ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第十九回 Wack Wack G&CC ワクワク ジー&シーシー

フィリピンゴルフ! 第十九回 Wack Wack G&CC ワクワク ジー&シーシー

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Wack Wack G&CC


 Wack Wack G&CCはマニラゴルフ同様、都心部に位置する名門ゴルフ場。チャンピオンコースでプロトーナメントも開催されるEast Courceと比較的やさしいWest Courceの2コースからなる計36ホールです。
 36ホール設計のためかマニラゴルフほど都会の箱庭感はないですが、それでも周辺のビル群に囲まれてのプレーは独特の雰囲気で特別感があります。新宿御苑でラウンドしているようなイメージでしょうか。

 
コース


僕はWast Courseのラウンド経験しかありませんが整備の状態がよく、距離も程よい印象です。East Courseについてはラウンドしておりませんが、Westとは芝質が違い、距離も長く、チャンピオンコースに相応しく難易度が高いようです。ラウンドしたWest Courseの特徴は、グリーン上の起状がきつめでマウントマララヤットのグリーンを思い出します。また、ホール間の境界がそれほど深くない林のためちょっと曲げただけでも隣のホールに届いてしまうことも。

 
印象的なホール


14番パー4の池越えティーショットの景観は印象的です。距離的にはそれほどタフな池越えではありませんが、池が右に大きく口をあけているため、右へ曲げたり、薄い当たりですと池を覚悟しないといけません。池を嫌ってどうしても左に打ちすぎてしまう、というのが設計者の仕掛けた罠。というのも左に打ち過ぎるとグリーンから遠ざかる。且つグリーン手前にクリークが横切るため難しい池越えショットになってしまいます。
池を必要以上に恐れることなくティーショットを打ちたいですね。
18番のグリーンのすぐ後ろはオープンエアのレストランですから、ラウンド後はレストランに直行でまずは一杯ですね!

 

West Course 14番パー4

West Course 18番パー4。ラウンド後の一杯はすぐそこ

 
詳細

WEST COURSE 18ホール/パー726,198ヤード(Blue)


EAST COURSE 18ホール/パー726,774ヤード(Blue)



プレイフィー:

◆平日/US $100(居住者P2,000)

◆休日/US $140(居住者P3,000)

住所:Shaw Boulevard, Mandaluyong City, Metro Manila

電話番号:02-723-0665

 
 

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel