパーランチの店の雰囲気を見てフィリピンでも「行ける」と思いました。実は、フィリピンでのフランチャイズを申し込んだのは、私たちが3組目でした。フランチャイズの話し合いはアジア地域を統括しているシンガポールで行っていると知り、シンガポールに飛び、ペッパーランチ担当の日本人の方とお話をさせていただきました。担当の方はシェフである私を大変気に入ってくださり、フランチャイズの権利を譲ってくださいました。

 

 

編集部

 

ペッパーランチがフィリピンで成功している秘訣はなんだと思いますか?

 

Jeroen van Stratenさん

 

2008年5月に第一号店をパワープラントモールに出店し、その年の12月に2号店を開店しました。毎日たくさんのお客様が来店して下さる中、ただ一生懸命に働いてきました。当時、このようなフランチャイズがあまりフィリピンになかったのが良かったのではないかと思っています。急速に成長し、来年は10周年。これまで35店舗のペッパーランチをオープンすることができました。現在新たに8店舗の開店が決まっています。

 

 

編集部

 

フィリピンでビジネスをするにあたり困ったことはありますか?逆に良いことは?

 

Jeroen van Stratenさん

 

やはり国籍の問題が一番です。ある業界に関して言うと、フィリピン国籍を持っていないと所有できない企業などもあります。そのような点で、スムースに行かないことのほうが多いです。フランチャイズの契約等で、地方自治体と折り合いがつかないなんてこともあります。けれど、良いところもたくさんあります。まず市場規模が大きい。これからどんどん拡大していくでしょう。一から物事を始めるときも、日本やほかのアジア諸国、ヨーロッパなどに比べ低予算で済む。フィリピンが魅力的な国だというのは、近年多くの外国人がここに移り住んできていることで証明できます。また、フィリピンの人たちは勤勉で器が大きく親切です。

 

 

編集部

 

毎日のスケジュールは?

 

Jeroen van Stratenさん

 

毎朝5時半に起き、自宅で朝食をすませます。そして、ジムか自転車か水泳のどれかの運動を欠かしません。9時か10時ごろに出勤し会議をします。その後は店舗に出向いたりビジネスパートナーと打ち合わせをしたり、日によって様々です。退社はだいたい4時。あまりだらだらと仕事をするのは私の気質には合っていません。

 

 

編集部

 

Benmark Group Holdings, Inc.の今後についてお聞かせください。

 

Jeroen van Stratenさん

 

BPOへの進出も考えていますが、まだ具体的には何も決めてません。また、ゲーム分野をもっと広げていきたいなとは思ってます。オンラインビジネスはまだまだこれから発展すると思います。リスクも大きいですがグーグルの分析で、フィードバックを確実に得られるためコントロールしやすいのが特徴です。

 

 

広告
広告
広告

ビジネス烈伝

現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
幼少期から世界各地で生活をしてきたが、フィリピンに惚れ込んで転職までしたという梅林さん。休日は現地調査も兼ねて各地を巡り、現地の人と話しをするのが楽しみという。「フィリピンについてより多くのことを深く知りたいという思いが、日系企業の役に立ち、更にフィリピンの発展につながれば」と語る真摯な姿が印象的だ。
フィリピンの文化に根付いた実用的で、高品質の家電を提供し続けたパナソニック。その大きな船の舵取りを担う林さんは節目の今年、パナソニックビューティーの販売にも力を入れ生活家電から次のステップへ。フィリピンの経済成長の波にのり、新たなパナソニックの歴史を刻んでいきます。
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
自身の体験から整体の技術をゼロから学び、フィリピンに進出。整体に馴染みのないフィリピン人に指導し、国内に10店舗を構えるまでに浸透させてきました。ホスピタリティが大切な業界で生きてきた成瀬さん。フィリピンのマーケットやポテンシャルに大きな魅力を感じ、ここで会社が大きく成長するのを見届けたいと言います。

その他

サンタローザで高速を降り、山間になかに現れる山岳コースがSouth Forbes。非常に狭く、青ティーからでも4886ヤードでパー67の設定でかなり距離の短いコースです。ただし短いからといって簡単なわけではなく、フィリピンの広々としたフェアウェイのコースに慣れた人には少々タフなセッティングかもしれません。
26歳で今の会社をフィリピンで立ち上げ、最初はオンライン英会話からスタートしました。現在では、語学事業の中でより幅広くオンライン英会話、語学留学、海外インターンシップ、オープンカレッジ、フィリピン現地の駐在員の方たちを受け入れる、通学可能な英会話教室も運営しています。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
フィリピンは一年中暑くて嫌になってしまう時がありませんか? クーラーの涼しさより自然の涼しさを感じたいと思う時がありませんか? そんな時はピクニックグローブパークに行ってみて下さい!
今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
フィリピン全土に支店を展開し、リース、ファイナンスを中心としたビジネスを展開するオリックスのDirector、 佐藤文彦さんにお話をお聞きしました。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。
今回から数回にわたり筆者独断のゴルフ場ランキングを紹介させて頂きたいと思います。最初に紹介するランキングはパブリックコースランキング。パブリックですから会員権を持たずとも行けば誰でもプレーできるのが利点で、都心部から近いコースが多いのも特徴です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel