ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第二十三回 Valley Golf & Country Club ヴァレイゴルフ&カウントリークラブ

フィリピンゴルフ! 第二十三回 Valley Golf & Country Club ヴァレイゴルフ&カウントリークラブ
広告
広告

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Valley Golf & Country Club


 マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。一方、North Courseは距離が短めですがその分狭く戦略性のあるコース。また、メンバーの同伴がなくても回れるのも魅力。

 
コース


コースについては僕がラウンドしたことのあるNorth Courseについて。青ティーからでも6000ヤードを切る短めのコースですが、山岳コースの特徴であるアップダウンと狭いフェアウェイのため、精度あるショットと戦略的なゴルフを要求されます。気持ちよくドライバーを振りたい人にとっては少々ストレスかもしれません。フェアウェイ、グリーンの状態は良好ですが、グリーンは傾斜がきつめ。上りのパットはかなりしっかりと、下りのパットは繊細なタッチで打つ必要があります。出来ればカップの下につけたいところです。
また、18ホールの構成としてはパー3が6ホール、パー5が6ホール、残り12ホールがパー4と変則的。パー3は池越えホールが多く少々プレッシャーがかかりますが、パー5は短めのホールが多いのでしっかりパーを取っていきたいです。

 
印象的なホール


13番パー5。ティーグラウンドからフェアウェイ中央に見える気が印象的。多少上っているためティーグラウンドからは見えないのですが、木の左に池が配置されているため基本は右狙い。万が一左にいっても池に届かないクラブを持つのがよいですね。ただし右もOBのため、右狙いとはいえ落とし所が大変狭くなっています。3打目のグリーンを狙うショットもクリーク越えですし、難易度の高いホールですが、クラブ選択、コースマネジメントなどの面白さが味わえるホールです。

 

パー3は池越えホールが多いが距離は短めなのでグリーンを捉えたい。

North Course13番パー5。狙いは木の右側だが、落とし所が狭く難しい。

 
詳細

18ホール/パー725839ヤード(North)



プレイフィー:

◆平日/P1,211.2(同伴者)/P2,800(非メンバー)

◆休日/P2,511.2(同伴者)/P3,800(非メンバー)

住所:Don Celso S. Tuason Ave. Antipolo City 1870

電話番号: 02-658-4901 ~ 03

 

広告
広告
広告

その他

魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
フィリピンでも刑事裁判のために逮捕されることがあります。もっとも、日本とはやや違った手続で逮捕されますので、注意が必要です。
フィリピンといえば?そう!ジープニーです! フィリピン人の足、そしてキングオブロードの異名のあるジープニー! フィリピン人はこのジープニーを巧みに乗り継ぎ、どこに行くにもジープニーを使います!
今回はパサイにある「upsidedown museum」に行ってきました! ここには様々なトリックアートがあり。 子供から大人まで楽しめます。 日本だとみんな照れながら遊びそうですが フィリピンでは子供も大人も大はしゃぎで遊んでいました!
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
フィリピンの街中にはサリサリストアというお店が至るところにあります。 サリサリストアの向かいにサリサリストア。 その横にサリサリストア。 そのすぐ隣にもサリサリストア。 なんて事もざらにあります。
手先の力がいらないのはわかった。では、どこに気をつければいいのか? 永井コーチは左肩にポイントがある という。「手首の角度を崩さずストンと落と すには、左肩を低く動かすことが大切です。
日本とフィリピンの友好、相互理解のために文化交流を行っています。具体的には、文化事業(日本映画祭や展示、公演など)、日本語教育(日本語教師の研修や日本語能力試験の実施)、日本研究・知的交流(日本について研究する人への支援、知的リーダー層の交流)を3本柱として行っています。その中でも特に文化事業と日本研究・知的交流を担当しています
前回では新たにフィリピン駐在となった方々向けの注意点についてお話させていただいております。今回は3月に発表されました請負に関する省令Department Order No. 174 (D.O. No. 174)についてお話しいたします。
フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel