ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第七回 Mount Malarayat マウントマララヤット

フィリピンゴルフ! 第七回 Mount Malarayat マウントマララヤット
広告
広告

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Mount Malarayat

マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。また、メンテナンスも良く行き届いています。

 
コース

マララヤットの特徴を聞かれたときにまず思い浮かぶのがグリーン形状。砲台グリーンでうねりが激しく、表面はポテトチップスのように波打っています。二段グリーンも多く、しかも段差が激しいのであたかもジェットコースターのよう。ですので、ナイスオン!と思っても難しいパットを残しているケースが多いです。パーオンするよりアプローチが残ったほうが結果的に長いパットにならず良かった、ということも。


 名物ホールはMakulotの7番パー5。右ドッグレッグで右サイドは池。グリーンは手前も奥も池のため、できればパーオンとなる3打目をショートアイアンやウェッジでグリーンを狙いたいところ。ただしそこはこのホールのよく出来たところで、セカンドショット地点も右サイドの池がしっかり目に入ります。池を怖がって左に逃げてしまうと、3打目の距離が残り過ぎたり、ラフが厳しかったりするので勇気を持って良い場所に打ちたいです。言うは易し行うは難し、ですが(苦笑)。

または、始めからボギーオン(4打目でオン)を狙っていくのもありでしょう。マララヤットでも1、2を争う難ホールですのでボギーでも上出来だと思います。


 他にも面白いホールが沢山あり、コース全体的に自分の飛距離やレベルによって攻め方がいくつもあるため、何度も通いたいコースですね!

 

Makulotの7番パー5 フェアウェイ右サイドに広がる池

他にも面白いホールが沢山

 
詳細
Makulot 9ホール、Lobo9ホール、
Malipunyo9ホール、計27ホール

【Makulot 9ホール】Blue パー36 /3168ヤード
【Lobo 9ホール】Blue パー36 / 3116ヤード
【Malipunyo 9ホール】Blue パー36 / 3208ヤード

会員登録費用(外国人) : P97,400 / year

プレイフィー :
◆ビジター(18ホール)
平日:P4,500 (会員同伴の場合はP1,900)
休日:P4,800 (会員同伴の場合はP2,200)

住所: Brgy Dagatan, Lipa City 4217, Batangas
TEL: 043-756-7007
 

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはボニファシオなどのあるタギッグ市。
マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。
マニラの観光名所イントラムロスはスペイン統治時代に造られた要塞都市で非常に古い歴史を持つ場所です。その周囲を囲む壁や堀を利用して作られたのがイントラムロスゴルフコース。
タガイタイからほど近い場所に位置するRivieraは山岳コースでLangerとCouplesの2コース計36ホールからなるゴルフ場。非常に難しいコースとして知られており、順調にラウンドしていても常に大叩きと背中合わせの緊張感あるコース。
The Manila Southwoods G&C。頭にManilaと付きますが実際のロケーションはマニラ市内から30分ほど南下したSLEX Southwoods出口付近。MastersとLegendsの2コース計36ホールからなるゴルフ場で、マニラ近郊の他ゴルフ場に比べてアップダウンの少ない平坦なコース設定。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
オーチャードゴルフコースはマニラから1時間弱のカビテ州ダスマリニャスに立地するゴルフ場です。

その他

マーケットが求めている商品やサービスを通じて、「商うこと」の先に広がる豊かさを提供していく「伊藤忠商事株式会社」マニラ支店長の河野一之さんにお話を伺いました。
日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
『フィリピンでの不動産購入はどうやってやるの?』
今回はフィリピンで不動産を買うときの手続についてお話しさせていただきます。
Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
今回はフィリピンのジャンクフードを紹介します!フィリピン人に「お菓子買ってきて」とお願いして実際に買って来てもらったものを紹介します!なので今回はオススメお菓子を紹介する訳ではありません。普段フィリピン人が食べているであろうお菓子を紹介します!
名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
比への異動は全くの想定外だったと話す浅野さん。そんなアウェイへ乗り込み悪戦苦闘を強いられるも、今年度は新たなビジネス提携を控え業績も右肩上がりだ。話の端々に垣間見られる自分への厳しさや謙虚さが結実したものだと想像がつく。日本発の国際ブランドが繰り広げるおもてなしがこの地に根付くため邁進し続けている。
フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel