ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  週末はラグビーで汗を流そう!

週末はラグビーで汗を流そう!
広告
広告

clubbanner.jpg

フィリピンには、在フィリピン日本人コミュニティで結成されているサークルが数多くあります。
Primerでご紹介するのは、そのほんの一握り。
既にフィリピン在住の方、これからフィリピンに移住してこられる方、
ぜひ自分の興味のあるサークルに参加してみませんか?

*******************

週末はラグビーで汗を流そう!
泥んこになってもエンジョイラグビー


マニラハポンズ 


rugby1.jpg  


フィリピン在住日本人の間で作られている、様々なサークルや同好会があるのはご存知でしょうか?今回プライマーがおじゃましてきたのは、大人から子供まで楽しめるというラグビーチーム、「マニラハポンズ」さんです。活動日は毎週日曜日の涼しくなりはじめる午後4時から。場所はダスマリニャスビレッジにあるCSA内グランドの一部を借りて行われます(グランド使用料として一人につき50ペソ、お子様は無料)。

 

rugby3.jpg
 


練習は男女混合で基本的なウォームアップから、4~5名のチーム編成でパス回しとみなさん楽しく活動しております。ラグビーといえば、タックルなどする激しいスポーツでは?と思われるかもしれませんが、こちらはタッチラグビーというソフトなラグビーを基本としていて、相手にタッチされたらすぐにボールの進行をとめなければなりません。簡単にいえばボールを持って鬼ごっこするようなイメージでしょうか。というわけで、お子様をはじめ女性も混じって楽しみながら練習していました。
 

rugby2.jpg


 
下は小学3年生から上は50代の方までと、ひとつのボールを目指してみんなでグランドを駆け巡ります。もちろん練習ばかりと言うわけではなく、練習試合や公式の大会にも出場します。この暑い国フィリピンでの試合は7人制または10人制の10分ハーフをメインに行われております。こちらはタックルもある公式ルールに基づいた試合が行われます。

マニラハポンズでは毎年4月パラニャーケで開催されるマニラ10という10人制の国際大会に日本人チームとして初参加。また、毎年12月に開かれるアジアジャパニーズラグビーカップ(AJRC)というアジア各国在住の日本人が主流となって行われる大会にも参加しているそうです。

やかんを持ったマネージャーが走ってくる姿にあこがれていた方や、スクールウォーズの泣き虫先生を観てもらい泣きをしていた方も、この機会にマニラハポンズで一緒にグランド中を走り回ってみてはいかがでしょうか。


 
マニラハポンズに関しての詳しい情報は、フィリピンプライマーまでメールにてお問い合わせ下さい。
[email protected]

広告
広告
広告

サークル紹介

知る人ぞ知る、通称「ラジコン」="R/C"のファンが集まる場所を紹介します!ホビーを通しての国際交流はいかがでしょうか?

サークル紹介 一つ前のコラムを見る

サークル紹介
「人類が考え出した最も知的なゲーム」、コントラクトブリッジの同好会のご紹介です。

その他

みなさん、こんにちは! HPN3の堀越です。 僕は現在ホームステイをしていましてフィリピン料理ばかり食べています。 家にいるときは三食のご飯はもちろん、ミリエンダ(おやつ)もフィリピン料理です。
今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
『フィリピンの相続とは?』
今回はビジネスの話を離れて、フィリピンでの相続の制度はどのようになっているのかについてお話しさせていただきます。
今回は「釣りをしよう!イン オロンガポ」です! 久しぶりに遠出してきました! 遠出といってもクバオからビクトリーライナー(バス)で3時間!
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
2016年10月に三菱商事のシニア開発オフィサーに就任した栗生さん。近年、フィリピンではショッピングモール内に日本コンセプトの商業エリアや日本のコンテンツに対して注目が集まっている。JR東日本で培った沿線再開発のノウハウを糧に、不動産開発を通じて海外と日本をつなげる仕掛け作りに注力する。
大手IT事業会社KLab(東証一部)の世界戦略で、開発の中心を担うKLab Cyscorpions。前身となるCyscorpionsをマニラに設立し、成長を推し進める野口太郎社長にお話をお聞きしました。
クラークの工場で月に81万本のタイヤを生産する能力を有する横浜ゴム株式会社(以下 「ヨコハマタイヤ」という。 ) 。フィリピン国 外にも広く輸出。タイヤは乗員の生命を預かる役目も担っているからこそ、ジャパンクオリティの高品質なタイヤをフィリピンの方にもお届けしたい。そんな想いを持つ、YOKOHAMA TIRE SALES PHILIPPINES INC. の針山さんにお話しを伺いました。
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
『フィリピン人を試用期間付で雇用する場合の注意点』
今回は具体的にフィリピンにおいて労働問題となりやすい、フィリピン人の雇用についてお話しさせていただきます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel