ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第二十二回 Eagle Ridge イーグルリッジ

フィリピンゴルフ! 第二十二回 Eagle Ridge イーグルリッジ

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Eagle Ridge


 ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。僕自身はファルドでのプレー経験しかありませんが、ダイコースがマニラ近郊のゴルフ場では一番難しいという評判をよく耳にしますので、一度は挑戦なければと思っています。

 
コース


今回は僕自身がラウンド経験のあるファルドコースを紹介します。ダイコースに続く難しさと聞いていましたが、実際かなりの難コースでした。難しさの要因はいくつかありますが、アップダウンや左右へ曲がるコース取りのため先が見えない、いわゆるブラインドホールが多いこと。フェアウェイでも傾斜がきつく難しいライが多いこと。また、視覚的プレッシャーによりフェアウェイが非常に狭く見えること。ですので、初めてのラウンドではメンバーの方やキャディさんのアドバイスをしっかり聞き、池などのハザードがない限りはジャストの距離よりは手前から攻めるのがよいでしょう。

 
印象的なホール


15番ミドルホールはファルドコースの難しさが凝縮されたコース。左ドッグのブラインドコース。セカンドは非常に狭いグリーンに向かっての打ちおろし。グリーンに直接落とすと崖に向かって転がってしまうので、バンカーとグリーンの手前の狭いスペースに落とす、またはグリーンを直接狙わず左のやや平らなエリアに落として3打目勝負、でしょうか。
何度かラウンドすると攻め方も分かり、良いスコアを期待できるのかもしれませんが、最初の挑戦は心してかかる必要がありそうです。

 

2番パー5。フェアウェイでも傾斜があるライで難しい。

15番。パー4。神経を使うホールです。

 
詳細

18ホール/パー72パー72



プレイフィー:

◆平日/P1,200(メンバー)/P3,000(非メンバー)

◆休日/P2,500(メンバー)/P4,000(非メンバー)

住所:Barangay Javalera, Gen. Trias, Cavite

電話番号: +632 985-2294(カスタマーサービス)

 
 

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel