ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > Let's enjoy フィリピンゴルフ! 第十七回

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 第十七回

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Manila Golf


 フィリピンに数あるゴルア場の中でも名門中の名門が Manila Golf。歴史をひも解くと1901年に力口ーカン に開場。後1949年に現在のマカティ市に場所を移して います。都心部の中心に位置しコース脇に高層ビルが 立ち並んでいますが都会の喧騒とは無緑でコース内 はとても静かで落ち着いた空問となっています。
ティーオフの時問は決まっておらず、ティーグラウン ドの空き状況を見てそれぞれのグルーブが好きなタイミ ングで出ていくのもこのコースの特徴です。メンバーと 同伴プレーヤーとレストランで待ち合わせ、朝食を取っ たリ、コーヒーを飲んだり。談笑をしながら「そろそろ行きますか?」とティーグラウンドに向かう。マニラゴルフの中だけ時間がゆったりと流れているように感じます。

 
コース


 コース全長は6325ヤードのパー71。長くはありませ んが木や池の配置が絶妙ですフェアウェイやグリーンもアンジュレーションがきつく距離以上の長さを感じます。決して簡単ではあリませんが、メンテナンス されたフェアウェイ、美しい景観の中でのプレーは最高です。茶屋で用意されているドリンクや各ホールの ティーグラウンドに設置してある冷えた水も嬉しいサービスです。
名物ホールは6番ショートホール。左サイドの池と右手のバンカーが効いています。グリーンが左に傾斜しているため右から打っていきたいところですが、右に行きすぎると池に向かって下りのアプローチが残ってしまいます。狙い目はバンカーをキャリーでちょうど超えるような球、でしょうか。出来たら苦労しないのですが(笑。
 16番の池越え200ヤードのショートホールも名所です。少しでも薄いあたりをしてしまうと池に落ちてしまいますし、打ち直しドロップエリアもバンカー越えの難しポジション。とにかく池を超えることようにしっかり打つのがポイントでないでしょうか。
メンバーも少なくなかなか行く機会の少ないゴルフ場ですが、一度は行きたいゴルフ場のひとつです。

 

6番パー3。グリーン手前バンカーを超えたところにキャリーさせたい

16番200ヤードのパー3。グリーン左側に逃げるのも作戦

 
詳細

18ホール/パー716,325



プレイフィー:

◆平日/P2,000

◆休日/P3,000

住所:C.C.P.O. BOX 1792, 1219 MAKATI CITY, PHILIPPINES

電話番号:02-815-2641 / 817-0266 / 817-4948

http://manilagolfclub.com/

 
 

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel