ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第二十九回 Pradera Verde Golf プラデラ ヴェルデ ゴルフ

フィリピンゴルフ! 第二十九回 Pradera Verde Golf プラデラ ヴェルデ ゴルフ
広告
広告

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Pradera Verde Golf


マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。コースのない荒地部分を見ると今後さらに拡張されるのではないでしょうか。新しいということもありますが、施設もさることながらコースのメンテナンスが非常によく素晴らしいコースです。現状でも十分ですが、今後の拡張、開発にも期待したいです。

 
コース


平坦なコースのため池とバンカーを多く絡めることで難易度を上げているように感じますが全体的にはフェアウェイが広く気持ちよくラウンドできます。グリーンのメンテ状態の良さも特筆でボールの転がりが良く適度な速さ。また、コース周辺に景色を遮るような木々もないため景観の美しさは抜群です。19番から27番に該当するサードナインは出来たばかりのため周辺は荒地ですがコースそのものは状態がよく、荒地も今後整備されることと思います。

 
印象的なホール


山を背景にした7番ホール、12番ホール、浮島ショートの15番の景観が印象的です。難易度ですと3番ロングホールでしょうか。3番は右ドッグレッグのパー5ですが、ティーショットはバンカーがありますがさほど気になりません。問題は2打目で、右側が池で、池の淵に大きなバンカーが構えています。これら右のハザードを怖がってどうしても左に行きがち。左に行き過ぎるとどうしても3打目のグリーンを狙うショットが長くなってしまいますし、グリーン右は池で左はバンカー群。3打目の距離が残ったら無理をせずにグリーン手前に打つのが正解かもしれません。

 

山をバックにセカンドを打っていく長めの6番パー4

どのホールも景観が素晴らしいコース

 
詳細

27ホール / パー108

プレフィー /

◆平日:P1,200(9ホール)/ P2,000(18ホール)

◆休日:P1,500(9ホール)/ P2,500(18ホール)

住所:2005 Lubao、Pampanga, LUBAO

電話番号:0917-507-9666

 

広告
広告
広告

その他

フィリピンでのトラック販売台数シェアナンバーワンのいすゞ。トラックメーカーが作る質実剛健な造りのSUVも着実に人気を伸ばし、人気は高まる一方。フィリピンで創業20周年を迎え、今後はジプニーに代わる公共輸送で貢献していきたいとも考えている。フィリピン人に愛され続けるメーカーであるため、サービスの拡充に力を注いでいる。
現在、外資の参入を制限するネガティブリストの最新版の公表が待たれているところですが、大きな流れとしては外資規制が緩和されていく方向にあると言えそうです。これまで外資規制があったために60/40法人としてフィリピンに進出した企業も多く、外資規制がなくなった場合にはローカルパートナーから株式を譲り受け、独資100%となりたいと考えている会社も多いのではないかと思います。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
SMマーケット、ロビンソン、ルスタンス、ウォルターマート、メトロスーパーマーケット、ランドマーク、ピュアゴールド、ランダーズなど、各スーパーマーケットでお買い求めできます!
住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸! フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガ...続きを読む
今回は「フィリピン料理を作ろう〜チキンアドボ!」です。以前の動画では日本の料理、魚の煮付けを作ったので、今回はフィリピン料理を作ってみました。フィリピンではすごく食べられている料理で、フィリピンの家庭に絶対と言っていいほど出て来るアドボ。
最近の日本の子供たちは家でゲームばかりで外遊びをあまりしないと聞きます。 フィリピンはまだ外遊びが主流かと思いきや、フィリピンも一緒でした! 日本よりは外で遊んでいる子供も多いですがそれでも減ってきているみたいです。 最近の子供の遊びは日本もフィリピンもゲーム!
今回僕達はフィリピンのルソン島の北にある、バギオという所に行ってきました! マニラからだとクバオからバスで 値段450ペソ、6時間位です。 車だともう少し早いかもしれません。 バギオは山の上ということもあり、マニラに比べるととても涼しい所でした。
ラウンド後はクラブハウス隣接のレストランではなく是非ともハイランドリゾート内にある中華かステーキかに足を延ばして頂きたいです。どちらもクオリティーが高く甲乙付け難いのが嬉しい悩みで行く度に迷ってしまいます。The Highhlander Steakhouseからの景色は絶景で天気が良ければテラスからタール湖とMidlandコースが見下ろせます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel