ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  週末はラグビーで汗を流そう!

週末はラグビーで汗を流そう!
広告
広告

clubbanner.jpg

フィリピンには、在フィリピン日本人コミュニティで結成されているサークルが数多くあります。
Primerでご紹介するのは、そのほんの一握り。
既にフィリピン在住の方、これからフィリピンに移住してこられる方、
ぜひ自分の興味のあるサークルに参加してみませんか?

*******************

週末はラグビーで汗を流そう!
泥んこになってもエンジョイラグビー


マニラハポンズ 


rugby1.jpg  


フィリピン在住日本人の間で作られている、様々なサークルや同好会があるのはご存知でしょうか?今回プライマーがおじゃましてきたのは、大人から子供まで楽しめるというラグビーチーム、「マニラハポンズ」さんです。活動日は毎週日曜日の涼しくなりはじめる午後4時から。場所はダスマリニャスビレッジにあるCSA内グランドの一部を借りて行われます(グランド使用料として一人につき50ペソ、お子様は無料)。

 

rugby3.jpg
 


練習は男女混合で基本的なウォームアップから、4~5名のチーム編成でパス回しとみなさん楽しく活動しております。ラグビーといえば、タックルなどする激しいスポーツでは?と思われるかもしれませんが、こちらはタッチラグビーというソフトなラグビーを基本としていて、相手にタッチされたらすぐにボールの進行をとめなければなりません。簡単にいえばボールを持って鬼ごっこするようなイメージでしょうか。というわけで、お子様をはじめ女性も混じって楽しみながら練習していました。
 

rugby2.jpg


 
下は小学3年生から上は50代の方までと、ひとつのボールを目指してみんなでグランドを駆け巡ります。もちろん練習ばかりと言うわけではなく、練習試合や公式の大会にも出場します。この暑い国フィリピンでの試合は7人制または10人制の10分ハーフをメインに行われております。こちらはタックルもある公式ルールに基づいた試合が行われます。

マニラハポンズでは毎年4月パラニャーケで開催されるマニラ10という10人制の国際大会に日本人チームとして初参加。また、毎年12月に開かれるアジアジャパニーズラグビーカップ(AJRC)というアジア各国在住の日本人が主流となって行われる大会にも参加しているそうです。

やかんを持ったマネージャーが走ってくる姿にあこがれていた方や、スクールウォーズの泣き虫先生を観てもらい泣きをしていた方も、この機会にマニラハポンズで一緒にグランド中を走り回ってみてはいかがでしょうか。


 
マニラハポンズに関しての詳しい情報は、フィリピンプライマーまでメールにてお問い合わせ下さい。
[email protected]

広告
広告
広告

サークル紹介

知る人ぞ知る、通称「ラジコン」="R/C"のファンが集まる場所を紹介します!ホビーを通しての国際交流はいかがでしょうか?

サークル紹介 一つ前のコラムを見る

サークル紹介
「人類が考え出した最も知的なゲーム」、コントラクトブリッジの同好会のご紹介です。

その他

SMマーケット、ロビンソン、ルスタンス、ウォルターマート、メトロスーパーマーケット、ランドマーク、ピュアゴールド、ランダーズなど、各スーパーマーケットでお買い求めできます!
前回までは労使交渉に関する様々な点についてお話させていただいております。今回は一般的にフィリピンで紛争が生じた場合の解決方法についてお話しいたします。
オンラインファッションポータルサイトとして、ASEANにて不動の地位を確立しているザローラ。フィリピンアパレル業界に衝撃を与えたデビューから4年が経った今、見据えているビジョンとは一体どんなものでしょうか。今回は、ZALORA PHILIPPINES共同出資者でCEOのPaulo Campos III氏に今後の展望についてお話をうかがいました。
鶏皮は鮮度の良いものを使うのが一番ですが、臭みを消すために酒をよく揉み込んでください。ニンニク、生姜なども匂いを抑え、風味をプラスしてくれる働きがあります
今回はマニラで活動している日本人サッカーチームMAJ(Manila all Japan)にお邪魔してサッカーをしてきました。 主な活動として毎週月曜日と水曜日の22時からマカティでフットサルをしているのと、 日曜日にはBGCなどのサッカーグラウンドで試合をしています。
Wack Wack G&CCはマニラゴルフ同様、都心部に位置する名門ゴルフ場。チャンピオンコースでプロトーナメントも開催されるEast Courceと比較的やさしいWest Courceの2コースからなる計36ホールです。36ホール設計のためかマニラゴルフほど都会の箱庭感はないですが、それでも周辺のビル群に囲まれてのプレーは独特の雰囲気で特別感があります。新宿御苑でラウンドしているようなイメージでしょうか。
今回は「フィリピン料理を作ってみよう!」 第2弾ということで前回のシニガンに続いてフィリピン料理シシグを作ってみました。
みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です!本日はある場所へ行きました!フィリピンでここと言えばあれしかない!という日本人の方は多いと思います!その場所とは『アンへレス』です!皆さんもう僕達が何をしにアンへレスに行ったかわかりますよね!そう!!アンへレスには有名フィリピン料理のシシグー発祥の店があるのです!
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel