ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第十八回 Southlinks サウスリンクス

フィリピンゴルフ! 第十八回 Southlinks サウスリンクス
広告
広告

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Southlinks


 Southlinksはアラバンエリアに立地するパブリックのゴルフコースです。最近ではSLEXから分岐する高速道路MCXが開通したため週末に混雑するアラバン内を通らずにアクセスすることも可能で大変便利です。また、パブリックのためメンバー同伴無しでプレーすることも可能です。他ゴルフ場でも言えることですがフィリピン在住者と旅行者でプレイフィーが異なりIDの提示が求められるため注意が必要です。

 
コース


フェアウェイの整備状態は非常に良く気持ちのよい景観ですが、左右に狭いのがコース全体の特徴です。ラフエリアは本場リンクスを意識してか茂み状態になっており一度入ったら打つことはもちろんボールを見つけるのも難しいかもしれません。ただしOBではなくハザード扱いのため少なくとも前進できるのが救いでしょうか。
 至るところに仕掛けられたポットバンカーもリンクスを意識したものでしょう。グリーン周りのポットバンカーは難しいとはいえグリーンに乗せることは可能ですが、フェアウェイのポットバンカーは出すだけとなり一打罰のイメージに近いです。
 印象に残るホールはグリーン右側が池に囲まれている5番パー4。ピンが左サイドに切ってあればグリーンを狙えますが、池にせり出した部分にピンがある場合には直接狙うのは難しくなるでしょう。左から安全に攻めたいでところです。同じコースでもその日のピンポジションによって難易度が全く変わってしまうのもゴルフの面白さですね。

 

ショートホールはポットバンカーが待ち受けています

5番パー4。グリーン右サイドの池がプレッシャー。

 
詳細

18ホール/パー726,582



プレイフィー:

◆平日/P2,250 (居住者P1,450)

◆休日/P2,750 (居住者P2,250)

住所:Ayala Southvale Village, Daang Hari, Las PinasCity

電話番号:02-533-3821 to 22

 

広告
広告
広告

その他

とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。
前回までは労使交渉に関する様々な点についてお話させていただいております。今回は一般的にフィリピンで紛争が生じた場合の解決方法についてお話しいたします。
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
もう12月ですね。初めて暑い12月を迎えます。フィリピン歴の長い方から 「フィリピンでは12月前後になると街の空き地などに遊園地が突如現れる!」 という話を聞いたので、今回僕たちもその一つのトンド地区のドンボスコスクールの敷地内に11月あたりにできた遊園地(Perya)に行ってきました。
こんにちは!HPN3の堀越、田中、井上です!今回はLRT Gil puyat駅から歩いて五分の所にあるカルティマールショッピングセンターに行きました!
今回は「マニラ湾で釣りをしよう」です!僕、田中の趣味は釣りで、日本にいる時は千葉の館山などによく釣りに行っていました。なのでフィリピンに来たら綺麗な海が近くにあり、年中暑いという事でいつでも手軽に海釣りが出来るんじゃないかと期待していました。
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
来比10年目になる齊藤さん。女性ばかり400人のオフィスを束ね、今年は新たにパンガシナンに350人規模のオフィスを立ち上げました。日本の企業文化を浸透させるためにフィリピン人に寄り添って繰り返しぶれずに意思を伝えてきました。今度はその精神を受け継いだフィリピン人スタッフが教育にあたります。
フィリピンに数あるゴルア場の中でも名門中の名門が Manila Golf。歴史をひも解くと1901年に力口ーカン に開場。後1949年に現在のマカティ市に場所を移して います。都心部の中心に位置しコース脇に高層ビルが 立ち並んでいますが都会の喧騒とは無緑でコース内 はとても静かで落ち着いた空問となっています。
『交渉が行き詰った場合の対処方法』先月号では労使交渉に臨む姿勢についてお話させていただ いております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃さ...続きを読む
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel