ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Anvaya Cove Golf & Sports Club アンバヤコーブゴルフ&スポーツクラブ

フィリピンゴルフ! Anvaya Cove Golf & Sports Club アンバヤコーブゴルフ&スポーツクラブ
広告
広告

 
Anvaya Cove Golf & Sports Club


マニラから車で約3時間、SCTEXスービック料金所より車で約45分南下した場所にあるのがAnvaya Cove Golf & Sports Club。マニラ首都圏在住者にとっては少々遠いですが、ビーチリゾートで宿泊施設もあるため、ラウンド後にゆったりと過ごすことも可能。素晴らしい景観とメンテナンスの行き届いたコースで、アジアンゴルフアワード2017ではBest Course in the PhilippinesとしてNo.1を獲得するほど。メンバー同伴の必要があるため、ラウンドの機会を得るのが大変ですが、一度は訪れてみたいコースです。

 
コース


大きく分けて山側のフロント9と海側のバック9に分かれています。山側フロント9はアップダウンがあるもののグリーンが見えるホールが多く、フェアウェイは全体的に広めのレイアウト。一方海側はアップダウンが激しくブラインドになる場所も多くトリッキーな印象。

 

 
印象的なホール


海側に印象的景観のホールが多いですが、11番から13番にかけて海に近づく3ホールは特筆です。11番は、グリーンの向こうに見える青い海、濃い緑のグリーン、真っ白なバンカー、それぞれのコントラストが非常に美しいです。続く12番は海岸に向かってのダウンヒルコースでグリーン上では波の音に聞こえます。

仕上げは13番の海を背にしたショートホールです。Anvaya Cove Golfに来た価値を感じさせる3ホールです。

 

13番パー3.11、12、13番と海沿いホール

山側コースも海側コースも負けず劣らずの景色。9番パー5

 
詳細

18ホール / パー72 / 7,200ペソ
要会員紹介

住所: Anvaya Cove Golf & Sports Club Barangay Mabayo, Morong, Bataan 2108

電話番号:(02) 943-4400 | Fax: (02) 943-4411

携帯番号:(+63) 917-510-4653

E-mail:[email protected]

URL:https://www.anvayacove.com/golf-sports-club/

 
 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

はじめまして。今号からこちらのコラムを担当させてもらうことになりました大橋直輝です。第一回目は、デビュー戦の舞台となったKC Filipinas Golf を紹介したいと思います。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
前回に引き続き筆者独断のゴルフ場ランキングを紹介させて頂きたいと思います。 今回はメンバーになりたいコース・ランキングです。それぞれのコースに共通するのは初心者から上級者までが楽しめるということで選ばせて頂きました。

その他

前回は会社側と労働協約を締結する労働組合が決まるまでの手続きについてお話させていただいております。今回は労働組合と労働協約締結に向けてどのような交渉を行うのかについてお話しいたします。
フィリピン住みます芸人の堀越です。 今回僕はたまたまマニラに遊びに来ていたベトナム住みます芸人ダブルウィッシュ井手と一緒にプエルトガレラに行ってきました!
日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
2015年にマニラ支店を立上げ、1年目から好スタートを切り、現在はセブにも営業所を構えています。世界中に広がるネットワークやブランド力、どんな手配でも自前でやれるという圧倒的な強みには「おもてなし」を体現できる自信が感じられます。日本への窓口、顔として、まさに日本の広告塔となりフィリピンとの架け橋役を担っています。
マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。
今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
今回はトンド地区の日本人オーナーの日本食屋さん「スズキカレンデリア」に行って来ました。トンド地区にも日本食のお店はいくつかあるんですがオーナーも日本人なのは恐らくココだけです。トンド地区といえば以前も紹介させてもらいましたが「東洋一のスラム街」とも言われる危険な場所です。その場所で63歳のおじさんが日本食屋さんをやっていると聞き行って来ました。
今回は「激辛ヌードルチャレンジ」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っています。 ユーチューブ動画で激辛ヌードルチャレンジを見てみると皆すごく辛そうに食べていますが、実際はそんなぬ辛くないんじゃないかと思い僕も挑戦してみる事にしました。
今回は「フィリピン大学のTOMOKAI(日本愛好サークル)のイベントに参加してきました」です。フィリピン大学はケソンシティーにある国立大学でフィリピンにおける最高ランクの大学です。そのフィリピン大学に、TOMOKAIという日本愛好サークルがあり、今回はそのイベントに参加してきました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel