ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > Let's enjoy フィリピンゴルフ! 第二十三回

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 第二十三回

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Valley Golf & Country Club


 マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。一方、North Courseは距離が短めですがその分狭く戦略性のあるコース。また、メンバーの同伴がなくても回れるのも魅力。

 
コース


コースについては僕がラウンドしたことのあるNorth Courseについて。青ティーからでも6000ヤードを切る短めのコースですが、山岳コースの特徴であるアップダウンと狭いフェアウェイのため、精度あるショットと戦略的なゴルフを要求されます。気持ちよくドライバーを振りたい人にとっては少々ストレスかもしれません。フェアウェイ、グリーンの状態は良好ですが、グリーンは傾斜がきつめ。上りのパットはかなりしっかりと、下りのパットは繊細なタッチで打つ必要があります。出来ればカップの下につけたいところです。
また、18ホールの構成としてはパー3が6ホール、パー5が6ホール、残り12ホールがパー4と変則的。パー3は池越えホールが多く少々プレッシャーがかかりますが、パー5は短めのホールが多いのでしっかりパーを取っていきたいです。

 
印象的なホール


13番パー5。ティーグラウンドからフェアウェイ中央に見える気が印象的。多少上っているためティーグラウンドからは見えないのですが、木の左に池が配置されているため基本は右狙い。万が一左にいっても池に届かないクラブを持つのがよいですね。ただし右もOBのため、右狙いとはいえ落とし所が大変狭くなっています。3打目のグリーンを狙うショットもクリーク越えですし、難易度の高いホールですが、クラブ選択、コースマネジメントなどの面白さが味わえるホールです。

 

パー3は池越えホールが多いが距離は短めなのでグリーンを捉えたい。

North Course13番パー5。狙いは木の右側だが、落とし所が狭く難しい。

 
詳細

18ホール/パー725839ヤード(North)



プレイフィー:

◆平日/P1,211.2(同伴者)/P2,800(非メンバー)

◆休日/P2,511.2(同伴者)/P3,800(非メンバー)

住所:Don Celso S. Tuason Ave. Antipolo City 1870

電話番号: 02-658-4901 ~ 03

 
 

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel